« あまり想像したくないのだけれど | トップページ | こういうのが来ちゃうから »

こんな裏があったのか

セサミストリート」は日本語版を強化して10月からテレビ東京が放送

 テレビ東京の菅谷定彦社長は3月25日の定例記者会見で,「セサミストリート」を10月から放送する交渉を米国のプロダクションと進めていることを明らかにした。29日にも正式発表する予定。 番組の大半は英語オリジナル版だが,NHKと折り合いがつかなかった「日本バージョン」を新たに制作し加えるとのこと。  セサミストリートは,約28年間続いたNHK教育での放送4月3日で終了。菅谷社長は「プロダクション側はキャラクターグッズをもっと売りたい気持ちがあるようだ」と話し,2001年秋から交渉を進めていたことを明かした。

また,29日,テレビ東京ブロードバンドなど国内5社は,権利元のセサミワークショップと合意の上,日本での放送権など大半の独占化権をもつ任意組合で管理運営会社の「セサミストリート パートナーズ ジャパン」を設立したと発表した。

<共同通信>

セサミワークショップ(本部・ニューヨーク)は,非営利団体なんだけれどね。セサミストリートを放送している国は,アメリカの他に約60カ国で,セサミワークショップとの共同制作という形式で独自の"セサミ"を制作している国は約20カ国。東京セサミプレイスセサミBBもホッとしているかな。

<参考>
セサミストリート百科—テレビと子どもたち小島 明(元NHKプロデューサー)著  教育史料出版会

|

« あまり想像したくないのだけれど | トップページ | こういうのが来ちゃうから »

アメリカ・ノースカロライナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/353391

この記事へのトラックバック一覧です: こんな裏があったのか:

« あまり想像したくないのだけれど | トップページ | こういうのが来ちゃうから »