« こんな裏があったのか | トップページ | 今日でおしまい »

こういうのが来ちゃうから

あなたが*@*.co.jpさん宛に送ったメールの添付ファイルmsg28875.pifにウィルスが含まれていることを検知し、deletedしました。:03/30/2004 08:16:43、検出したウィルス:WORM_NETSKY.Q clean:駆除できたので再送の必要はありません delete:駆除できず添付ファイルを削除したので再送してください (いずれの場合もあなたがお使いのコンピュータはウィルスに感染していますので駆除が必要です)

上は,とあるところからHAMACHI!宛に届いたウィルス付きメール除去のお知らせ。
これとは別に,おなじみのMAILER-DAEMONさんから送り返されたメールのヘッダーを見ると,
やはり送り先詐称のウィルス付きメール,どうやらsaitama.ocn.ne.jpが本当の送信元。
一昔前は,ウィルスに感染したPCから送られてきたメールは,送信元がわかりやすかったのだけれど,今のウィルスメールは,たいてい送信元のアドレスは偽物でヘッダーを見て送信元のIPアドレスをたどらないとわからないし,IPアドレスからメールアドレスがわかるわけでもなく,教えてあげることもできない。

ウィルス駆除ソフトが送信元に(お節介にも)「あんたが送ったメールにウィルスが付いてたよ」と教えてくれるのはいいけど,アドレスを詐称しているメールには,報告メールを送らないくらいの機能を付加して欲しいなぁ。こういうメールが来ちゃうから,「送ってないのになぁ」とか「もしや?」とブルーな気持ちになったり,さらにはmawari.comに,「変なメールを送るなよ!ボケッ(英文)」なんて嬉しくない二次的メールが送られてきたりするんだよなぁ。で,メールを送られた先は,ウィルスがきちんと除去されたから良いけど,ウィルスをばらまいている本人には,やはり知るよしもないので,結局このメール,役立たずだな。

そうそう,アンチウィルスソフトを入れてても,アップデートをしてないと意味ないですからね。

ほとんど同じようなことを,せと☆ひできさんも書かれていました。(4/1)こういう意見は少なからずあるということを,アンチウィルスソフト(サーバー版)を扱っている会社は,どれくらい認識しているのかなぁ。

|

« こんな裏があったのか | トップページ | 今日でおしまい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/374633

この記事へのトラックバック一覧です: こういうのが来ちゃうから:

« こんな裏があったのか | トップページ | 今日でおしまい »