« PENTAX PEOPLE:TB企画「PENTAXを手に入れた訳」 | トップページ | やっぱり厄年? »

デジカメ熱の既往歴

最初のデジカメを買ってから,たぶん10年が経った。昨日に引き続き,ちょうど良いので,この期間に手に入れたデジカメを列挙してみたい。(人によっては,あきれちゃうかも?あ,うちのカミさんか)ま,自己紹介ってことで…

Q-CAM.jpg
Connectix社のMac用QuickCam(日本名Q-Cam「目玉」と呼んでました) 今もスタイルだけは現役で残っている息の長いモデル。Macとシリアルでつなげていないと使えません。しかも白黒。CU-SeeMeがやってみたくて,買ったのかな。ストップモーションでアニメを作ったり,R,G,Bのガラスフィルタを買ってきて,3回同じ画像を撮って重ねて,カラーにしてみたり,いろいろ楽しみました。

QuickTake150
アップルQuickTake150 38万画素 CCD 子供が生まれるというのが口実で買ったMac専用デジカメ。専用ソフトとの連携が実にうまくできていたのだけれど,特殊な画像フォーマットだったので,今のMacでもそのままじゃ読めない。モニター用液晶がついていないので,その場で確認できないところも,(今思うからだけれど)もどかしかったかな。

CoolPix100
Nikon CoolPix100 1/3型 33万画素 CCD カメラがノートパソコンのPCカードスロットにそのまま挿せる。でもMacじゃ使えなかった・・。暗いところがちょっと苦手。外人の子供を撮るとことごとく赤目に。縦型は,奇抜だけどやっぱり使いにくかったかなぁ。キリ番の機種番号だったわりには,不遇なデジカメだったかも。これもモニタ液晶なし。

CoolPix900
CooLPix900(NIKON)1/2.7型 130万画素 補色系CCD いきなり100万画素の世界に。割と簡単に電池がなくなるんだけれど,アメリカ滞在最後に撮りまくりました。ニコンのデジカメは,斜めのライン(たとえば電線とか)を撮っても,他の会社のデジカメと違って,ジャギーや色ズレ,偽色がないのが特長でした(個人的見解)。

RDC-7
RICOH RDC-7 1/1.8型 334万画素 原色系CCD これは,スリランカにJICAで派遣されるときにCanonのIXY Digital初代とかなり迷った機種。IXYが補色系CCDで200万画素だったことや,けっきょく厚みが大きなポイントになって,白衣の胸ポケットに入れられるRDC-7が。これもかなり機動性が高く,お気に入りでどこにも持ち歩きました。スタイルは,リコーオリジナルなオペラグラス風,マクロも得意でいいカメラでしたが,フラッシュをたくと白飛びしやすいのが,玉に瑕でした。

C1シリーズ VAIOのC1シリーズには,目玉のようにノートの液晶モニターのてっぺん中央部にあるんだけれど,起動が遅かったり,いざというときに使えないので,使用率はかなり低かったかな。プリクラのようなことができるので,子供は「撮って撮って!」とせがむので撮ったけれど。ファイルとして残っているので,今見ると確かに面白いんだけれど…)

MotionPix
アイオーデータMotion Pix コンピュータを買ったときにオマケでつけることができたトイカメラに近いデジカメ。動画も撮れるんだけれど,やっぱりオマケはオマケなりで,液晶モニタも見づらくて,すぐに使わなくなってしまいました。これのために新しくCompactFlashも買ったんだけれど,データが飛んでしまったのが,一番の原因かな。

FinePix6900Z
Fuji FinePix6900Z 1/1.7型 330万画素スーパーCCDハニカム 原色フィルター 口腔内の写真をメインで撮るためにリングフラッシュと一緒に購入したモデル。富士フイルムのデジカメの特長である鮮やかな発色に,ついつい外に持ち出すことも多かったモデル。暗いところがちょっと弱くて,ピントが合いにくかった以外は,完璧に思えました。

PENTAX OPTIO Sは,昨日のブログを参考にして下さいませ。

わりとソニー好きなのに,サイバーショットシリーズで買うまでに至ったモデルはなし。キヤノンも購入にまで至らず。フィルムカメラは,オートボーイJET135から始まって,APS IXYは2台,一眼レフもEOS10(うわぁ,もう14年も前のモデルだ!)キヤノンなのに,未だ購入せず。IXYもPowerShotも僕のストライクゾーンはその時,その時で,きっと外れていたんだろうなぁ。視線入力のできる一眼レフデジカメ出たら,買っちゃいそう。

今待っているのは,Fujiアメリカでは既に発売されているようだ。日本で遅くなってる理由は,なんだろう?

<参考>
デジカメジン デジカメ歴史館でいろいろと思い出させていただきました。ありがとうございます。

<お礼>
○敦仔さんのPENTAX PEOPLEのお仲間に入れていただきました!感謝,感激! 皆さんのようにまっとうなカメラマンではないかもしれませんが,どうかよろしくお願いいたします!しっかし,敦仔さんの行動範囲広くて,しかも身軽ですね。頭が下がります。見習わなくちゃ。

Too Cheap!!さんにリンクしていただきました。アングルがとてもかっこいいです。今度,撮るときには,ぜひ真似してみたい(できるものなら)と思いました。ありがとうございました! よろしくお願いします!

|

« PENTAX PEOPLE:TB企画「PENTAXを手に入れた訳」 | トップページ | やっぱり厄年? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/545240

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ熱の既往歴:

« PENTAX PEOPLE:TB企画「PENTAXを手に入れた訳」 | トップページ | やっぱり厄年? »