« ウィンブルドンの雨 | トップページ | トラックバックしてみるもんだ。 »

味比べ

テレビの特集でちょっと気になったので,東京駅地下街にある「ばくだん屋」に入ってみた。本店の広島だけでなく,東京駅の他に渋谷,名古屋にも出店している。お店に入るのはこれで2度目。このお店のウリである,冷たいつけ麺に半熟卵をトッピングしてみた。
ばくだん屋のつけ麺
ぶつ切りのようなレタスも,辛いつけ麺と一緒に食べるとシャキシャキ感が生きてきて,美味しい。ボリュームもなかなか。ただ,チャーシューがぱさぱさしているのが,ちょっと難だな。辛みは好みで変えられるけれど,僕はとりあえずデフォルトの辛さに。赤色を帯びたしょう油ダレでたくさんゴマが入っているめんつゆは,わりと味は濃くなく,あっさりしているけれど辛いのが弱い人には通常の辛さだとちょっと厳しいかも。食べた後しばらく唇がしばらくヒリヒリとするほどだ。1度目よりも美味しく感じたのは,体調や季節のせいかもしれない。ただ,麺の量がかなりあるので,めんつゆの最初の辛さと味が,途中から薄まってしまうため,もしかしたら,もう一段階ほど辛さを上げておくのも手かもしれない。

さて,今日のタイトルの「味比べ」だけれど,何と比べるかというと,
コンビニ大手(業界4位)のサンクスが6月25日に出した「広島つけ麺ばくだんや」という商品だ。
サンクスの「ばくだん屋」つけ麺
夏のコンビニ弁当の主力商品になる冷やし麺の開発にあたって,スタッフが「広島つけ麺本舗・ばくだん屋」に何度も頭を下げに出かけて,味の調整に調整を重ねて店長のオーケーをとったという気合いの入ったもの。
まず気がつくのが,麺のボリューム。専用の麺をほぐすためのだし汁がわざわざついているのだけれど,食べても食べても,なかなか麺がなくならない。つけ麺ダレに辛みを調整するオイルがついているけれど,一袋全部入れても,お店のデフォルトの辛さにまではいかない。チャーシューは,お店のものよりしっかり味が付いていて,しっとりしているのも大きな違いだろう。麺自体もお店出だされるものに比べてやや腰が少なく細く感じた。

テレビではお店と同じ味が出せたから「ばくだん屋」の名前を入れるオーケーが出たんだという説明だったと思うのだけれど,これだと,どうしてオーケーが出たのか分からない。お店で出されるものとは,やっぱり別物の様な気がする。ただチャーシューなどはお店のより美味しいと思うし,3週間限定の商品のようなので,お腹が空いていて辛いものが大丈夫な方は,試してみてはいかが。

|

« ウィンブルドンの雨 | トップページ | トラックバックしてみるもんだ。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/848026

この記事へのトラックバック一覧です: 味比べ:

« ウィンブルドンの雨 | トップページ | トラックバックしてみるもんだ。 »