« ブルーな日(エントリー200回記念) | トップページ | まんぞく丼 »

気になるニュースあれこれ

約270の学会の会員管理や学会誌発送などの事務を請け負っている財団法人「日本学会事務センター」(東京都文京区、理事長=光岡知足・東京大名誉教授)が、財務状況が悪化したため、各学会から預かっている金を借金の返済に流用していたことがわかった。(朝日新聞),(読売新聞
学会費って,バカにならないんです。一人が一つの学会に入っていることはあまりなくて,大抵いくつかの学会に所属しているので,年会費が同じ時期にドッとくると…。やっぱり身内で組織を作り上げるとロクなことがない。



全国に79ある大学病院の質を比較し評価する初の試みが始まった。国公私立大学医学部と付属病院でつくる全国医学部長病院長会議が、患者の満足度や手術件数など200項目以上をアンケートしてまとめる。各病院が格差の実態やその中での自らの位置を知って、水準向上に動くことが狙い。(朝日新聞

はっきり言って,医師,歯科医師には社会に揉まれず常識を身につけないまま偉くなっちゃってる人が多いので,上の記事もそれが元凶だと思うし,患者満足度という概念にまで行き着けたのは,かなりすごいことだと思います。


東京23区と三鷹・武蔵野地区にある法人タクシーのサービスランク(04年度版)を、財団法人東京タクシーセンターが公表した。対象の256社を「AA」から「C」まで4ランクに分けた。昨年に比べて「AA」と「C」が急増、サービスの二極化が進んでいる。(朝日新聞

これを見て「AA」の会社を覚えたとしても,街中ですぐ見つけられるわけではないので,やっぱり「C」の会社だけでも避けられるように,公表して欲しかったなぁ。


テニスのウィンブルドン選手権第11日,女子シングルス決勝で第13シードのマリア・シャラポワ(ロシア)が3連覇を狙った第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(米)を6―1、6―4で下し、4大大会初優勝を果たした。17歳2カ月での優勝は,68年のオープン化以降では、マルチナ・ヒンギス(スイス)の16歳9カ月に次ぐ大会史上2番目の若さ。ロシア女子選手として初の栄冠となった。女子ダブルスでは,杉山愛,リーゼル・フーバー(南アフリカ)組が第3シードのマルチナ・ナブラチロワ,リサ・レイモンド組(米)に7―6,7―5でストレート勝ち。

いやぁ,シャラポワ,かっこよかった。まだ多少荒削りなもののテレビを見ていても感じる圧倒的な闘争心,ポイント取ったときの気合いの入ったガッツポーズと素の17歳に戻ったときのギャップがまた良いです。4歳で父親の指導でテニスを始め,6歳のときにモスクワで行われたイベントでナブラチロワに認められて翌年,家族と渡米するものの両親がビザの不備を理由に入国を拒否! 9歳で再会するまで,アメリカで一人頑張ったシャラポワ。今度のジャパンオープン,見に行きたいなぁ。NECも大喜びでしょう。


小泉純一郎首相は3日、東京都府中市内の街頭演説で、道路公団民営化に関連し、「今まで値上げするばかりだった道路公団は、今回の民営化で初めて、今年の秋ぐらいから1割値下げする」と述べ、今秋にも高速道路料金の値下げを実施する考えを明らかにした。石原国交相も横浜市内で「朝夕の込んでいる時は半分にする。必ずやらせていただきたい」と公約。(読売新聞

選挙戦をにらんで,有権者に一番わかりやすいのは,値下げってことですかね。

7月4日は,アメリカ合衆国独立記念日。今日は各地で花火だけでなくいろいろなイベントがあるはず。

|

« ブルーな日(エントリー200回記念) | トップページ | まんぞく丼 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/896822

この記事へのトラックバック一覧です: 気になるニュースあれこれ:

» 不祥事のカテゴリー [まわりぶろぐ]
預かり金流用、学会事務センターに破産宣告 全国の300近い学会の事務を代行して [続きを読む]

受信: 2004.08.18 18:39

« ブルーな日(エントリー200回記念) | トップページ | まんぞく丼 »