« 暑い夏にデイ・アフター・トゥモロー | トップページ | 本ができたぁっ! »

松下の新型LUMIXシリーズ

DMC-FX」シリーズ2機種は,8月27日に発売。

手ブレ補正ジャイロ機構は、回路を画像処理エンジンのヴィーナスエンジンIIに統合し、手ブレ検出回数を従来の480回/秒から4,000回/秒へと大幅に高速化して,シャッタースピード3段分以上の効果で,レリーズタイムラグと撮影間隔を短縮したとのこと。まぁ,スペックと画質はイコールではないのだけれど,わりといいところをついているんじゃないかな。

同時に発表された4機種の中で特に気になるのは,ソニーのサイバーショットT11と同じ大きさの2.5型の低温ポリシリコン液晶画面を搭載した500万画素CCDの「DMC-FX7」(光学ファインダーは廃止)。ライカDC VARIO-ELMARITレンズは動画でも活躍,音声付きで320×240ピクセル、30fpsを実現。シーンは,ポートレート,スポーツ,風景,夜景,花火,パーティ,雪,自分撮りなどから選択可能で,オートブラケット機能もあり,マクロは,5cmまで寄れる。約135g(本体のみ)

Panasonic LUMIX FX-7 コンフォートブルー
Panasonic LUMIX FX-7 コンフォートブルー

デジタルカメラの敷居をさらに低くするには,三脚を用いるべし!と教育するより,やっぱり手ぶれ補正で十分いけますよというアプローチの方が正解だと思います。是非PENTAXでも,手ぶれ補正付きで,ほぼ同スペック,でも広角で28mm(できれば25mm相当)からというOptioを出して欲しいものです。じゃないと,FX-7買っちゃいそう。
PC Watchに西川和久さんの使用レビューが載っています。

コンパクトデジカメで広角で高画質というと,CanonのPowerShot S60あたりか。でも分厚いのは嫌なので,やはりOptioSシリーズに期待。
Canon PowerShot S60
Canon PowerShot S60


帰り際に駅売りの夕刊紙のポップには,「松下,デジカメに殴り込み!」なんて。今までも発売していたんだけれどなぁと思いつつも,本気で取り組んだということなのでしょうね。

|

« 暑い夏にデイ・アフター・トゥモロー | トップページ | 本ができたぁっ! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/1026359

この記事へのトラックバック一覧です: 松下の新型LUMIXシリーズ:

» 広角だったら買ってたよ。LUMIX [まわりぶろぐ]
アメリカに行く前に,寄ったサクラヤ。パナソニックの光学手ブレ補正付き「LUMIX [続きを読む]

受信: 2004.09.24 06:05

« 暑い夏にデイ・アフター・トゥモロー | トップページ | 本ができたぁっ! »