« 日本のハロウィンイベント速報 | トップページ | アメリカ大統領選の行方 »

ダンブルドア校長先生,お茶目に!

ハリーポッターとアズカバンの囚人 photo by PENTAX OptioS

タイトルからおわかりのように,ハリーポッターシリーズの第3弾,最新映画,アズカバンの囚人を日本語吹き替え版で観てきました。

インターネット上のレビューでは,やや辛めの評価が多いように思えます。たしかに,少し,理解力と記憶力が必要なダークなストーリー展開で多少消化不良気味ですが(字幕版だったらキツいかも),それなりにドキドキワクワクしながら楽しめました。魔法仕立ての小物の数々とクリーチャー達も冴えています。ローリングさんもいろいろとアイデア絞っているんだろうなぁ。今回は,ヤマ場が,名前を言ってはいけないあの人絡みではなかったからか,ややあっさりしていたような気もします。ハリー,ハーマイオニー,ロンの3人が大きくなっていたのは,公開前からかなり言われていたことですが,敵役のマルフォイも大人っぽくなっていて,さらに憎々しさを増大。ハーマイオニーからの一発ですっきり。残念ながらリチャード・ハリスが亡くなってしまった後,ダンブルドア校長先生がマイケル・ガンボンに交代したものの雰囲気はそれほど変わらず,ややキャラクターがお茶目(?)に。土砂降りの雨の中のクディッチに,迫り来るディメンター達等々,見どころは満載でした。

しっかし,エンドロール,長いですね。せっかくのクレジットも足跡を追ってしまい,あまりチェックできず。映画のパンフは,文字が少なめで写真集のようでした。

予告で「ハウルの動く城」をやっていて,実際に,例の城が動く様子を見られたのもちょっとお得な感じ。

この映画は,観てから原作を読んだ方が良いように思います。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (映画原作)
J.K. ローリング , 松岡 佑子, J.K. Rowling

発売日 2001/07/12
売り上げランキング 135

おすすめ平均
これまででいちばんおもしろい!
楽しかったです☆
2作目より1作目のほうが面白かったと思った方へ

Amazonで詳しく見る4915512401

そして,CDエキストラ仕様のサントラには,歴代゛ハリー・ポッター"のサントラ・ジャケット&ロゴ・ステッカーが封入され,さらに特製の壁紙・スクリーン・セーバー・フォト・ギャラリー等のコンテンツも豪華。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
サントラ

発売日 2004/06/09
売り上げランキング 286

Amazonで詳しく見るB0001VJ4WI
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ (2004/12/17)
売り上げランキング: 2
近日発売 予約可
おすすめ度の平均: 3.88
4 なかなかの出来!観る価値大あり!!
5 面白いです!
5 原作以上だと思います

|

« 日本のハロウィンイベント速報 | トップページ | アメリカ大統領選の行方 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/948233

この記事へのトラックバック一覧です: ダンブルドア校長先生,お茶目に!:

« 日本のハロウィンイベント速報 | トップページ | アメリカ大統領選の行方 »