« 月の終わりに | トップページ | 夏のカレーうどん 古奈屋 »

そこまでして,

流れを変えたいのか?!

有名監督ら協力で映画/ケリー候補の生涯描く・米スターらケリー氏応援/「打倒ブッシュ」陰の主役

スティーブン・スピルバーグ監督ら強力な制作チームにより,民主党大会のテーマ「より強い米国」に沿ってケリー候補の生涯を描いた大統領候補紹介ドキュメンタリー映画が,米民主党大会最終日29日に大会場で初公開された。
「卓越した約束」というタイトルの約9分の映画は,アカデミー賞受賞のドキュメンタリー監督ジェームズ・モル氏が制作,スピルバーグ監督が監修したもの。モーガン・フリーマンがナレーターを務め、ケリー候補の誕生からベトナム戦争従軍での活躍ぶり,上院での活動などを紹介している。

また,メディアの注目を最も集めているのが「パールハーバー」などの作品で人気が急上昇した若手俳優ベン・アフレックは,熱心な民主党支持者として知られ,党大会周辺の会合に引っ張りだこ。環境保護活動で知られるミュージシャン,U2のボノも共和党政権を強く批判。大会会場ではカントリー歌手ウィリー・ネルソンさんら歌手やテレビ・映画俳優ら10人以上がスピーチや演奏などで政権奪還の機運を盛り上げた。

米民主党大会中に,ブッシュ・チェイニー陣営の支持率が若干低下し,ケリー・エドワーズ陣営との差が5ポイントに拡大したとのこと。徐々にブッシュ政権にとっては,旗色が悪くなってきているようだが,ドキュメンタリー(プロパガンダ)映画をスピルバーグがねぇ。ケリー候補は,漫画やイラストでいろいろといじられそうな顔だなぁ。
このドキュメンタリーもマイケル・ムーア監督にやらせても,面白かったかも。ムーア監督も民主党寄りとされているから,あまり平等にはならないか。共和党大会にも行くみたいだけれど。
現政権への批判を込めた映画といえば,「華氏911」だけではなくて,「デイ・アフター・トゥモロー」も相当なものでしょ。

さて,共和党はどう巻き返すのだろうか。シュレック2じゃダメだと思うよ。

<参考>

米国の大統領選挙
(アメリカ大使館)
バカぽんの気ままにデンジャラス:ケリーもやっちまった(笑) by バカぽんさん たしかにブッシュの次の標的はケリーかも。

|

« 月の終わりに | トップページ | 夏のカレーうどん 古奈屋 »

アメリカ・ノースカロライナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/1091703

この記事へのトラックバック一覧です: そこまでして,:

« 月の終わりに | トップページ | 夏のカレーうどん 古奈屋 »