« 有馬わんわんランド | トップページ | CCCDは,なくなるの? »

丸の内オアゾ(OAZO)

タイトルの内容にたどり着くには,ちょっと長いマエフリ話が。

火曜日にたまたま,バスで隣り合った知らない人が読んでいた文庫本の内容がちらっと見えて,それが,今,僕が職場内で開催しているプレゼンテーションセミナーの内容に近いもので,かなり興味をそそられる内容だったので,なんとかしてタイトルに結びつくものはないものかとチラチラ見ていたのだけれど,結局,わからず仕舞いで,その人はバスを降りていってしまいました。

amazonでそれらしい本を探してみても,アメリカのamazonの様にチラ見できるわけではないので,探している本かどうかが確認できず,やっぱり声をかけてでも確認した方が良かったかなぁなどと悔やんでいたところでした。
唯一の手がかりは,その文庫本のカバー。見慣れた白地にねずみ色と黄色みが入った丸善のカバーでした。

で,本日,9月14日にオープンした複合商業施設のOAZOに,丸善が入っている事を思い出して,出かけた訳です。最近の話題の本で,平積み扱いになっている事を期待して,ビジネス書を扱っているエリアをぶらぶらと歩いていたら,それらしい本達が…。で,一つ一つ手に取ってみて,3冊目に見た本が,まさしく,その本でした。いやぁ,レイアウトや項目だけでも目に焼き付けておくものですね。

「話す力」が身につく本 なぜか人間関係がうまくいく55の法則 PHP文庫

メロディから曲を探してくれるサービスがあるのだから,文章の一部から本を探してくれるサービスもあってもいいかなと。人が読んでいる本って,妙に欲しくなったりする事ありませんか?

で,オアゾ。
かなり丸ビルや六本木ヒルズを意識した気持ちの良い吹き抜けを中心とした流行の作り。オフィシャルサイトは,ほとんどオリジナリティが感じられません。
オアゾの中心的ショップは,こちらを本店とした丸善。かなり巨大です。子供の本の売り場(狭いけど)には,子供用に絨毯敷きなのは,ちょっとうれしい配慮。まぁ,ここにはあまり子供は来ないだろうけれど。店内は明るく見やすく工夫されているようで,線路を隔てたところにあるあまりおしゃれさを感じない八重洲ブックセンターは,かなりの脅威を感じているはず。

丸の内オアゾ photo by PEG-TH55


レストランのフロアーには,またもやカレーうどんの古奈屋。こんなにどんどん出店して大丈夫かな。どこのお店も,丸ビルの初日ほどではありませんが,行列でした。

アトリウムのフロアでは,歌手のsoraさんのミニコンサートが6時半からやっていました。ちょっとかわいそうだなと思ったのは,2000円以上お買いあげの人に,くじ引きをやっていた場所が異常に近くて,くじを回すガラガラという音や,「おめでとうございます!」の声が,彼女が唄っている間,とぎれることがなかったこと。彼女のファンではないけれど,彼女側のスタッフはかなり頭来たんじゃないかなぁ。くじ引きの時間や場所を一時的にずらす事はできなかったのかな。低音域がもう少しクリアだと,好きな声質になりそうなのだけれど…

丸の内で働いている人にとっては,食事をする場所が増えてよかったですね。

そういえば,もうひとつ丸の内に新しいビルが9月17日にオープン。その名も「丸の内マイプラザ」。
これねぇ,ネーミングがいまひとつ。だって,固有名詞っぽくなくて埋もれちゃいそうな名前。
でも,明治(M)安田(Y)生命だってことに気づきました。それだとしても,あまりにも普通な名前で,ヒネリが欲しいところでしょ。
たぶん近いうちに愛称を募集して,改称するんじゃないかと。せっかくティファニーが入っているのにね。

<オアゾ(OAZO)に今週行った人たちのブログ>
(^0^)YANOLOG - まほら - 丸の内 oazo(オアゾ)
A国紳士:丸の内新名所
ある日のできごと oazoに行ってみた。
真情あふるる軽薄ブログ 丸の内Oazo
なころぐ OAZO(オアゾ)
アイデアノートブック OAZO探索に行って参りました
日本橋浜町Weblog 丸の内オアゾ かなり大きな写真付き。自転車で行かれたんですか…
素晴らしき14600日のために 丸の内新ビルラッシュ!-オアゾ&丸の内マイプラザ
東京駅周辺:再開発ラッシュ 変わる「東京の玄関」(MSN-Mainichi INTERACTIVE)

|

« 有馬わんわんランド | トップページ | CCCDは,なくなるの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

オープンしたという報道を見て気になっていたのですが、
もうお店に足を運ばれたんですね。
国内最大級の本屋さんだから八重洲ブックセンターも
ヒヤヒヤしていることでしょう(^^;
八重洲ブックセンターは駅からちょっと歩くけれど、
本にかけてくれるブックカバーがかわいいんですよね。
初めて見た時はなんてかわいいカバーかと思いました。

投稿: usako | 2004.09.20 01:09

usakoさん,コメントありがとうございます。
丸善は,本店を日本橋から丸の内に移すくらいだから,かなり気合いが入っていますよね。

しまったぁ,八重洲ブックセンターは,カバーがかわいいんですね。もしかしたら,カバーをかけてもらえるほど,あそこで本を購入していないかも。今度,行ってみます。

投稿: HAMACHI! | 2004.09.20 22:06

トラックバック、ありがとうございます。

はい、僕は丸の内まで自転車で行きました。小一時間あれば歩いてもいけます。

これからの東京駅、日本橋周辺はどうなっていくのでしょうか・・・かなり心配です。日本橋のよさが残りますように祈る毎日です。

ではまた。

投稿: 野口正人 | 2004.09.20 22:30

私もオアゾに行ってみたいです。
でも、行列はやだなぁ・・・。

投稿: たかゆき | 2004.09.21 00:19

野口正人さん,わざわざコメントありがとうございます。
東京駅周辺はかなり工事中のところが増えてきて,もうちょっとすると空が見えなくなるような場所に変化するのであろう事を,まだうまく想像できないでいます。

たかゆきさん,コメントありがとうございます。
丸ビルほどは,混んでいないので,一度行かれてみては,いかがですか?いい本が見つかりますよ。きっと。

投稿: HAMACHI! | 2004.09.21 07:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/1458514

この記事へのトラックバック一覧です: 丸の内オアゾ(OAZO):

« 有馬わんわんランド | トップページ | CCCDは,なくなるの? »