« TokyoDomeでOpen戦 | トップページ | かに,蟹,カニづくしのBaltimore »

ハイライトを300mm望遠で・National Aquarium in Baltimoreその5

ボルチモアの水族館のハイライトといえば,イルカくんたちのショーです。

明るく広い場所なので,*istDのレンズをFA50mmF1.4からTAMRONのAF28-300mmF/3.5-6.3 XR Di LD ASPHERICAL (IF) MACROに焦って交換。

National Aquarium in Baltimore Dolphin01 photo by *istD
屋外でイルカのショーを観るのかと思ったら,かなり広い観客席とプールは,天井付きでした。
こちらの写真の右側のとんがったガラスルーフ部分)
しっぽでご挨拶~!

National Aquarium in Baltimore Dolphin02 photo by *istD
イルカたちがどのようにして,生きていくための「技」(「芸」)を学ぶのかについて,両側の大きなビデオモニターを使って,インタラクティブに解説が行われます。「ものまね」で「遊ぶ」ことが,行動を学ぶ重要なステップだというようなことを言ってました。

National Aquarium in Baltimore Dolphin03 photo by *istD
イルカとお散歩。行ったり来たり。おねえさんも楽しそうです。
このページからは,PCのデスクトップ壁紙用のファイルがダウンロードできます。

National Aquarium in Baltimore Dolphin04 photo by *istD
ハイライトのハイライト イルカのハイジャンプ!!
(あ~,でもEltoroさんイルカショーのフィナーレの方が,かなりかっこいいなぁ…。)

ボルティモアの水族館のイルカショーは,意外とあっさりしているので,あまり期待しすぎない方がいいかもしれません。まぁ,そのぶん,イルカの生態とかも一緒に学べるような工夫はありますが。

TAMRONのAF28-300mmF/3.5-6.3 XR Di LD ASPHERICAL (IF) MACROは,こういう観客席からすこし遠くを撮るときに,きっちり仕事をしてくれることがわかりました。動きの速いイルカたちも,その瞬間をあまりぶれることなく収めてくれます。(まぁ,あまり近くに寄っちゃうと,水掛けのパフォーマンスの餌食になっちゃうので…。)28mmからなので,こういうシチュエーションなら画角的にもそこそこ使えます。


|

« TokyoDomeでOpen戦 | トップページ | かに,蟹,カニづくしのBaltimore »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/3462719

この記事へのトラックバック一覧です: ハイライトを300mm望遠で・National Aquarium in Baltimoreその5:

« TokyoDomeでOpen戦 | トップページ | かに,蟹,カニづくしのBaltimore »