« ブリーフィング(Briefing) | トップページ | お世話になりました。FF XI »

PENTAX OptioS5nに触ってきました。

発表時の事前レビューは,こちら

仕事帰りに,コンパクトデジカメコーナーをぶらり。
新しく発売された,PENTAXのコンパクトデジカメ,OptioS5nが置いてありました。

しばらく触って,気がついた事をいくつか。

ペンタックス オプティオS5n (ブリリアントグレー)
ペンタックス オプティオS5n (ブリリアントグレー)(楽天へ)

まず,ファインダーがなくなった事は,あまり違和感がありません。
自分が今使っているOptioSと比べて,かなり大きな背面の液晶モニター(2.0型TFTカラーLCD(バックライト付),約11万画素、視野率約100% )がファインダー代わり。
僕が普段OptioSを使っているときは,あまりファインダーは覗かないので,その分,赤外線AF補助光が出るようになったのが,暗いときにも便利そうで,機能的にかなりのバージョンアップでしょう。

内蔵メモリーに,SDカードを入れ忘れたときなどに緊急避難的に,画像を記録する事ができるのですが,OptioSと比べて高画質になっているせいか,1枚の記録にかかる時間が長めでちょっと気になりました。5Mモードで撮影するよりは,すこし軽めの3Mか4Mの解像度で撮影しても,webに使ったりA4位までのプリントをするんだったら,問題ないかなぁ。

3Dモードが,モードパレットからなくなったのは,やっぱり惜しいかなぁ。目の訓練にもいいんですよね。ステレオ写真を見るのって。次期モデルでは,復活してくれないかなぁ。持ったときの重さは,OptioSと大差ない(5g,S5nの方が重い)はずなのに,ちょっと軽く感じたのは,0.5ミリOptioSに比べて小さくなったサイズ(前モデルのS5iに比べると幅が1mm小さくなっています)のせいかなぁ。

シャッターの左側に,スイッチがついたのは,便利。前モデルのPENTAX Optio S5iまでは,シャッターの右側についていて,人に撮影を頼むときに,ボタンを間違えてよく電源オフになっちゃったり,自分で撮影するときも,シャッターに触れるときに一緒に電源ボタンにも触ってしまいやすかったので,使い勝手はよくなったと思います。シャッターの反応もキビキビしてて,気持ちいいですね。

露出補正ボタンが,表向きなくなってしまった事は,ちょっと残念だけど,ファンクションボタンに組み込めるので,使い方さえ覚えれば,あまり影響はないかな。デジカメビギナーが使うときに,さわり間違えて,露出補正がどんどんかかってしまうよりはいいと,ペンタックスの人は,考えたのでしょう。

マイナーチェンジにしては,このPENTAX OptioS5n,かなりそそられるモデルでした。
これで,ちょっとだけ広角にふってくれて,手ぶれ補正,もしくはISO1600までの感度に対応してくれたりすると,間違いなく「買い」なんだけどなぁ。初めてOptioSシリーズを買う人にとっては,3Dモードも含めて,全く気にするところではないのですが。そうそう,質感は,愛機OptioSの勝ちかも。


PENTAX OpitoS5nの価格を楽天で検索してみます?


|

« ブリーフィング(Briefing) | トップページ | お世話になりました。FF XI »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/3435954

この記事へのトラックバック一覧です: PENTAX OptioS5nに触ってきました。:

» PENTAX OptioSシリーズ最新機種「S5n」 [まわりぶろぐ]
ペンタックス、液晶モニターを大型化した「Optio S5n」 ペンタックス株式 [続きを読む]

受信: 2005.03.25 20:24

« ブリーフィング(Briefing) | トップページ | お世話になりました。FF XI »