« アイマックスで3D | トップページ | 壁の建物 »

ETCマイレージサービスのワナ

4月1日より「ETCマイレージサービス」のインターネット申し込みの受付が開始された。

すでにETCを206CCに設置したときに,ETC前払い割引サービスのアカウントを取得しているのだが,先日,電車の中吊り広告で見かけて,こりゃぁ便利なサービスを日本道路公団が始めたなぁと感心していたところだった。

マイレージをためるためには,新たに手続きをしなくてはいけないところが,面倒ではあるが,日本道路公団も,ちょっとはサービスとは何かを少しは理解するようになったのかと思いきや,ちょっとした盲点があった。

それは,ETC前払割引に登録しているETC車載器やETCクレジットカードを,ETCマイレージサービスにも重複して登録することは可能なものの,その場合,ETC前払割引の前払金からの支払い額や与えられたマイレージポイントで支払うときには,ポイントが付かないこと。

つまり,ETC前払割引サービスとETCマイレージサービスは,併用できないということ。

ETC前払い割引サービスで残高がある場合は,それを使い切って初めて,マイレージポイントがたまり始めるという仕組み。これじゃ今登録してもあまり意味ない。

ETCマイレージサービスは,ETC前払割引と同等の最大割引率となっているというのだが,だとすると,ETC前払割引サービスのメリットが,わざわざ前払いしているのに,感じられなくなってしまう点は,どうなんだろう。しかも前払いしている分を使い切らないと,マイレージサービスの初期に行われるポイント2倍キャンペーンの旨みを得る事もできない。

日本道路公団としては,「すでにETC前払い割引でトクしているんだから,それでいいだろう。」という考えているにちがいないのだが,どうも腑に落ちない。と思ったら,将来的には,前払い割引サービスを停止するつもりらしい。

一般的にポイントサービスをやっている大手小売業のやり方であれば,ポイントを使って精算された場合にもポイントがつくコトも多い。このポイントを使い切る事ができないシステムによって,ユーザーを購買スパイラルに陥らせて,再度同じ店舗で買い物をさせようと,あの手この手で考えているのに,このポイント使用分ではポイントがつかない「ETCマイレージサービス」には,がっかり。

ポイントの有効期間が最大2年というのも,サンデードライバーにとっては,不便なこときわまりない。

高速道路を使わせたいのか,そうでないのかよくわからない。

改悪だなぁ,こりゃ。

|

« アイマックスで3D | トップページ | 壁の建物 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/3526149

この記事へのトラックバック一覧です: ETCマイレージサービスのワナ:

« アイマックスで3D | トップページ | 壁の建物 »