« やっとのことで | トップページ | 車窓から その2 »

車窓から その1

scenery from the train window photo by OptioS

週に1回ほど,長い距離を電車で通うようになりました。これは,東武鉄道の足利近辺。

この日は,ものすごい雷に,さすが群馬は,空っ風と雷の地と思いつつも,ちょっぴり肝を冷やしたりしたのですが,車窓からぼんやり外を眺めながら,一番気になっていたのは,前の日に兵庫県尼崎市のJR福知山線で起きた電車の脱線事故でした。

この大事故の犠牲となられた方々とご家族の方々に,心からお見舞い申し上げます。怪我をされた方には,早く回復されるよう,お祈り申し上げます。

人災でない事を祈りたいと思いつつ,原因がJR側にあるのであれば,迅速に積極的に事故の再発防止に取り組んで欲しいと思います。普段,自分が何気なく使っている交通手段,特に,公共の交通機関である電車やバスの事故に自分が巻き込まれるなんてことは,ほとんど誰もが思ってもみない事だし,例えば,「この運転手さんに,自分の命を預けているんだ」なんて覚悟を決めて乗るような交通機関といえば,飛行機くらいなものなのではないでしょうか。

人災でもなくテロでもないと思いたいところですが,原因が究明される前に,根拠もなく無神経な報道や批判を繰り返すメディアには,辟易としています。この惨事の一方的な報道を受けて,全国の電車の運転手さんたちが,萎縮してしまわないように願いたいものです。

明日も来週も,また,みんなの電車が,無事到着しますように。

|

« やっとのことで | トップページ | 車窓から その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/3890300

この記事へのトラックバック一覧です: 車窓から その1:

« やっとのことで | トップページ | 車窓から その2 »