« 銀座で花見 | トップページ | ゴーストレーダー »

花粉症の内服薬

もうピークは過ぎたんじゃないかと希望的観測をもちつつも,点鼻薬ももう2本目。しかもあまり効かなくなりつつあり,鼻が詰まって夜も寝られず,目もかゆく,あまりに症状がひどいので,お医者様に行って抗アレルギー薬を出してもらいました。

自分自身,アレルギーで処方箋の薬を出してもらうまでになろうとは思いませんでしたが,仕事にも影響が出そうなので,短期間でも服用する事にしました。

1日2回飲む薬と1回の薬とどっちがいいかきかれたので,めんどくさがりの僕としては,当然「1回」と答えたわけですが,出して頂いたのは,「ジルテック」という抗アレルギー薬で,対症療法的な働きをします。つまり,アレルギーそのものは治す事ができないので,アレルギー症状を抑えるという事です。

ATOKのかな漢字変換で「じるてっく」と入力して何気なく変換してしまったら,「汁テック」となってしまいましたが,これをググると,けっこう同じ誤変換を楽しんでいる人(そのまま気づかない人も)がいるようで,こんなことからも人気のある薬であることもわかります。(←ほんとか?)

さて,普段,患者さんを診るときに気をつけている事に,薬の副作用があります。
患者さんが普段,医師からもらった薬で,意図せずに副作用が口腔内に出ている事があります。特に気をつけなくてはいけないのが,口が渇くなどの症状や違和感を訴える患者さん。意外とお医者様はこれについてあまり気にしていらっしゃらない方が多いようで,よく聞いてみると,副作用に「口の渇き」のある薬が処方されている事もしばしば。
薬の主作用(効果)に対するメリットの方が大きい場合は,やめていただくわけにはいかない場合もあるのですが,薬を変える事が可能な場合は,それで口腔内の違和感がなくなる事もあるので,患者さんがこういったことを訴えるようになった場合は,(初診時にチェックしているはずですが),確認してみた方がいいと思います。

で,僕がいただいたジルテックには,「眠気」という副作用もあるらしく,このエントリーを書きながらも,なんどもまぶたが閉じてきて,キーボードを打つ手もちょっとあやしくなってきたので,そろそろこのへんでふでおお。;kj

|

« 銀座で花見 | トップページ | ゴーストレーダー »

健康」カテゴリの記事

コメント

この手の話には疎いのですが、減感作療法とかレーザー治療とか色々あるみたいですね
さいきんステロイド系の噴鼻薬をいただけないのですが、これも時代の流れっすかね。。
効くか効かないか訳解らぬ民間療法と便乗商品に毎年頭を悩まされているのですがw
飲酒量が増加したのと数ヶ月DHAサプリメントを定期摂取したところ
今年はなんだか驚くほど症状が軽いっす。

投稿: ぴょん | 2005.04.04 02:27

ぴょんさん,コメントありがとうございます。
実は,今使っている点鼻薬がステロイド入りです。薬屋さんで売っているモノですが,比較的短時間で効いてくれるので,重宝しています。
だんだん効く時間が短くなっているのが,気になるところですが。
僕は,甜茶などをかなり長期で飲みましたが,あまり変化はなかったようです。

投稿: HAMACHI! | 2005.04.04 06:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/3553642

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症の内服薬:

« 銀座で花見 | トップページ | ゴーストレーダー »