« 地図検索と関連情報の同時表示・Google Map | トップページ | 伝説はここから始まる。「バットマン・ビギンズ」 »

今としては,もうちょっとヒネリが欲しい「宇宙戦争」

TCWaroftheWorld

スピルバーグ監督でダコタ・ファニング主演,おっと,トム・クルーズ主演の「宇宙戦争」を観てきました。

ほぼ,原作通りのプロットでした。

100年以上前の原作(1898年)ですから,当時は,テレビもなければ,ラジオ(1906年)もインターネットもない。飛行機(1903年)だって,車(1885年)だって一般的ではなかったので,現代社会でリメイクするのは,かなりつらかったとは思います。原作では,イギリスがサバイバルの舞台だったのが,この作品では,ニューヨークからボストンへの旅路に変化。馬車を奪うところが自動車だったり,原作では妻に再会するためのストーリーだったところが,離婚して子供が二人という設定。

自暴自棄,自堕落な男をやらせると,トム・クルーズは,上手いですね。自分が,自分の子供の事をちっとも知らなかった事,子守りもロクにしたことがなかったことに気づき,徐々に子供達への愛,家族愛に目覚めていくというあたりが新たなストーリーへの味付けです。圧倒的な強さを見せつける異星人の侵入者と巨大ロボットになすすべもなくやられっぱなしの地球人達の運命や如何に!

やはり2大監督&俳優の作品だから,それだけで人を集められるのだとは思いますが,さすがにすごい迫力で怖さは伝わってくるものの,もうちょっとニヤッとさせるところがないと,肩に力が入りっぱなしで疲れちゃいます(もともとSFホラー&パニック映画だと言われればそうなのでしょうけれど)。

原作への尊敬があるからこそあまりストーリーを大幅に変更する事がなかったとは思うのですが,オチが単純なだけに,現代でこのストーリーを蘇らせるには,もうちょっと大胆な展開でもよかったのではないかと思いました。また,「普通,死んでるでしょ」,とか,「どうしてこんなにめちゃくちゃにされているのに,車がうごくの?」とか,いろいろ突っこみどころも満載ですが,原作を読んでからこの映画をみると,どこが省略されて,今どの辺りのストーリーになっているのかがわかるので,一緒に観に行った奥さんよりは,楽しめたみたいです。

中国語では,「世界大戦」なんですね。たしかに宇宙では戦いは起きていなかったから,スケール的にも正しいかも。パンフレットは,買いませんでした。

「いまひとつ」というウワサの割には,まぁまぁ楽しめました。観客もほぼ満席。

スコアは,55点。

この映画は,原作を読んでからが,オススメです。原作を忠実に追っているという事がわかっていて観れば,そんなにひどい反応にはならないかと思います。さらに,最初のシーンからネタバレだということもわかって,面白いかも。

宇宙戦争
新訳でアーサーCクラークの解説付きがうれしいHGウェルズの原作『宇宙戦争

宇宙戦争
宇宙戦争
posted with amazlet on 05.12.31
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン (2005/11/09)
売り上げランキング: 5
DVDも発売。

<読み応えのあるオススメのブログ「宇宙戦争」レビュー>
「猫の街の雑貨店」さんの「宇宙戦争」 "主人公は死なない"というのがお約束。この辺りが,笑ってもいいところだったのかもしれませんね。
「メイジキメラの巣」さんの「宇宙戦争」 臨場感はすごかったですね。そっか,大阪で倒したってのは,そういうことだったのね。
正井 徹さんの「映画と原作」 原作が世に出た頃の社会情勢についての解説は必読。ネタバレありですが,「この原作は一読の価値大いに有り」にも激しく同意。
Books & Movies!さんの「"宇宙戦争"(ネタバレあり)」 ネタバレ部分は,ちゃんと反転している心配り。ツッコミどころが満載でしたね。なるほど,純粋な子供の心を持ってこの映画をみるべしと。
yamchahouseさんの「『宇宙戦争』ちょっと語る」 僕らもほぼ最前列で観ました。最近のシネコンはこのあたりも工夫されているようなので,最前列でも観にくい事はなく,迫力満点でした。なるほど,主人公と同じ視点で見られるわけですね。
おもわせダイアログさんの「映画:宇宙戦争」 「もう逃げ切れないという絶望感、一瞬たりとも気の抜けない緊張感」その通りでしたね。今だから,原作を忠実にリメイクできたという訳なのでしょう。

|

« 地図検索と関連情報の同時表示・Google Map | トップページ | 伝説はここから始まる。「バットマン・ビギンズ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TB&リンクありがとうございます。
ほんとダコタ・ファニング演技には光るものがありましたね。
ジョディ・フォスターの再来、といったら言い過ぎかな。

投稿: masai | 2005.07.19 19:05

masaiさん,わざわざお出でいただき,ありがとうございます。
ダコタちゃん,日本のテレビ番組でインタビュー受けていたのを観たのですが,いや,すごかったです。かわいいし,頭がいい。しかも人を引きつけるコツをもうこの歳でしっかり抑えている。
今後の活躍に期待しちゃいますよね。

投稿: HAMACHI! | 2005.07.20 01:52

TB、そしてご紹介いただいてありがとうございました。こちらからもTBさせていただきました!
そうなんですねー、原作に忠実なのですか。原作を見てから臨むべきでしたね、残念!
映画見るとき、原作を読んでから見るべきか、見てから読むべきか、いつも悩みます・・・

投稿: みちこ | 2005.07.20 13:16

みちこさん,わざわざコメント,TBをありがとうございました!
ノベライズ本は,別として,僕の場合,たいていは,映画を見てから原作を読むと満足感の得られることが多いのですが,今回は,逆でした。意識して先に読んだわけではないのですが,映画の内容に,寛容になれたというか…(笑)。

投稿: HAMACHI! | 2005.07.20 19:43

TBありがとうございました。
映画を語れるほどの者ではございませんが
見方、楽しみ方もいろいろありますよね。
私は映画見てから原作読む派なのですが、
この映画は昔、白黒で見た記憶があり
あの時は最後のオチがわからず・・?
やっと、それがつながりの喉の小骨とれました。
一緒に行った妹は最後ポカーンでしだけど・・

実は私、映画を見るとき最前列好きなんです。
年末公開の『ゴジラ』も絶対最前列で
見ようと密かに決めてます。
変わってますか・・・?

投稿: yamu | 2005.07.20 23:13

yamuさん,わざわざコメントをつけに来て頂き,ありがとうございます。
269g(ブログ・ジー)は,絵文字がたくさん使えて,面白いですね。上の方々へのリンクは,僕自身が読み応えのあると思って厳選したリンクのつもりですので,yamuさんのエントリーもかなり楽しませて頂きました。
最前列って,前に人の頭も見えないし一番臨場感ある場所ですよね。バーチャルなアイマックスシアターみたいに。

投稿: HAMACHI! | 2005.07.21 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/5028684

この記事へのトラックバック一覧です: 今としては,もうちょっとヒネリが欲しい「宇宙戦争」:

» 映画:宇宙戦争 [おもわせダイアログ]
世界80ヶ国で同時公開された話題の映画「宇宙戦争」を観てきました。 「怖かった! [続きを読む]

受信: 2005.07.19 23:03

» "宇宙戦争"(ネタバレあり) [Books ]
「宇宙戦争」公式サイトはコチラ 昨日はエピ3を再度見ようと有楽町に行ったけれど [続きを読む]

受信: 2005.07.20 13:19

» 宇宙戦争 地球の水は合わなかったので全滅の巻 [Blog・キネマ文化論]
●6月最後は宇宙戦争をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 アメリカ東部のニュージャージ [続きを読む]

受信: 2005.07.25 17:41

» 宇宙戦争 今年の227本目 [猫姫じゃ]
宇宙戦争 ん〜、、、、家族愛のお話ですか??にしては、親父はダメすぎ、子供達もひねくれすぎ、、、ホント、親の顔が見たいわ、っていう感じ。 つまり、トム・クルーズ とダコタ・ファニング ちゃんの演技がよかった!ということね。でもそれだけに、見ていてイライラし....... [続きを読む]

受信: 2005.11.23 21:13

« 地図検索と関連情報の同時表示・Google Map | トップページ | 伝説はここから始まる。「バットマン・ビギンズ」 »