« ディズニーハロウィーン2005ページオープン! | トップページ | キーマカレーもイケル! »

OptioSとOptioWSの比較 その2

東京国際フォーラム photo by Optio WP
OPTIO WPでの作例

TIF-S02
OPTIO Sでの作例比較

オプティオWPのレビューとオプティオSとの比較の続きです。

OPTIO WPには,レンズバリアのないことがとても心配だったのですが,プロテクターガラスを指で触ってもあまり跡がつかないようです。(でも撮る前にチェックはした方がいいですよ)
3倍ズームレンズが内蔵されていますが,ズームしてもレンズは外に出てきません。さらに1cmまで寄れるマクロ機能も搭載(対象物をほとんど覆ってしまうので,ライティングに工夫が必要ですが)。

東京国際フォーラム photo by Optio WP

TIF-S01
OPTIO Sの作例

カメラ内蔵のフレームに加え、ペンタックスのホームページからほかのフレームをダウンロードして使うことも可能。ファームウェアのアップグレードにより,スポーツモードおよびペットモードでのみ機能していた自動追尾オートフォーカスが,他ののモード(リーンモード、ピクチャーボイスモード、花火モード以外)で使えるように。
フレームやらアップグレードの内容やら,ペンタックスは,このWPに,なんだか手厚いような気がするのは,気のせい?

料理を撮影する場合は,やや暗めの店内だと,ちょっと厳しいかも。Sなら,レンズがだいぶ明るいので,あまりぶれずにとれたものが,WPだと思ったようにとれないことがしばしば。でも,さすが500万画素!と思えるようなクッキリショットが連発する事もあるので,慣れかな。

さて,そろそろ結論を。
OPTIO WPとOPTIO Sを同じ場所で撮り比べてみて思ったのは,OPTIO Sが「まだまだ使える」なということ。「なんだ,それが結論か?」といわれる向きもあるかとは思いますが,しばらく両方さらに使い込んで,キャラクターをある程度ハッキリさせて,適材適所的な使い方をしていきたいと思います。まぁ,水辺は,WPなのは,キマリですが。


<作例は,続く>

在庫あり  翌営業日出荷Optio WP マウブラック
Optio WP マウブラック

<参考>
リゾートデジカメ「Optio WP」をハワイで使ってみた (インプレス デジカメウォッチ)
新製品レビュー】ペンタックス Optio WP (インプレス デジカメウォッチ)
PENTAX OPTIOS WP (オフィシャルページ)
水中撮影にも対応した薄型500万画素コンパクト「OPTIO WP」
夏休みに持っていくデジカメは?(日経BPデジタルアリーナ)

|

« ディズニーハロウィーン2005ページオープン! | トップページ | キーマカレーもイケル! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

そうですね。自分もまだOptioSはまだまだ使えるという印象です。
画質(を語る資格はありませんが)は、自分的にはOptioSのほうが好みですね。
操作性のきびきびしたところは、やはり新しいWPの方が上ですね。

投稿: ClieistD | 2005.08.11 09:00

ClieistDさん,コメントありがとうございます。
やはり,OptioSは,名機ですね。でも,WPは,WPで,得意な条件を探せれば,かなり楽しめそうな気がするので,まだまだ,いろいろなところに連れて行こうと思います。

投稿: HAMACHI! | 2005.08.11 22:07

43WRより防水性能が本格的なWPはいいなと思いました。やはり、威力をはっきり実感するのは水辺ではないでしょうか。
ただ、43WRもWPもなぜか、レンズがPENTAXのお家芸のsmcでないのは何故だろう、と思ったりします。

投稿: クモハ169-1 | 2005.08.13 11:49

クモハ169-1さん,コメントをありがとうございます。WRの写真,楽しませて頂きました。水際ちょい侵入のアングルから水中まで,ただ撮れるだけでも面白いですよね。
WPを積極的に使ってみて,画像の切れの良さは,OptioSに追いつかない部分がある様な気がしてきました。このあたりで,SMCがついてないのかなぁと思っています。

投稿: HAMACHI! | 2005.08.13 12:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/5204284

この記事へのトラックバック一覧です: OptioSとOptioWSの比較 その2:

« ディズニーハロウィーン2005ページオープン! | トップページ | キーマカレーもイケル! »