« 東京ジョイポリス復帰 | トップページ | 夏のプールでOptioWP »

家族で観に行こう・「妖怪大戦争」

YDS
家族で,「妖怪大戦争」を観にいってきました。

<ストーリー>(オフィシャルサイトより)
10歳の少年タダシは両親の離婚により,東京を離れ父親と姉と別れ,母親とボケ始めた祖父と共に鳥取で暮らす日々。漁港で働く母は家を留守にしがち。都会のもやしっ子であるタダシは,クラス メートともまだ馴染めない。 
そんなある日,タダシは神社のお祭りで,大勢の子供の中から世界の平和をもたらすという正義の味方《麒麟送子》に選ばれる。でも,麒麟送子は,大天狗が守るという伝説の聖剣を取りに山の洞窟に行かなくてはならないというのだ。ひょんなことから不思議な妖怪・すねこすりと出会い,家に連れて帰ってきたものの,すねこすりの姿は大人には見えず,なぜかタダシにしか見えなかった。
そんな中,各地で突然子供が消えたり,人間に捨てられた機械などの廃棄物の怨念と妖怪が合体した恐ろしい化け物「機怪」が人間を襲ったりする事件が多発。タダシは日本全国に住む妖怪たちと力を合わせ,人間世界の壊滅を目論む魔人・加藤保憲率いる悪の軍団に世紀の戦いを挑む。
 

<レビュー>出演者もスタッフも楽しみながら作っているのが伝わってくる映画です。出演者やスタッフの顔ぶれもそうそうたるものなので,お得感もあります。主題歌だって,忌野清志郎と井上陽水だし。最初は怪談調なのかな?と思ったら,ギャグとパロディー満載。娘は笑いっぱなしでした。

出てくる妖怪は,特殊メイクの者,着ぐるみの者が主で,けっこうアナログです。前売りについてきたトランプの一枚一枚に妖怪の写真がついているので,見終わってからゆっくり見直せるので便利でした。日本の妖怪って,幽霊や欧米(って括りでいいのか?)のゴーストに比べて,ユーモラスですよね。

妖怪達は,戦いは好まずあえて避けるという設定,だけどお祭り好き。伝聞ゲームで図らずも全国の妖怪が,首都決戦に集結してしまうシーンは圧巻で,かつ笑えます。エキストラも延べ三千人以上だったそうです。ヒロインの「川姫」曰く,怨念(原作)と復讐(映画)は,人間の証とのこと。タイトルは,「大戦争」だけど,妖怪は戦いが好きではないので,戦争にはなりません。大人も子供も,それぞれに楽しめるようポイントもカット割りも考えられている今年の夏休み映画の決定版かも。さらに鳥取のヒト,水木しげるのオバケや妖怪を実写で観たいヒトは必見の映画です。

キャストは,誰がどの役をやっているかをオフィシャルサイトで予習してから映画を観た方が,より楽しめると思います。でも,「加藤」は,嶋田久作にやって欲しかった。最後の最後のシーンは,個人的には必要ないと思いました。
「2」を作るため?

パンフレットは購入しませんでした。
点数は,55点。(点数の参考


敵役アギの栗山千明が出演しているJAバンク三重のコマーシャルは,ハロウィン絡みでぜひ一度ご覧下さい。

写真で見る日本妖怪図鑑
『妖怪大戦争』妖怪推進委員会
角川書店 (2005/07/20)
売り上げランキング: 1,529
おすすめ度の平均: 4
4 妖怪曼荼羅
4 初の全カラー妖怪図鑑

妖怪大戦争
妖怪大戦争
posted with amazlet at 05.08.21
荒俣 宏
角川書店 (2005/07/23)
売り上げランキング: 3,125
おすすめ度の平均: 5
5 色々な妖怪が出てきて楽しめました
「真っ白なウソ」なども,結末は,映画とは違うエンディングのノベライズ本。

そして,


DVDは,2006年2月に発売予定。

妖怪大戦争
妖怪大戦争
posted with amazlet at 05.08.21
角川エンタテインメント (2005/07/29)
売り上げランキング: 1,498
オリジナルの1968年の作品は,↑こちら。

トラックバックピープル「妖怪的話題拾遺」にトラックバックします。

|

« 東京ジョイポリス復帰 | トップページ | 夏のプールでOptioWP »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

妖怪大戦争、面白そうですね。
なんか、68年のオリジナルを劇場で見た記憶がありますが、あまりインパクトは無かったような。

ところで、やはり加藤保憲は嶋田久作でしょうか?
ほんとに怖い役なら、私は鳥肌実を推したいのですが。でも、そうなると家族で行けませんね。

投稿: 貧乏伯爵 | 2005.08.21 15:01

貧乏伯爵さん,コメントありがとうございます。
チープな特殊メイクは,68年版へのオマージュかなぁ?ととる事もできるかなぁ。
映画の最初は,かなり怖くなりそうだったんですけれどね…。

投稿: HAMACHI! | 2005.08.21 22:16

小2の娘が怖がりのくせに『妖怪大戦争』にとっても興味を示しまして、
公開翌日にシネコンに行ったのですが、1時間前なのにすでに満席で断念。
それからまだ行けてないのですが、なんと『帝都物語』の加藤まで出てくるんですか。
これはぜひ行かなくては!

投稿: 二つ目草 | 2005.08.22 19:54

二つ目草さん,コメントありがとうございます!
小学生低学年でも,子供のウケがいいポイントがたくさんあるので,かなり楽しめると思いますよ。夏休み映画の中では,観客動員数も健闘してますよね。
ぜひ,オフィシャルサイトで配役を確認してから,みに行って下さいませ。

投稿: HAMACHI! | 2005.08.22 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/5562012

この記事へのトラックバック一覧です: 家族で観に行こう・「妖怪大戦争」:

» 妖怪大戦争  [Blog・キネマ文化論]
●妖怪大戦争をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 両親の離婚で、東京から母の故郷、鳥取 [続きを読む]

受信: 2005.08.21 22:08

» 妖怪大戦争 [欧風]
昨日、「マダガスカル」の感想を書いたときに、「メンズデーが無いじゃん!謝罪と賠償!」と、9月でもまだ暑い中、松岡修三並に無駄にアツくなってしまいましたが、皆様の情報によると、他のシネコンでもやってるところがあるみたいですね。教えて頂き、ありがとうございます。 で、まあ、帰省中、109シネマズ富谷のメンズデーの金曜日は甥っ子姪っ子が遊びに来たので行けず、MOVIX利府のメンズデー、月曜日に行くって事で、1本目は昨日書いたように、キャンペーン絡みもあり、「マダガスカル」にすんなり決まったのですが、... [続きを読む]

受信: 2005.09.07 19:27

» 『妖怪大戦争』(☆☆☆) [ど風呂グ]
今日は、日本全国で妖怪大戦争が繰り広げられていますが、 先日、期待に胸をすごく膨らませて観に行ってきました!『妖怪大戦争』。 ストーリーにもうちょっとリアリティーが欲しかったところですが、 それでもけっこう楽しめました。 何といっても、小学校の時に勉強して..... [続きを読む]

受信: 2005.09.11 01:44

» 妖怪大戦争 [KINGDOM OF KATHARINE]
私がこの映画に求めていたものは「単純に笑える」、それだけだった。 私の敗因は「少年と一緒に妖怪の住む山の森の中に引き込まれなかった」ことだろう。 「亡国のイージス」は、私には面白かった。 原作を読んでいなかったので登場人物もストーリーの概要もわからないまま..... [続きを読む]

受信: 2005.09.16 22:58

« 東京ジョイポリス復帰 | トップページ | 夏のプールでOptioWP »