« 全豪オープンテニス・中村藍子快進撃! | トップページ | オーストラリアンオープンテニス・シャラポワ,ハンチュコバと対戦へ »

原作ファンのための映画?「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」

ハリーポッターと炎のゴブレット

映画版の第4弾「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」。

のっけから,クィディッチ・ワールドカップの応援合戦には,かなりやられました。

映像は,監督が替わってもすごい。でも,見たことのないような迫力とか,ワクワク感がちょっと足りなかったような気がします。でも,これは,原作をまだ読んでいない僕の意見で,うちの奥さんは,久しぶりの高得点をたたき出していました。

<ネタバレありです>
続きを読む方,まだ観てない方,要注意!

原作の読者とそうでない僕とで,こんなにも印象が違う映画も珍しい。というか,この映画,少なくとも前作を観たり読んだりしていないと,おいてかれることは,確かですね。人によっても,この作品の評価は大きく分かれるようです。

映画での力点が置かれているところと,CMで見所のように扱っているところが違うのも,気になりました。ゴブレットがなぜハリーを追加で選んだか,みんな気にならないのかな?ハリー・ポッターだから?もうちょっと納得のいく理由がほしいな。
ハリーの初恋?どこが?3000人のオーディションをやって,あの程度?3人の成長過程を見せてくれているんだろうけれど,ロンが急にハリーに嫉妬しちゃってどうしようもないくらい亀裂が入ってしまうのも,観ていてちょっとつらかった。しかも学園全体がハリーを疑っちゃうって,あり?
所々で笑えたのですが,ローリングの予告通り映画も全体的には暗かったな。今回は,パズルのような謎解き部分があまりなかったのも,今ひとつに感じた原因かも。

ハラハラドキドキのストーリー展開と魔法アイテムや登場するキャラクターは,まとめきれなかったと言われる前作の「アズカバン」方がよかったと思うのだけれど,これも原作を読んでいる人とは,感想が違うんだろうなぁ。今回のメインキャラが(4人のうち誰かは死ぬと言われているとおり)死んでしまうのも,なんだか後味が悪くて,ハリー・ポッターシリーズらしくない気がします。原作を見ている人の方が,この映画の評価が高いとしたら,やはり原作を読んでいることで,映画を補完しながら観ることができるからだと思います。

原作と対比できることが,映画としての楽しみになっている分を差し引くと(たとえば,あんなに長い原作を,よく2時間半でまとめたとか…),映画そのものの評価としては,どうなんだろう?
まぁ,ハリポタファンは多いので,言葉は選んでいるつもりなのだけれど,僕としては,アズカバンの方が映画としても好きだなぁ。

ま,いよいよヴォルデモート卿との対決のお膳立ては整いつつあるわけで,ヴォルデモートとその一味にほとんどやられっぱなしの今回の映画では,ハリーのすごみ,もてる能力があまり表現されていないように感じましたが,次回作にも当然期待してますよ。

というわけで,58点。
パンフレットも今回,シリーズ初めて,買いませんでした。

そうそう,最後のエンドロールに,「映画に出演したドラゴンには,虐待等の不適切な扱い方はしていません。」という動物の時の決まり文句が,そのままでていたところは,笑えましたよ。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ (2006/04/21)


ところで,いい加減,「海賊版撲滅キャンペーン」のCMを,本編上映直前に流すのは,やめてもらえないかなぁ。ちゃんとお金払って,映画館まで足を運んでみているし,お気に入りの映画は,DVDも買ってるのに。映画館に来る人は,海賊版を作ったり見たりする予備軍と思われているのかな。テレビコマーシャルでやれば,十分だよね。もう,黒いナミダなんかみたくないよ。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)
J. K. ローリング J. K. Rowling 松岡 佑子
静山社 (2002/10/23)
売り上げランキング: 8,902
というわけで,原作,読み始めました。

|

« 全豪オープンテニス・中村藍子快進撃! | トップページ | オーストラリアンオープンテニス・シャラポワ,ハンチュコバと対戦へ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あ〜、ハマチさんの言ってる映画の問題点って実は原作の問題点そのものだったりします。正直、原作のそういう部分はかなり目をつぶらないと読んでいけない、、、。
ハリー・ポッター関してはかなりご都合主義なんですよねぇ
この小説、子供に読ませるのは実は危険なんじゃないのかなぁと思うようになってます
(主観的に)悪い奴、嫌いな奴には何をしてもかまわない
良い事のためにはルールを破ってもかまわない
自分は実は特別なんだと勘違いさせる
ん〜正直、好き嫌いで言うとかなり嫌いな本です
でも、楽しく読んで、映画も楽しく見てます(笑)

投稿: zin | 2006.01.20 15:08

zinさん,コメントありがとうございます。
回を追う毎に,ハリポタは,ドロドロの暗いドラマになっていくのは,読者が望んでいることなのかな?と思ったりもしますが,3人しか選ばないはずのゴブレットが,4人目を選んだことも,名前を言ってはいけないヒト(今回の映画では,もうほぼ,解禁状態でしたが)のなせる技なんて,やっぱりご都合主義かもしれませんね。
映画版は,観客が観ていて,スカッとするような場面を多くしてもらえれば,うれしいな。原作通りでなくてもいいから。

というわけで,なんてゴチャゴチャ言いながらも,最後までハリポタ,つき合う覚悟はできてますよ。

投稿: HAMACHI! | 2006.01.21 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/8178961

この記事へのトラックバック一覧です: 原作ファンのための映画?「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」:

« 全豪オープンテニス・中村藍子快進撃! | トップページ | オーストラリアンオープンテニス・シャラポワ,ハンチュコバと対戦へ »