« ここは,かつて,駅だった。「旧万世橋駅遺構」 | トップページ | 他流試合 »

万世橋駅遺構 -失われた幻の駅-

交通博物館・旧万世橋駅遺構特別公開イベントの続きです。

今はもう,その全景をみることができない旧万世橋駅は,後に東京駅を設計した辰野金吾による堂々たる赤レンガ造りでした。内部をみることができる機会も,いよいよ明日でおしまいです(遺構見学の予約は,終了)。

レンガアーチ

remains of former station 01
拡大

東京のど真ん中に,60年前から時間が止まったままの場所がありました。

このスペースは,
TRANSPORTATION MUSEUM JAPAN
ここの裏側にあたります。

この部屋に設置されたスクリーンでは,旧万世橋駅や交通博物館の歴史をまとめたショートムービー(約6分間)が上映されました。プレゼンテーションとしては,秀逸のデキ。売り出されたら買いたいほど。

arch roof above the Japanese pub
レンガアーチといえば,このお店もそうでした。

万世橋駅は,国鉄の中央線の始発ターミナルとして栄え,神田須田町界隈の当時の喧噪までが,このアーチの下にいると,実際に見えたり聞こえたりしてきそうな錯覚を覚えます。

実際には,

remains of former station 02
暗く,

remains of former station 03
黴くさく,

remains of former station 04
狭い通路が,残っているだけなのですが,

remains of former station 05
このイベントに参加された方なら,たぶんわかってもらえるかもしれませんが,何もない,この幻のような場所から,なにかが伝わってくるような気がしませんでしたか?


次は,駅のホームへと続きます。

<参考>
交通博物館:70年の旅路に幕 老朽化で14日閉館−−家族連れで連日大盛況(毎日新聞)
「交通博物館」を話題に取り上げたブログの数もウナギのぼり
みけさんの「猫の目スチル」でも,詳細に遺構と交通博物館が紹介されています。ウオノメ,やっぱり便利ですね!必見です。

|

« ここは,かつて,駅だった。「旧万世橋駅遺構」 | トップページ | 他流試合 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます(^-^) 行かれましたか。
そういや明日で最終日なんですね。私も子どもの頃から慣れ親しんだ場所なので、東京からなくなってしまうのは非常に淋しいです(ToT)
この遺構はこの後一体どうなるのか…。 できればこのままの状態で保存されて、またたまにでも一般公開で中を見学できるようになるといいんですが。

投稿: みけ | 2006.05.13 21:37

みけさん,おいでいただき恐縮です。コメントありがとうございます!(お手数おかけしました。m(_ _)m)

行ってきました。行って良かったです。おかげさまで,ブログにこうやって書くことで,交通博物館に,お別れが言えたような気がします。
あの場所,旧万世橋駅にあるからこそ,交通博物館の価値があるという部分はありますよね。さいたま市じゃ,ちょっと遠いし…。

遺構見学会は,今後も年に1度とかっていうようには,ならないでしょうかねぇ。

投稿: HAMACHI! | 2006.05.13 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/10029703

この記事へのトラックバック一覧です: 万世橋駅遺構 -失われた幻の駅-:

« ここは,かつて,駅だった。「旧万世橋駅遺構」 | トップページ | 他流試合 »