« 車,大好き | トップページ | 万世橋駅遺構 -失われた幻の駅- »

ここは,かつて,駅だった。「旧万世橋駅遺構」

entrance card for remains

萬世橋驛

かつて存在していた中央線の一大ターミナル。

この駅が,交通博物館として併設開業したのは,1936年(昭和11)。そして,1943年(昭和18)に駅としての役目を終えた万世橋駅。交通博物館に残る,普段は見ることのできなかったこの駅の遺構が,公開されていました。

まずは,一般のお客さんも見られる場所から。

stair to platform
旧万世橋駅・中央階段跡

1912年(明治45年)4月1日の万世橋駅開業と同時に作られた乗車ホームへ続く階段。交通博物館に置かれている1号機関車と模型鉄道パノラマの間に見える荷物搬入用シャッターが,かつての駅の入り口(入場パスの写真を撮った場所)で,旧鉄道博物館(現・交通博物館)の開館後は,万世橋駅ホームから博物館内に直接入ることができる博物館専用の特別来館口の上降階段として,駅廃止まで使用されました。

階段は,石張り。天井まで達する壁面のタイルも手がこんでいます(あとのエントリーでお見せする見学用の階段は,途中からコンクリート)。かつての駅の痕跡は,梁なども含めて,今もなお博物館内部の随所に残されています。

残念ながら,遺構見学(予約制)は,閉館日もすでに満員。当日受付もない模様。ご注意を。

Manseibashi station TRANSPORTATION MUSEUM JAPAN
閉館記念の煉瓦壁のライトアップも,5月14日まで。

写真の枚数が多いので,3回ほどに分けて,万世橋遺構の写真をエントリーにする予定です。しばらくおつきあいのほどを。

|

« 車,大好き | トップページ | 万世橋駅遺構 -失われた幻の駅- »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/9937847

この記事へのトラックバック一覧です: ここは,かつて,駅だった。「旧万世橋駅遺構」:

« 車,大好き | トップページ | 万世橋駅遺構 -失われた幻の駅- »