« 開きっぱなしの改札口 | トップページ | 必要十分な駅 »

フェデラー,2006年ウィンブルドン男子単4連覇。女子単,モレスモ悲願の初優勝!

オーストラリア滞在時から,テレビに釘付けだった2006年のウィンブルドン。いよいよ最終日になってしまいました。

今年の決勝は第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)対第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)という,全仏決勝と同じ顔合わせ。同じ年の全仏オープン決勝と全英オープン決勝が同じ対戦カードなのは,実に54年ぶりとのこと。成長著しいナダルは,ウィンブルドンの決勝に初進出。

フェデラーは,今期ナダル以外の選手に対しては,圧倒的な強さをみせていますが,全仏を始めとして,ナダルに対しては,負け越しているという具合。正確無比でテニスロボットのようなフェデラーに対して,強力なストロークと豪快な野性味,豊富な運動量を誇るナダルとの決勝戦は,かなりハイレベルな戦いになりました。

結果は,6-0,7-6,6-7,6-3で,粘るナダルを振り切って,フェデラーの優勝。
ナダルも,フェデラーの全試合ストレート勝ちでの優勝を阻みました。フェデラーは,四大大会では通算8度目の優勝,芝のコートでの連勝記録を48に伸ばしました。ウィンブルドンは,4連覇。すごい!

女子シングルスは,1月の全豪オープンの決勝と同じカードとなった全英オープンの決勝でしたが,全豪では,エナンが体調不良のため途中棄権でモレスモが優勝するという,ちょっと中途半端な結果に終わっていたため,仕切り直しのような試合となりました。

モレスモは,準決勝のシャラポワ戦などでもやや危ないところがありましたが,第1シードのアメリ・モレスモ(フランス)が,全仏オープン2連覇の第3シード,ジュスティーヌ・エナン・アーデン(ベルギー)に2-6,6-3,6-4で逆転勝ちして初優勝。

エナンは,女子史上10人目となる4大大会全制覇(キャリア・グランドスラム)のチャンスを逃しましたが,来シーズンに期待しましょう。モレスモは,この優勝で,勝ち癖がつきそうですね。

ナダルにしろフェデラーにしろエナンにしろ,クレーと芝というサーフェスの違う全仏と全英オープンを連続して勝つというのは,とても難しいことなんだと改めて思いました。

そうそう,フェデラースペックのラケット,「Wilson(ウイルソン)nSix One Tour Federer」が世界で2000本限定で,発売。

仕様は,
Head size 90 sq.inch
Weight 340g
Balance 30.5 cm
Length 27 inch
String pattern 16x19

フェデラー4連覇なるかお急ぎ下さい!世界限定2,000本!R.フェデラー使用ラケット&ストリング...
フェデラーウィンブルドン4連覇。世界限定2,000本!.Wilson(ウイルソン)nSix One ツアー・フェデラー

ナダル使用ラケットは,バボラ・アエロプロドライブ(babolat AERO PRO DRIVE)。インプレは,こちら


新着テニスラケット

|

« 開きっぱなしの改札口 | トップページ | 必要十分な駅 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/10863069

この記事へのトラックバック一覧です: フェデラー,2006年ウィンブルドン男子単4連覇。女子単,モレスモ悲願の初優勝!:

« 開きっぱなしの改札口 | トップページ | 必要十分な駅 »