« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

ディズニーハロウィーン2006で仮装できる日

ディズニーハロウィーンのイベント開催期間は,9月12日〜10月31日まで。
オフィシャルサイトでは,ハロウィンイベント全体のページは,できあがっていませんが,仮装についてのお知らせページがついに登場。そろそろ,お手製のドレスやコスチュームを鋭意製作中の方もいらっしゃるでしょうね。

仮装の心得
 ディズニーキャラクターのみ。
 裸足やフルフェイス,長いドレスなど安全確保のために禁止の仮装も。
 仮装によっては,アトラクションが利用できないことも。
 パーク内外のレストルームで,仮装に着替えないこと。等々

プチコスフルコスの説明。
 とくに,中学生以上の大人が全身コスチュームで仮装することができるのは,ハロウィンイベントスタート日の9月12日(火)と10月29日(日),ハロウィン当日の10月31日(火)に,全身,ディズニーキャラクターになりきる仮装ができることになっています。(小学生以下は,イベント中毎日可能)

ディズニーキャラクターへの仮装がオフィシャルに認められる日が,来年も続くように,ぜひ,ルールとマナーを守って,ハロウィンイベントを楽しみましょうね。

うまいなぁと思うのは,昨年までは,ハロウィンイベントスタート日に,記念品を配っていたのですが,今年は,9月20日と,ずらしていること。コレクターは,2度,3度と足を運ぶことになりそうですね。

そうそう,2006年9月1日から,入場料金も改定になります。ご注意を。

ディズニーキャラクターのコスチュームは,ディズニーストアなどで入手できる既製のものも結構ありますよ。


そうそう,TplanetというTシャツショップで,トラックバックキャンペーンをしています。
欲しいTシャツの下にあるトラックバックURLを使って,ブログからトラックバック,用意されたフォームから応募すると,DisneyオリジナルTシャツを抽選で,プレゼント。
ハロウィン的には,ヴィランズ系のWitchShadowかな。

<参考>
ディズニーキャラクターのコスチューム,仮装を「楽天」で検索
ディズニー コスチューム コレクション
昨年のディズニーハロウィーン初日の様子
ハロウィン・ジャパン・インフォ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりまわしと高画質の両立にレンズ一体型一眼レフデジカメ。


コンデジとデジイチの間に,レンズ一体型一眼レフタイプデジカメというジャンルがあります。
一眼レフのようにレンズの交換はできないものの,大口径のレンズがボディ一体となり,デジイチに近い写真品質と高機能を持っています。また,デジタル一眼レフカメラでは実現できない動画撮影機能も魅力です。

以前から僕が気になっているのは,ライカレンズを搭載して,標準からかなりの望遠まで守備範囲としたパナソニックのLUMIX FZシリーズ。

ちょうど,F1の転戦とともに世界中を回るF1ジャーナリスト尾張正博氏が,グランプリ開催地のさまざまな風景やグルメを紹介する「F1ジャーナリストのフォトダイアリー」,F1のまわりの世界を垣間見ることができて,なかなか楽しいブログになっています。

フランスでは,日曜日にトラックが走ることが違法だなんて,知ってました?なんてのんびりした国なんでしょう。

モナコは,僕もヴァン(!)で走ったことがあるので,あのトンネルとか,カジノとか,豪華ヨットが停泊するハーバーとか,とても懐かしくみてしまいました。

現在,尾張氏が使用しているのは,パナソニックのデジタルカメラLUMIX FZ30。たぶん,この後継機種で,1010万画素CCDと高感度に対応したFZ50が,この8月下旬に発売になるので,シーズン途中で持ち替えることになるのではと,期待しています。

掲載された鮮やかな写真の数々は,800×600ピクセルにまで拡大することができるので,じっくり見ていると,コンデジの新しいのを買うより,デジイチのサブ機に,レンズ一体型デジイチ(なんかいい略し方ないですか?)欲しくなってきます。フランス編のブルケッタの写真なんて,ちょっとよだれが出そうなくらい。

F1を追いつつ,人生も楽しんでいるようにも見える尾張氏のブログ。LUMIXのドメインサイトではあるものの,F1ファンでなくても,充実した内容になっています。シーズン終了まで読んでいこうと思います。

サイバー・バズより依頼があって見に行ったサイトだったのですが,しっかりはまってしまい,ほんと,今,「新しいカメラ欲しい病」にかかっているので,かなり危険なブログです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっという間の126分。「M:i:III(ミッションインポッシブル3)」

オリジナル・サウンドトラック『M:i:3(ミッションインポッシブル 3)

公開前から,新幹線やお台場で派手なプロモーションを繰り広げるなど,話題のトム・クルーズ主演の映画「ミッション・インポッシブル3」を観てきました。

現在は引退し,教官として優秀なスパイの育成に務めている,イーサン・ハント。最愛の女性と本当の仕事を隠しながら結婚。だが,教え子救出の極秘任務にかり出されて,さぁ大変!というストーリー。

続きを読む "あっという間の126分。「M:i:III(ミッションインポッシブル3)」"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

SPAMで笑っちゃうことは,まず無いのだけれど…

メールのタイトルがすごい。

「主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました。」

ご主人が,シンガポールに危険な出稼ぎに出かけられていて,事故にあったということのようですが,まぁ後の中身は,アダルト系でご想像の通りなのだけれど,これはついスパムだとわかってても,開いちゃうよなぁ…。

ちなみに,シンガポールやマレーシアには,オオアリクイは,いないそうです。

インパクトのあるスパムでした。

お返事を書けば,もっと詳しい話が聞けるらしいけど,まぁ,ここまで。

面白いのは,Yahoo!Japanで,「オオアリクイ」を検索すると,関連キーワードに,「シンガポール オオアリクイ」と表示されること。

みんな,検索しているんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりFAQは,読むべきだ。

PowerBookG4では,かっこつけてUSキーボードを使っているのですが,ATOKの入力でデスクトップだと使えるファンクションキーが,なぜかPowerBookでは使えず。

インターネットのどこかにそういえばそんな情報を見かけたかも,と探してみるものの,全く見つからず。メインマシンじゃないかとそのままにしておいたのですが,先日ATOK2006を導入したのを機に,ふと,気がついて,ATOKのサポートページで検索したら,FAQにありました

やはり,FAQやヘルプって,探してみるもんですね。

当たり前ですか?
でも,困ることがあるのはたいていWindowsで,Windowsだと,困ったときのヘルプ,全く役に立たないことが多くて…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

号外に感心した。

newsboy
東京駅周辺でなにやら号外を配る,クラシカルな出で立ちの新聞少年。

Extra!
「Mystery」の文字が,人目を惹きます。

引き寄せられるように,つい号外に手を出してしまいました。

謎解きは,↓続きを!

続きを読む "号外に感心した。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中期目標の設定

tennis court

プライベートでは,割と目標を低いところに設定して,徐々に進むことで満足してしまうタイプなのですが,短期のゴール設定は,まぁそれでいいとしても,体力アップやダイエットは,どうもそれじゃいけない気がしてきました。

もともと短距離タイプなんですよね。学生時代に,ボート漕いでいたときも,そういやそうでした。

テニスはだんだんわかってきたことも多いものの,先日のテニスブロガーオフに参加させて頂いて,みなさんのテニスにかける情熱に刺激を受け,基礎トレもしつつ,もう少しいろいろな場所で他流試合をした方が,世界が広がるような気がしてきました。なので,そろそろ試合にも出てみようかと思います。

そう,中期目標の設定です。

目標は,「オフィシャルな試合で,1勝」すること。

え?まだ甘いって?

「目標は,低く」です(笑)。
どなたか,こんな僕でも1勝できる草トーがあったら,教えてくださいませ。
で,お暇でしたら,ペアを組んでくださいm(_ _)m

やっぱり,甘いか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「S」の潮流が止まったかと思ったら,「PENTAX OptioS7」発表!

とうとう,セブンです。

ペンタックスからはすでに800万画素の手ぶれ軽減機能付きコンデジがでて,OptioSシリーズの開発が止まったかと思ったら,最新機種として「S7(えすなな)」が発表されました。「S7」は,CCDが700万画素の1/2.5型。「A10」は,CCDが800万画素の1/1.8型CCDと大型なので,きちんとクラス分けができているようですね。

A10」は,OptioSシリーズの上位機種という位置づけのようです。S7は,2005年11月発売のコンパクトモデル「Optio S6」の後継機種になります。

S7には,手ぶれ低減モード(CCDシフト式ではなく,感度を上げた高速シャッターによる)だけでなく,Optio W10から搭載された「顔認識AE&AF」も搭載され,最新コンデジとしては過不足ありません。動く被写体にピントを合わせ続ける自動追尾AFと手ぶれ低減モードに加えて,動画手ぶれ補正機能もあるので,撮影できる対象もますます広がりそうです。

本体サイズは高さ53.5mm×幅85.5mm×奥行き19.5mmで,重量は100gと,胸ポケットに入れても気にならないほど,相変わらずのコンパクト。さすがSシリーズ。

8月中旬より発売。

<参考>
PENTAX OptioS7」(オフィシャルサイト)
ペンタックス、「顔認識AF & AE」を備えた「Optio S7」 (インプレス デジカメウォッチ)
ペンタックス、ぶれ軽減モードなどで利便性を追及した700万画素の「オプティオS7」(CNET Japan)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サービス(練習),絶好調!!で,ヒートアップファイヤー!

今日のスクールは,5名。
いつもよりも人数が少ない分,たくさん球数が打てました。

クロスのロングラリーとサービス&リターン練習を主に。
で,サービス練習では,コーチも相手に。

フラット,似非スピン,スライスと3球連続で,コーチからポイントをとれたので,もう大満足。

ついこの間,そろそろガットが…と言っていたのがウソのようにキモチよくサービスが決まってくれたので,もうちょっとアルパワーに頑張ってもらおうかなと思いつつ,球出しのボールが安定しないのは,やはり,ガットが怪しいんでしょうね。来週から,いよいよガット張りキャンペーンだそうです。真っ先に出そうっと。

今日のコーチからの一言
良い点。サービスのスピードとコーナーをつくスライスはなかなか。
悪い点。トスが安定していないので,サービスの確率が低いため,リターン側としては,ちょっと安心して待っていられる。

コーチ:「トスを安定させましょう。」

僕:「うーん。ガットのせい?」

人の話はよく聞きましょう。

というわけで,
ヘッドから新しいラケットが7月21日に発売されています。

まず,色からして真っ赤に燃えるファイヤーモデル。
NEWヘッドフレックスポイントファイアー(FXP ファイアー)秘境的スピード放出
NEWヘッドフレックスポイントファイアー(FXP Fire)

ファイヤーは,ラケット厚みに特徴が。
トップは23mm,
フレームの9時3時部が25mm(+フレックスポイント)
シャフト部21mm。
シャフトのしなりと,スィートスポットでの反発の良さが期待できそうです。
しかも,ストリングパターンは,やや粗めの16×19で,スピンやスライスが気持ちよさそう。
フェイス面積は,102inch2で,重さが280g。長さは,27.25inchとほんのちょっと長め。
スイングスタイルは,L1で,女性にも使いやすそうなモデルに思えます。

一方,ライムグリーンのコスメは,どことなくWilsonのnPro98っぽいかなとも思いますが,
NEWヘッドフレックスポイント ヒート
NEWヘッドフレックスポイント ヒート(HEAD Flexpoint Heat)”

ヒートのフェイス面積は,ファイヤーと同じ102inch2。重量は,285g。
フレーム厚も22mmフラットで,ストリングパターンは,18x19とコントロール性重視。
「ヒート」の方が,L3なので,ややスィングの早い男性ストローカー向けかな。

女性向けには,もうすぐ日本でも発表されると思われるシュティフィ・グラフ共同開発の「エアーフロー(リンク先音でます。注意)」シリーズ待ちかも。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

月島・草市 2006

Tsukishima Kusaichi01 ノーファインダーで

昨年とは様相ががらっと変わった月島の草市(今年はすでに終了。7月12~14日)。

どの出店も屋台というよりは,学園祭の模擬店っぽくなったのが,評価が分かれるところかも。

Tsukishima Kusaichi02 Ika-yaki

いや,とにかく人いきれと暑さで,ヘロヘロ。何か食べる気にもなれませんでした。
でも,イカ,うまそうだったな。

Tsukishima Kusaichi04 manicure fishing
釣り上げたマニキュアは,みなさん,使うんでしょうか。

昨年(2005年)の様子は,こちら
使用レンズは,昨年が50mm。今年は43mm。

続きを読む "月島・草市 2006"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライス米長官がレバノン入り、シニオラ首相と会談

画面をスクロールさせながら,横目で眺めていたら,

「ライスがレバニラ」???

ごめんなさい。

疲れているみたいです。

早く,事態が収拾するといいなぁ。アメリカは,本気で対処する気があるのだろうか。

終末時計 世界破滅まであと7分

本物のニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身体に染みついた変換「ATOK 2006 for Mac」

ATOK 2006 for Mac CD-ROM

というわけで,この文章も新しく手に入れたATOK 2006 for Macで書き込みをしています。

今回のATOK 2006 for Macの最大の特長は,なんと言ってもユニバーサルバイナリー化。
今までのPowerPCMacだけでなく,インテルCPUに対応したこと。長年慣れ親しんだATOKがインテルCPUに対応してくれないことには,新しいMacを買う気持ちになれなかったのです。
これで,僕もインテルCPUに移行する準備がほぼ整いました。

で,使ってみたところ,かなり軽快に動きます。
変換精度も含めて,感覚的に今までよりも(体感で5%程度かもしれないけど),反応がきびきびした感じがします。インテルMacは,まだ触っていないので検証できないけれど,CPUパワーはある分,インテルMacでもかなり期待できそうです。変換候補を文章の流れを推測して先読みして候補を表示してくれるのも便利。変換候補に出てこない単語を,一文字ずつ入れていくと,辞書登録のアシストまでしてくれるという至れり尽くせりぶり。

で,実は,このATOK 2006 for Macには,イースターエッグが…。
といっても,ほとんどのヒトには,なぁんだってことなのですが, このバージョンを開発する最終段階でβテストが行われ,その際に希望者は,「開発協力者」として,名前が掲載されているのです。
インストールCD-ROMにあるファイルをATOKのウィンドウにドラッグ&ドロップするという作業をすると,ずらずらと

僕の名前もありました。
(順不同なので,探すのが結構大変なんだ (^^ゞ )

ちょっとうれしい。

まぁ,これもある種のマーケティング戦略なのかもしれないけど,記念になりますよね。Windows版は,一太郎2006を購入。ジャストシステムが弱体化するのは,困るんですよ。ほんとに。

僕が購入したのは,ATOK 2006 for Mac[電子辞典セット] CD-ROM版。明鏡国語辞典と僕の好みの辞書「ジーニアス英和・和英」が含まれています。
最近は,インターネット上の辞書をよく使うようになったのですが,やはり漢字かな変換のシステムに辞書がついていると,便利,便利。ますます紙の辞書を引かなくなりそうですが。

でね,パッケージが,ジャストシステムっぽくないんですよ。インストールCDの入った箱を開けると,花びらの大きな写真にCD-ROMが包まれて出てきます。このあたりAppleのデザインで,「うわぁ!」っとため息が出る雰囲気をマネしたのかも。しばらく使い込んでまたレポートしてみます。

とにかく,軽快。
入れて良かった。
あとは,Macの次期デスクトップと新OSのレパード待ち。

ATOK 2006 for Mac[電子辞典セット] CD-ROM
ジャストシステム (2006/07/14)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

土用の丑の日なので,

夏バテというよりは,梅雨の天気がいつまで続くのか,うんざりという感じですが,いかがお過ごしですか。今日は,今年の土用の丑の日。せっかく撮ったウナギの写真を出していないことに気がつきました。

先週すでに「小島屋」のエントリーをあげてますが,もうひとつ,いってみましょう。

Ibashou 01

昨年の愛知万博の時に,どうしてもまた行きたかった「いば昇(いばしょう)」。
東京に戻る新幹線の時間が気になりつつ,「錦のいば昇さんに」とタクシーの運転手さんにお願いしたら,場所を知らず,ちょっとorzでしたが,ほとんど開店と同時に到着。

Ibashou 02

ビルの建ち並ぶ繁華街に,この佇まい。
店内は,ちょっと薄暗く。この雰囲気が好きなんですよね。
ひつまぶしの老舗。

Ibashou hitsumabushi
備長炭で表面はパリっと香ばしく,中はふっくら。味付けはそれほどくどくなく,さっぱり目な分,ウナギの良さが伝わってきます。ここのお店のお茶漬けは,ほんとのお茶です。

食べ終わった頃には,いつものように店内に長い列が。「あつた蓬莱軒」に慣れたら,ぜひ,こちらのお店も。

ごちそうさまでした。

いば昇
住所:愛知県名古屋市中区錦3-13-22 
電話 :052-951-1166

さぁ,ウナギ食べて,元気出していきましょう。


東京五つ星の鰻と天麩羅

人気のウナギ蒲焼き,口コミランキング

「鰻のひつまぶし」は,こちらへ

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ハロウィンまで,あと100日!

Halloween Treats

いよいよあと100日。10月31日のハロウィンまで,あと3カ月ほど。

カウントダウンには,まだ早いですが,イベントの主催者の方々は,ワクワクドキドキ+忙しくなり始めているのでは?

今年は,10月31日が火曜日。各種イベントは,10月28日(土)と10月29日(日)およびその前の週末に集中する事と思われます。

「まわりぶろぐ」・「ハロウィン・ジャパン・インフォ」では,今年も,ハロウィン好きの皆様が,ハロウィンをよりハッピーに楽しめるよう情報をたくさん集めて,皆様と一緒に盛り上がっていきたいと思っていますので,耳寄りな情報,アイデアなどありましたら,お気軽にコンタクトしてくださいね。どうぞよろしくお願いいたします。2006年のハロウィン情報は,こちらにまとまっていきます。

イベントのご連絡は,ハロウィンイベント告知用のエントリーを作りましたので,イベントを企画されている方でブログをお持ちの場合は,トラックバックをお願いいたします。

「まわりぶろぐ」へのトラックバックやコメントは,増え続けるスパムのため,現在,認証後に表示されるようになっています。お手数をおかけしますが,ご理解,ご協力の程,よろしくお願い申し上げます。また,蛇足ながら,情報利用の判断は,最終的にはご自身で決定してください。

また,個人の皆さんが,ハロウィン関連のエントリーをブログで書かれましたら,是非,ハロウィンピープルにもトラックバックをお願いします。まわりぶろぐへのコメントもお待ちしております。

ハロウィンイベントを見に来て!なんてお誘いもあったらうれしいな。日本全国どこへでも!って訳にはいきませんが,ぜひ,ご自慢のイベントを取材させてくださいませ。

ハロウィン情報満載の「ハロウィン・ジャパン・インフォ」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コントロールが悪い日は,ガットのせいにしたくなる。

ま,タイトル通りなんですが,
夏だし,3ヶ月経ったので,さすがにそろそろガット張り替えないと。

スクールで張ってもらうのが便利なんだけど,張り上がりに時間がかかっちゃうので,いつも躊躇しちゃいます。で,張りに出したら出したで,待っている間に,新しいラケットが欲しくなっちゃうんだよね。

で,近くのショップは,なんだか口うるさくて,こっちがお客さんじゃないキモチになるので,最近は行ってません。テニスブロガーオフの時に,話題に上ったあのお店。

素人にも優しい,いいお店ってないかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ちょっと懐かしかった。

No Light Train for a while

ブリスベンの電車の電灯は,駅が近づくと一瞬消灯されます。
ポイント部分など電気の軌条が途切れている区間があるのでしょうか。

昔の地下鉄銀座線を思い出して,ちょっと懐かしくなりました。

July 1st, No Smoking start
そうそう,ブリスベンのあるクィーンズランド州では,7月1日から鉄道では全面禁煙。
吸うと罰金だそうですよ。

日本でも7月からタバコ値上げ。免税で買えるということで,6月末の日本国内の空港の免税品店でのタバコの売り上げは,ものすごかったでしょうね。

オーストラリア・ブリスベンの鉄道関連のエントリーは,これでおしまい。

知らなかったとは言わせない。
押し忘れにご注意を!
開きっぱなしの改札口
必要十分な駅

新生「PENTAX PEOPLE」の,全国各地,アイデア一杯の月例TBフォト企画(1) 『駅』に,遅ればせながら,トラックバックします!すでに40以上のトラックバックが集まっていて,大盛況!
ゆうひぶたっくさん,ありがとうございます!

あとは,TBPの「鉄道写真にも」TBしちゃおうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残金表示は気持ち悪い。

10月から開始されるSuicaのオートチャージ機能に対応した改札をいろいろなところで見かけるようになりました。オートチャージ機能とは,改札通過時にSuicaの残高が足りない場合,自動的にチャージされる機能。

今までは,Suica定期使用時に,使用期限が近づいたときとSuicaから乗り越し分を差し引かれるときなど,決まった条件のみで,いつもと違う表示になるのは,まぁOKだったのですが,今度のSuica対応の新型自動改札機は,常にSuicaの残金表示が。

気持ち悪いんですけど。

普通,お財布の中身って,人に見せたり,人に教えてもらったりするもんじゃないでしょ。
しかも,オートチャージ機能がつけば,Suicaを落としたときに,誰かに使われちゃうんじゃないかと,気が気じゃないですよね。
オートチャージされたときだけ表示されれば,十分でしょ。
将来的には,カードに残金表示が出るように,ぜひ改良してもらいたいものです。

そうそう,評判の悪い,Viewカードが必ず必要になるモバイルSuicaも,Easy モバイルSuicaというサービスにより,クレジットカードの登録が要らなくなるとのこと。一歩前進かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジエター・スプリングスに行きたくなった「カーズ」

都会育ちの人気レーサーが迷い込んだのは,地図から消えた町,
「ラジエーター・スプリングス」。

映画「カーズ」日本語吹き替え版を観てきました。

カーズ ( Cars ) オールキャスト ポスター

車好きの人は,必見。I-40を知っているノースカロライナに滞在したことのある方も必見。カーレースが好きな人も必見。タイヤカスまで,再現されてます。

笑いあり涙ありの夏休み映画。主人公が成長する物語という点でも,もはや映画の「ブレイブ ストーリー」は,全くかないませんね。日本語吹き替え版は,劇中の新聞や看板,トロフィーなどが日本語表記に。DVDになったときは,どうなるんだろう?そうそう,ジローラモさん,適役でしたね。

3DCGは,毛の生えていない車だけに,楽だったんじゃないかと思いつつも,車のボディにネオンサインが写り込む夜のシーンには,もう,うっとりです。そして,エンジンの爆音も!

この映画,人間は,ひとりも出てきません。動物も含めて,すべて擬人化ならぬ擬車化されています。過去のピクサー映画までも…。

クライマックスでは,ぐっと涙をこらえました。

90点

字幕版も観たいのでDVD購入,決定です。パンフも購入。シール付きでした。

映画部門を大幅リストラなんてニュースが入ってきたディズニー映画ですが,ピクサーがいれば,なんのそのって感じ。そうそう,この映画も,エンドロールが終わるまで,席立っちゃだめですよ。

公式サイトでは,主人公のライトニング・マックィーン,ぐりぐり回せます。
壁紙もダウンロードして,さっそく使ってます。

カーズ DVD プレミアム・ボックス
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006/12/06)


カーズ
カーズ
posted with amazlet on 06.11.01
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006/11/08)

DVDソフトをPCでリッピングして海賊盤を作成する行為を防ぐため,ブエナ・ビスタでは自社のDVDソフトにMacrovisionの「RipGuard」技術を導入しています。RipGuardは,DVDディスクのオーサリング,ROM複製時などに独自の行程を加えることで,ビデオファイルやIFOファイルなどのリッピングを防止する技術です。このRipGuardが原因と思われる,カーズを含む15タイトルのDVDが再生できない現象が,特定のDVDプレーヤーで起きています。ご注意を。(参考:ブエナビスタ・リリースインプレスAVウォッチ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

フェデラーになってみよう!

別にフェデラースペックのラケットを持って,フェデラーのお面(んなもんあるのかいな)をつけて,テニスをするわけではありません。

昨日のスクールのテーマでした。

まぁ,インパクトの瞬間までボールから目を離すなという練習。

インパクトの瞬間に,すぐボールの行方を追ってしまうと,ストロークでもサービスでも軸がぶれる。きちんと目をボールに残すことで,スイートスポットに近い打点で,しっかりとしたボールが打てるという理論。

やってみましたよ。
む,むずかしい。やっぱり,ボールの行方,気になっちゃいますね。

サービスはね,打点をしっかりみることで,いつもよりも確率が上がったようです。

ま,しばらく気をつけてやってみます。

それから,フォアのストローク,もっと腰をひねるように。
腰のヒネリを加えることで,よりボールにパワーを乗せることができる。

これも,すぐ忘れちゃうんですよね。

頑張ります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新型動物占い。

先週末のテニスブロガーオフでは,とにかく,みなさんテニスがお好きなのが,プレースタイルやお話から,ひしひしと伝わってきます。で,それぞれの方のブログをまた読み返しながら,さらにそれを実感しつつ,僕は,テニスに対して,まだまだ真面目じゃないなぁと,ひとしきり反省。

そんなわけで,次の日は,鰻を食べにいったのです(どんなわけじゃ!)。

で,自分を見直すために,占いをやってみました(支離滅裂)。

進化型動物占い
以前のものに比べて,ずいぶんとバージョンアップされているんですね。今度のは,性格,感覚,行動まで占ってくれます。

で,僕は,いままで普通の「サル」だったのですが,新しい方の結果は,

Monkey46


「自分のペースを貫きたい人です。」,「誉められると頑張るタイプ」ですって。
もう,その通り!(←しっかり,ハマってる。「調子に乗るタイプ」ってどっかに書いてありそう…。)

チェックは,こちらから。

改訂版人間まるわかりの動物占い (小学館文庫)
ビッグコミックスピリッツ
小学館
売り上げランキング: 1265


マジカルインデックスもパターン分析だけは無料でできるのですが,それ以上のことをやろうと思うと有料になるんですね。占いも一大産業になっているのだとは思うけれど,最近,占い関連のエントリーを書くと,必ず占い関連のトラックバックスパムが付いてくるんですよね。要らないからネー!送ってこないでよー。

余計なトラバスパムさえなければ,コメント・トラバ欄も承認制にしなくてすむのに…。
皆様,お手数をおかけします。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

| | コメント (10) | トラックバック (0)

おいしいうなぎ・さいたま市「小島屋」

2006年の土用の丑の日は,7月23日と8月3日。

平賀源内と大田蜀山人に誘われて,ウナギの大混雑を避けるために,土用の入りを前に一足早めにウナギを求めて,小ドライブに行ってきました。

場所は,さいたま市の川魚料理・鰻の「小島屋」。創業200年の老舗だそうです。Pさん,教えて頂き,ありがとうございます。

Kojimaya 01
敷地の広さにビックリ。でもたどり着くのが大変でした。だって,あまりの小道に,ナビがだまりこくっちゃったんだもん。鼻の利く人なら,大丈夫かな。お昼時も避けたつもりだったのですが,しっかり行列が。駐車場も満車でした。

Unagi-Grill @ Kojimaya 02
行列は「尾花」で慣れたとはいえ,本日の待ち時間は,1時間強。途中で雨が降ってきて,ちょっと悲しくなりました。でも,待ちの列の目の前で,うなぎ職人さんの焼きのデモンストレーション。香ばしい香りとともに,しっかりと楽しませて頂きました。というか,お店の中,煙でもうもうとしてるんですけど。

Kojimaya 03
老舗の風格。土間から調理場風景。

実際に通されたのは,和風の畳部屋ではなくて,テーブル席。
いや,こっちの方が楽なので,うれしいんですけどね。

メニューを見せてくれるんだけど,仲居さんが早く決めろと言わんばかりにその場で待っているので,焦る,焦る。じっくりと見ることもできず,うな重と,蒲焼き,鯉のあらいを注文。僕の方を見て,「うな重」は,大盛りもできますけど?と聞かれたので,一も二もなく,じゃ,大盛りでと,お願いしました。うな重はただ1種類のみなので,わかりやすいものの,サービスがいいのか悪いのか…。

ウナギ屋さんって,どこも焼きに時間がかかる分,お客さんを待たせているという意識が高いのか,店員さんがセカセカしている気がしませんか?

続きを読む "おいしいうなぎ・さいたま市「小島屋」 "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PENTAX K100D,触ってきました。

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K100D ボディ単体
7月14日発売のPENTAX K100D

何気なく立ち寄った東京駅のサクラヤに,これまた何気なくおいてあったので,さわり倒してきました。

SDカードが入っていない状態だったので,実際の写りについてはわかりませんが,全体的にはなかなかの仕上がり具合ではないかと思います。

グリップ部が,ここでも書いたように,*istDよりちょっと厚め。なので,*istDユーザーで,手が小さい人,握力の弱い人には,やや違和感があるかも。外観は問題ないのですが,手触りとストレートなデザインににエントリー機らしいシンプル化(コストダウン?)の影響を感じました。

シャッター音は,あまり高音部がないので,雑踏などで撮るときにはわりと目立たないでいいかも。イヤな音ではありません。まぁ,シャッター音は,レンズと共鳴して変わる部分もあるのですけれど。ミラーショックもあまり気にならないレベル。レリーズタイムラグも,プロじゃないので,全く気にならず。というか気がつきませんでした。

最大の売り物でもある手ぶれ補正機構の「SR」は,写りが試せなかったのですが,撮影後一瞬,背面の液晶モニターに表示される絵では,そこそこ効いているような気がしました。電磁式の駆動だからか,全くSRの音は感じません。液晶モニターは,2.5型21万画素と大画面で高精細。ラクチンな感じ。

本体のみの重量は560gなので,550gの*istDと比べてもほとんど差は感じません。それにしても,ペンタプリズムで550gの*istDって,やっぱりすごいかも。 で,手ぶれ補正ユニットによる重量増を考えると,K100Dもすごい。

AFは,*istDより,やや俊敏な気がしました。ファインダーも思ったよりも明るい。

自動的に立ち上がるフラッシュは,K100Dのほうが発光位置が高く,16-45mm(PENTAX SMC DA 16-45mm F4 ED AL)のような大口径のレンズの時にもケラレが発生しにくいのではないかと思います。

撮像素子は,600万画素級のAPS-CサイズCCD。この1年半,*istDで撮り続けていますが,まぁ,十分なのではないでしょうか。重要なのは,撮っていて楽しいかどうか,思った写真が撮れるかどうかですよね。

新しいレンズについては,ちょっと書きたかったことがあります。

続きを読む "PENTAX K100D,触ってきました。 "

| | コメント (9) | トラックバック (0)

テニスブロガーフェスティバル開催!

tennis blogers' meeting Japan 2006

「テニスブログの会」初代会長あたしさん,テニスブロガーのランキングでは,常に上位にいる丁稚さんお二人を中心にして,第1回全日本テニスブロガーオフが都内某所で,本日開催されました。

東京都内は36℃という今年最高の猛暑を記録する中,カミナリも盛大に,日本初のテニスブロガーの集いをお祝いしてくれるというおまけ付きでしたが,土砂降りの間はブロガーさん同士で,だべりあったりと,あっという間の3時間でした。

Sweets for Sports

皆さん,ブログを書かれているだけあって,それぞれご自分のプレースタイルをお持ちで,対戦させて頂いたり,観戦からも,いろいろと楽しみながら学ぶことができました。初対面の方が多かったハズなのに,すでにその文章から,みなさんキャラクターを把握されているようで,各所で面白い突っこみも…。

ありがたかったのは,テニス専門ブログではない「まわりぶろぐ」を読んで下さっている方が意外といらっしゃったこと。ほんと,涙が出るほどうれしかったです。これからは,もうちょっとテニスの話題,書きますので,許して下さい。(一応,テニスの話題は,「スポーツ」のカテゴリーや別サイト「まわりすくらっぷ」に,まとまってありますので,ご覧になって下さい。)

テニスブロガーの仲間に入れて頂き,モチベーションと共に自分のテニスも,より世界が広がったような気がします。参加された総勢18名の皆さん,ありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いします。
お誘い頂いた,丁稚さん,どうもありがとうございます!

参加者の皆さんは,
サービスの内転がかっこよく,頼れるお兄さんという感じのあたしさん
名古屋から参加の笑顔が優しい(あれがエロ?!)あにさん
おとなしそうに見えるのにあのロブはなに?!のあめだまさん
なんとなくブログで女性?と思っていたら,熱いテニスプレーヤーでした,のQPさん
新兵器のコロコロバッグには,ヒミツと経験がぎっしりのタコ君さん
もっともっとゴタクが聞きたかったなぁ,のだん平。さん
初めてなのに初めてお会いした気がしなかった丁稚さん
とてもやさしくて気遣いの人,でもブログ通りだった,ドナドナさん
華麗なバボラさばきで,蝶のように舞い蜂のように刺す(?)の縫さん
いつもコメントありがとうございます。パートナーにもなっていただきました,のNekoさん
昔懐かしのラケットオンパレード,目を丸くして見ちゃいました,のノブさん
やさしい雰囲気にライダーの気迫もみたような気がします,のバッハさん
高い身長からスマッシュ!と思いきや,けっこうやさしいひきさん
ブログの写真,もっと大きくしてー!のHEAD LMプレステージ使いなmahさん
AB型的清楚(なんだそりゃ)な,でも的確なストロークのみりさん
サービス,ぴかいちでかっこよかったです,のやまももさん
あの低いサービスにすっかりやられました,のyokoさん
(五十音順)
と,HAMACHI!でした。

Tennisblogers2006
(↑クリックしても拡大できません。念のためモザイクもかけてありますが,都合の悪い方はご指摘下さい。)

今頃,みなさん宴会で盛り上がっているんだろうなぁ。

第2回もぜひ!

皆さんのお顔を思い浮かべながら,またブログを読み返させて頂きます。
いやぁ,宴会には参加できなかったけど,今日は,とても楽しい一日でした。

勝手ながら,テニスブロガーの祭典に参加された方々のブログに,「まわりぶろぐ」からリンクさせて頂きます。
今後とも,どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (23) | トラックバック (0)

日光・杉並木街道と旧江連家

old cedar avenue in Nikko

日光・杉並木街道
もともとは,日光東照宮への参道並木。植えられた杉の木の総数は約20万本。現存するのは,13,000本。日本で唯一「特別史跡」と「特別天然記念物」の二重指定を受けています。おっと,ギネスにも世界一長い並木道として登録されているとのこと。

続きを読む "日光・杉並木街道と旧江連家"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆったりと時が流れるそば処「報徳庵」

Houtokuan 01

先週末は,鬼怒川に一泊の宴会旅行でした。
鬼怒川までの途中で,特別天然記念物に指定されている日光杉並木街道に並行して整備された杉並木公園にあるオススメのおそば屋さんに立ち寄りました。

houtokuan 02

以前行ったことがある東武ワールドスクエアに近い,「大黒家」もちょっと気になったのですが,こちらに来て正解。大黒屋も古い家屋を使った雰囲気のあるお店なのですが,お店の前は幹線道路。報徳庵は,目の前が杉並木で,お庭を眺めながら,ゆったりとした時間を楽しみながら,おそばを頂くことが出来ます。

続きを読む "ゆったりと時が流れるそば処「報徳庵」 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココロなしか,はやくなったかも。のココログ

というわけで,まだアナウンスは出ていないようですが,ココログのメンテナンス,無事終了したようです。

二日間にわたり,コメントにアクセスできなかったり,トラックバックが送れなかったりとご迷惑をおかけしました(トラックバックに関しては,トラックバックスパムがなかったので,平安に過ごせたのですが)。

というわけで,昨日の分のエントリーも無事配信されているようです。

「まわりぶろぐ」再開です。

引き続き,よろしくお願い申し上げます。

HAMACHI!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キツネじゃなかった。

LAURA

日光杉並木公園で見かけた彫像。
ユーモラスな表情に,キツネかな?と思ったら,名前はローラ。

とたんに,なんだかこの像が,もの悲しいものに見えてきた。
いや,確信はないのだけれど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コメント,トラックバックが,2日間できません

レスポンス悪化で,特設ブログが炎上中のココログ。

本日7月11日から2日間((7/11 14:00-7/13 14:00))ほど,ココログシステムのメインテナンスにより,「まわりぶろぐ」の記事に,コメントをつけていただいたり,トラックバックを送っていただくことができません。

お手数ですが,日を改めて,再度,アクセスしてくださいね。

Flickrの写真は,更新されていますので,写真で内容を想像していただくなどして,お待ちくださいませ。tagがヒントにはなると思います。

今までの対応からすると,時間通りに終わるとはとても思えない,ココログのメンテナンス。
しばらく,お手数をおかけしますが,どうぞ,よろしくお願いします。

ココログの不具合,ほんとによくなるのかなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必要十分な駅

Good Morning! RomaStreet Station

東京の電車に乗り慣れていると,シンプルなブリスベンの駅は,ちょっと不安に思えちゃうほどなのですが,2,3日すると,あ,駅ってこの程度で十分なんだな,と思えるようになります。

South Brisbane station

まぁ,広い国土のオーストラリアですから,どちらかと言えば,車や飛行機による移動の方がメインだとは思うのですが,旅行者にとって時間通りに運行されている電車は,やはりかなりありがたいものです。(ま,一本逃すとと,かなり待ってしまうのは,玉にキズってことで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェデラー,2006年ウィンブルドン男子単4連覇。女子単,モレスモ悲願の初優勝!

オーストラリア滞在時から,テレビに釘付けだった2006年のウィンブルドン。いよいよ最終日になってしまいました。

今年の決勝は第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)対第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)という,全仏決勝と同じ顔合わせ。同じ年の全仏オープン決勝と全英オープン決勝が同じ対戦カードなのは,実に54年ぶりとのこと。成長著しいナダルは,ウィンブルドンの決勝に初進出。

フェデラーは,今期ナダル以外の選手に対しては,圧倒的な強さをみせていますが,全仏を始めとして,ナダルに対しては,負け越しているという具合。正確無比でテニスロボットのようなフェデラーに対して,強力なストロークと豪快な野性味,豊富な運動量を誇るナダルとの決勝戦は,かなりハイレベルな戦いになりました。

結果は,6-0,7-6,6-7,6-3で,粘るナダルを振り切って,フェデラーの優勝。
ナダルも,フェデラーの全試合ストレート勝ちでの優勝を阻みました。フェデラーは,四大大会では通算8度目の優勝,芝のコートでの連勝記録を48に伸ばしました。ウィンブルドンは,4連覇。すごい!

女子シングルスは,1月の全豪オープンの決勝と同じカードとなった全英オープンの決勝でしたが,全豪では,エナンが体調不良のため途中棄権でモレスモが優勝するという,ちょっと中途半端な結果に終わっていたため,仕切り直しのような試合となりました。

モレスモは,準決勝のシャラポワ戦などでもやや危ないところがありましたが,第1シードのアメリ・モレスモ(フランス)が,全仏オープン2連覇の第3シード,ジュスティーヌ・エナン・アーデン(ベルギー)に2-6,6-3,6-4で逆転勝ちして初優勝。

エナンは,女子史上10人目となる4大大会全制覇(キャリア・グランドスラム)のチャンスを逃しましたが,来シーズンに期待しましょう。モレスモは,この優勝で,勝ち癖がつきそうですね。

ナダルにしろフェデラーにしろエナンにしろ,クレーと芝というサーフェスの違う全仏と全英オープンを連続して勝つというのは,とても難しいことなんだと改めて思いました。

そうそう,フェデラースペックのラケット,「Wilson(ウイルソン)nSix One Tour Federer」が世界で2000本限定で,発売。

仕様は,
Head size 90 sq.inch
Weight 340g
Balance 30.5 cm
Length 27 inch
String pattern 16x19

フェデラー4連覇なるかお急ぎ下さい!世界限定2,000本!R.フェデラー使用ラケット&ストリング...
フェデラーウィンブルドン4連覇。世界限定2,000本!.Wilson(ウイルソン)nSix One ツアー・フェデラー

ナダル使用ラケットは,バボラ・アエロプロドライブ(babolat AERO PRO DRIVE)。インプレは,こちら


新着テニスラケット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開きっぱなしの改札口

Tickets To Ride 一日券(土曜は安い!)

ブリスベンに滞在中は,毎日電車を使ったのですが,乗車券のシステムが日本とはちょっと違いました。というか,運用の方法と言うべきか…。(ブリスベンの路線図は,こちら

ちゃんとね,自動改札のシステムがあるんですよ。

Ticket Gate Roma Steet Station

でもね,一日中,改札口が開きっぱなし。
なので,チケットを買わないでも,電車に乗ろうと思えば乗れちゃいそうなんです。
逆に最初は,どうしたらいいかわからずに改札の前に立ちつくしてしまいました。
だって,チケットをかざすにも,あんなぺらぺらなチケットじゃぁね。いや,かざしてみましたけど。

ときどき,改札口の横に係のヒトが立っていて,チケットをチェックしていることもあるのですが,基本的には性善説で成り立っているようです。いい国です。でも,せっかくの自動改札のシステムなのに…。まだ動いていないだけ?不思議,不思議。

Brisbane Central Station

時刻表と路線図を探すのに,ちょっと苦労しましたが,駅の中には,方面と発車時刻とプラットホームが表示されたモニターがあるので,慣れれば便利です。で,乗車券は,ゾーン制になっていて,ゾーンの中は,均一料金。土日はオフピークということで,1ドル(90円くらい)も安くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

押し忘れにご注意を!

Roma Street Station 01

ブリスベンの近郊を走る電車では,ちょっと気をつけなくてはいけないことがあります。

それは,半自動扉。

QLDRail push button

ドアの横に付いているボタンを押さないと,駅についても扉が開かないのです。
電車によっては,扉にハンドルがついているものもあります。

駅についてぼぉーっとしていると,他に降りる人がいれば,誰かがボタンを押してくれるのですが,うっかりそのドアから降りる人が自分だけだったりすると,ドアが開かないので焦ることになります。

で,閉じるのは自動。

省エネのタメなのでしょうか? ちょっと不思議。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

知らなかったとは言わせない。

オーストラリア・クィーンズランド州・ブリスベンでは,毎日,歯科学会場に通うために,短い距離ですが電車に乗りました。ローマストリート駅が,ホテルからの最寄り駅で,ふと,プラットフォームの下を見ると,

Roma Street Station 02


「線路に降りたら,罰金だからね。知らなかったとは言わせないから」。

と,強い意志を感じさせる掲示。


電車内では,またこんな表示が。
QLDRail notice

「(定期券?を使っている)学生は,大人が立っていたら,席を譲りなさい。」
ハッキリしていて,いいですね。

実際,席を譲られそうになりました。

優先席付近で携帯を使うなと書いてあっても,全く気にせず携帯を手にするバカ者ばかりの日本よりも,ずいぶんまともだと思いましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月末から7月のブリスベンのお天気

日本が梅雨で蒸し暑い時期に,南半球のオーストラリア・ブリスベンの気候ってどうなんだろうと思って調べてみたら,最高気温は,20℃を超える日があると思えば,最低気温が10℃を下回る日もある。

彼の地での気候が全く想像できなかったんですよね。

で,行ってみたら,
薄手の長袖の上着は,必携でした。
軽く雨に降られた日はありましたが,運良く傘をささないですみました。

でも,湿度が90%近くある日本に比べれば,50%前後のブリスベンは,とても快適。
湿度が低いので,喉はカラカラ,もう,ビールがうまいこと!

VB

滞在中は,地ビールの「VB」こと,「ヴィクトリア・ビター」だけで,過ごしましたよ。
ビターという割には,ややドライながらもあっさりめで,香りもいいので,ぐい,ぐいっと飲めちゃいます。

オーストラリアでは,トップシェアのビールだそうです。

ビクトリア ビター 375ml(Victoria Bitter)
ビクトリア ビター 375ml(Victoria Bitter)


| | コメント (5) | トラックバック (0)

帰りの飛行機で

QANTAS

ブリスベンからの帰りの飛行機で,隣に座った妙齢のお姉様が,機内食が出た途端,やおらごそごそと手荷物を探りはじめ,出てきたものがなんと,PENTAXのフィルム一眼。型番まではわからなかったけど,たぶんMZ系。

思わず,「僕の持っているレンズ,使ってみませんか?」と声をかけそうになったのを,2食分こらえるのが,結構大変でした。

行きの飛行機は,JALとカンタスのコードシェア便で,JALメインのオペレーション。ノーマルなB747。エコノミークラスなので,個々のシートには,テレビなど付いているはずもなく,機内食もそれなり。まぁ仕方ないかなと思っていたら,帰りのカンタスは,エコノミーなのに,食器にガラスが使われていたり,もちろん食事も結構うまい。各シートには,モニターはなかったけど,今どこを飛んでいるかは,映画をやっているとき以外はほぼ常時表示されていました。最近JALがダメなのは,当たり前のことができなくなっているからじゃないかと,ちょっと思いました。

今度オーストラリアに行くことがあったら,絶対コードシェア便じゃないカンタスで,行こうと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

USオープンテニスを見に行こう!

とうとう,2006年夏,テニス界の人気者アガシが引退宣言。ウィンブルドンでも,ナダルとの素晴らしい試合をみせてくれました。
Andre Agassi 02
写真は,2005年の全米オープン。前回は,決勝まで進んだのですから,まだまだ第一線で活躍できると,誰もが思っているはず。だけれど,地元でのUSオープンを最後に,今シーズンで引退するのだそうです。僕らが想像できる以上に,さまざまなことを犠牲にして,相当頑張ったんでしょうね。

で,アガシの最後の雄姿を,直接目に焼き付けたいと思うかたも多いのではないでしょうか。

有名選手や日本人選手を応援しに,この夏,USオープン,行ってみませんか?

<2007年追記> 2007年の試合スケジュールは,8月27日から9月9日まで開催。チケットは,6月11日より販売開始です。 <2008年追記> 2008年の試合期間は,8月25日から9月7日まで。予選は8月19~22日。公開練習日は,8月24日。チケットは6月9日から(American Expressのクレジットカードを持っているヒトは,一足早く6月2日から7日までの先行予約ができます。)

外国でしょ?!そんなの無理だよ,というヒトも,ま,「話」として聞いてくださいね。
Flushing Meadows
たぶん,USオープンへの行き方は,みなさんが思っているより,簡単かもしれません。自分でセットアップするのは,多少面倒ですが,旅行会社のUSオープン観戦ツアーパックより最低でも10万円近くは,安く上がるのではないかと思います。

2006年の開催期間は,8月28日(月)から9月10日(日)まで。6月11日から,すでに観戦チケットはオンラインで売り出されています。

続きを読む "USオープンテニスを見に行こう!"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

秋から夏へ

というわけで,無事,秋から冬に向かう,温度湿度的にとても快適なオーストラリア・ブリスベンから帰国しました。

Brisbane Convention and Exhibition Centre

「まわりぶろぐ」の自動更新中にも,コメントやトラックバックをいただき,ありがとうございます。日本は蒸しますね。

昨日のうちに更新しようかと思ったのですが,夜は,ココログが激重!
どうしちゃったのかと思ったら,根本的なメンテナンスが,もうすぐ,あるようです。

7月11日から2日ほど,システムのレスポンスがとても悪くなる日があるようなので,またまた,来ていただいた方に,書き込めないなどの,ご迷惑をおかけするかもしれません。

オーストラリアでは,おかげさまで,お会いしたいと思っていたたくさんのアクティブな方々に,新しく出会うことができたり,久しぶりの再会を喜ぶことができたりと,とても充実した旅行になりました。

ブリスベンでの写真やレポートは,1週間遅れくらいで,ゆっくりと「まわりぶろぐ」で出していきます。今回は,有給休暇+自費旅行なので,堂々と遊びに行った写真も出せます(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

帰るよー

way home

電車じゃなくて,飛行機で帰りまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出のパーツ

segmentalized thrill

fd's Flickr Toysで作成。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »