« フェデラーになってみよう! | トップページ | 残金表示は気持ち悪い。 »

ラジエター・スプリングスに行きたくなった「カーズ」

都会育ちの人気レーサーが迷い込んだのは,地図から消えた町,
「ラジエーター・スプリングス」。

映画「カーズ」日本語吹き替え版を観てきました。

カーズ ( Cars ) オールキャスト ポスター

車好きの人は,必見。I-40を知っているノースカロライナに滞在したことのある方も必見。カーレースが好きな人も必見。タイヤカスまで,再現されてます。

笑いあり涙ありの夏休み映画。主人公が成長する物語という点でも,もはや映画の「ブレイブ ストーリー」は,全くかないませんね。日本語吹き替え版は,劇中の新聞や看板,トロフィーなどが日本語表記に。DVDになったときは,どうなるんだろう?そうそう,ジローラモさん,適役でしたね。

3DCGは,毛の生えていない車だけに,楽だったんじゃないかと思いつつも,車のボディにネオンサインが写り込む夜のシーンには,もう,うっとりです。そして,エンジンの爆音も!

この映画,人間は,ひとりも出てきません。動物も含めて,すべて擬人化ならぬ擬車化されています。過去のピクサー映画までも…。

クライマックスでは,ぐっと涙をこらえました。

90点

字幕版も観たいのでDVD購入,決定です。パンフも購入。シール付きでした。

映画部門を大幅リストラなんてニュースが入ってきたディズニー映画ですが,ピクサーがいれば,なんのそのって感じ。そうそう,この映画も,エンドロールが終わるまで,席立っちゃだめですよ。

公式サイトでは,主人公のライトニング・マックィーン,ぐりぐり回せます。
壁紙もダウンロードして,さっそく使ってます。

カーズ DVD プレミアム・ボックス
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006/12/06)


カーズ
カーズ
posted with amazlet on 06.11.01
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006/11/08)

DVDソフトをPCでリッピングして海賊盤を作成する行為を防ぐため,ブエナ・ビスタでは自社のDVDソフトにMacrovisionの「RipGuard」技術を導入しています。RipGuardは,DVDディスクのオーサリング,ROM複製時などに独自の行程を加えることで,ビデオファイルやIFOファイルなどのリッピングを防止する技術です。このRipGuardが原因と思われる,カーズを含む15タイトルのDVDが再生できない現象が,特定のDVDプレーヤーで起きています。ご注意を。(参考:ブエナビスタ・リリースインプレスAVウォッチ

|

« フェデラーになってみよう! | トップページ | 残金表示は気持ち悪い。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
コメントありがとうございました。

「カーズ」おもしろそうですね。
昨日「SAW」のDVDを観まして、次は心臓に悪くないものを観たいと思ってたとこなんです。
いい情報をありがとうございます。

また遊びに来ま~す。

投稿: ワタル | 2006.07.20 11:58

DVDって、映像吹き替え機能もありますよね。
TOYSTORY2とかで、エネルギーチップ(みたいなの)に書いてある「ENERGY」がちゃんと「エネルギー」になったりしてますよ。

投稿: おぐ | 2006.07.20 14:22

>ワタルさん,
わざわざお越しいただき,ありがとうございます!
最近,涙もろくってね。カーズは,かなり涙腺を刺激されましたよ。車も,お好きでしたら,ぜひどうぞ。
SAWは,マイフェイバリットムービーです。かなりみているだけでも,痛いですけれど。ここに映画館でのレビューがあります。良かったら,読んでください。

>おぐさん,
うわ,映像吹き替えのDVDって,まだみたことないかも。日本語吹き替えにすると,自動的に映像も日本語に変わるんですか?他のディズニー映画のDVDで,確認してみようっと!教えていただき,ありがとうございます!

投稿: HAMACHI! | 2006.07.20 18:35

予告編を見た段階では、車という無機質なものに感情移入するのは難しいかなと思っていましたが、さすがピクサー、見事にキャラクターが出来上がっていました。
家族で観たので、吹き替え版だったのですが、字幕版の方では声優にスペシャルゲスト、あの本人が出てるらしいですね。
DVDが楽しみです。

最後数人しか残っていませんでしたが、ピクサー好きの我が家は、もちろん席を立たずにラッキー!

それにしても、風景の美しいこと。
ドライブに行きたくなりました。


投稿: 二つ目草 | 2006.07.21 00:45

二つ目草さんもご覧になりましたか!コメントありがとうございます。
僕は,よほどのことがない限り,エンドロールを待たずして席を立ってしまうことはないのですが,カーズは,あまりにもエンドロールの映像が面白いので,スペシャルゲストの名前も載っていたであろうクレジットがほとんどみられませんでした(笑)。最低でも2回は観たくなる映画ですよね。うまいなぁ。

車の擬人化の場合,通常はヘッドライトが目になるのに,「カーズ」は,フロントガラス。このあたりが,目新しくて,表情豊かに感じてしまうのでしょうか。僕もすっかりはまってしまいました。

ラジエータースプリングスの風景,あの高台からのシーン,寂れた街の具合,復活を遂げた街のにぎわい,すべて写真を撮りに行きたいですよね。

投稿: HAMACHI! | 2006.07.21 04:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/10998255

この記事へのトラックバック一覧です: ラジエター・スプリングスに行きたくなった「カーズ」:

« フェデラーになってみよう! | トップページ | 残金表示は気持ち悪い。 »