« サービス(練習),絶好調!!で,ヒートアップファイヤー! | トップページ | 中期目標の設定 »

「S」の潮流が止まったかと思ったら,「PENTAX OptioS7」発表!

とうとう,セブンです。

ペンタックスからはすでに800万画素の手ぶれ軽減機能付きコンデジがでて,OptioSシリーズの開発が止まったかと思ったら,最新機種として「S7(えすなな)」が発表されました。「S7」は,CCDが700万画素の1/2.5型。「A10」は,CCDが800万画素の1/1.8型CCDと大型なので,きちんとクラス分けができているようですね。

A10」は,OptioSシリーズの上位機種という位置づけのようです。S7は,2005年11月発売のコンパクトモデル「Optio S6」の後継機種になります。

S7には,手ぶれ低減モード(CCDシフト式ではなく,感度を上げた高速シャッターによる)だけでなく,Optio W10から搭載された「顔認識AE&AF」も搭載され,最新コンデジとしては過不足ありません。動く被写体にピントを合わせ続ける自動追尾AFと手ぶれ低減モードに加えて,動画手ぶれ補正機能もあるので,撮影できる対象もますます広がりそうです。

本体サイズは高さ53.5mm×幅85.5mm×奥行き19.5mmで,重量は100gと,胸ポケットに入れても気にならないほど,相変わらずのコンパクト。さすがSシリーズ。

8月中旬より発売。

<参考>
PENTAX OptioS7」(オフィシャルサイト)
ペンタックス、「顔認識AF & AE」を備えた「Optio S7」 (インプレス デジカメウォッチ)
ペンタックス、ぶれ軽減モードなどで利便性を追及した700万画素の「オプティオS7」(CNET Japan)

|

« サービス(練習),絶好調!!で,ヒートアップファイヤー! | トップページ | 中期目標の設定 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

をー、 S7 でましたかっ。A シリーズだとちょいと厚めですもんね。初代 S ユーザーとしては気になるところです。

高速シャッターはグーですね。ただ CCD サイズが小さいのが・・・。用途はポケットに入れておいて、いつでもスナップ的に使うというのが正しそうですね。

投稿: Neko | 2006.07.27 13:56

Nekoさん,
僕も初代Sのユーザーです。
未だに使えるので,買い換えるに至っていません。コンセプトも機能もピカイチのコンデジだと今でも思っています。
記憶が薄れないように,どこでも写真でクリップできるのは,便利ですよね。

投稿: HAMACHI! | 2006.07.27 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/11101415

この記事へのトラックバック一覧です: 「S」の潮流が止まったかと思ったら,「PENTAX OptioS7」発表!:

« サービス(練習),絶好調!!で,ヒートアップファイヤー! | トップページ | 中期目標の設定 »