« 来てよかった | トップページ | 日本3大うどんってご存じですか? »

2006年東京湾大華火祭・魚眼編

というわけで,1日順延となった第19回の東京湾大華火祭に,8月13日(日)に行ってきました。
昨日とは打ってかわって穏やかな天候。土曜日に予定していた人達が来られなくなった影響もあって,そこそこの人混み。今年もじっくり楽しんでくることができました。

いつものように,撮影機材は,PENTAX *istDとOptioWP。レンズは,今回魚眼レンズのsmc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mmとTAMRONのAF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A061)とPENTAX FA50mmF1.4の3本。小型の三脚とレリーズスィッチ。OptioWP用にケンコーのワイコンMS-06W等を持って行きました。レンズ以外は,昨年とほぼ同様の機材です。

smc PENTAX-DA FISH-EYEは,デジタル一眼レフ専用の超広角のレンズ。焦点距離10mm時に,対角線画角180度の魚眼レンズになります。しかも意外とコンパクトなので,前回の時に使用した「smc PENTAX-DA ズーム 16 -45 mm F4 ED AL」の代わりにもなるかなぁと思い,性格の違う3種類のレンズを使ってみました。最初に,まず魚の目を*istDにセット。

今年も,年齢不詳,氏名不詳のアナウンスのお姉さんとともに,10秒前から会場の人達とカウントダウン!

2006TDHF-FE01

いよいよ幕開けです。

2006TDHF-FE02

2006TDHF-FE04
ズームができる魚眼レンズなので,バルブ撮影中に,ちょっとズーミングしてみました。

2006TDHF-FE05
(拡大)

2006TDHF-FE07
(拡大)

この魚眼レンズは,対象がかなり彎曲して写るのですが,花火にはさほど影響はなかったような気がします。ファインダー内に180度の範囲のものが収まってしまうので,便利なようで,実は,ファインダーから目をはずしてみると,夜空一杯に広がるとんでもなく大きな尺五寸玉だったりして,焦ることもしばしば。

でも,便利で面白いレンズだなぁと改めて実感しました。
このレンズにぴったりの被写体とロケーションを,また探してあげなきゃ。

ズーム編>に続く。

|

« 来てよかった | トップページ | 日本3大うどんってご存じですか? »

おすすめサイト」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
東京湾の花火大会、綺麗ですね。
魚の目ズームも、周りの風景も一緒に写っているところが花火にあってます。

来年あたりは、我が家もどこかの花火大会に繰り出したいものです。

投稿: ClieistD | 2006.08.16 10:56

ClieistDさん,こんにちは。
コメントありがとうございます。
ちょうど,ClieistDさんのブログを,拝見していたところでした。なんかうれしいなぁ。
東京湾の花火大会が終わると,夏も終わっちゃうみたいで,ちょっぴり寂しいです(逃避モード)。

投稿: HAMACHI! | 2006.08.16 11:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/11425694

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年東京湾大華火祭・魚眼編:

» THE TOKYO TOWERS と東京湾大華火祭 [勝どき倉庫(仮)]
8月13日は、天候により12日から順延されていた第19回東京湾大華火祭が開催されました。 管理人は、おととしは台場アクアシティ屋上から、昨年は東雲キャナルコートCODANから連れと眺めていましたが、今年は管理人は新幹線終電までお仕事、連れは実家にてお墓参りという....... [続きを読む]

受信: 2006.08.14 09:34

« 来てよかった | トップページ | 日本3大うどんってご存じですか? »