« 撮影マシン | トップページ | 結果報告 »

ブリスベンのトマソン

久しぶりに,ブリスベンの写真を。
記憶が徐々に風化しているので,早く出しておかないと,なんでこんな写真撮ったんだ?ということになりかねないので,どうかおつきあいの程を。

ブリスベンに行かれた方は,気がつかれたかどうかわかりませんが,
ブリスベンのコンベンションセンターの近くに,妙なタワーがありました。

市内のどこからでも見えるほど,高さがあって,夜になると,先端が光り輝くのがまた不思議。

Skyneedle02
こんな感じ。

で,近づいてみると…

skyneedle
人通りのない路地を進んで,塔の下までいってみましたが,扉はあるものの,固く閉ざされています。
隣の廃品回収会社(?)の土地とつながっているようですが,誰ひとりとして,管理している風ではないのが,また不思議。

なんのため?
ガイドブックにも載っていません。

で,Flickrに答がありました。

1988年にブリスベンで万博が開かれた時のモニュメントで,開催年をもじって,88mの高さがあるそうです。名前は,「スカイニードル」というものらしいです。
名前がわかれば,あとはゾロゾロと記述が出てきます。
ステファンさんという人が,万博会場から今の場所に100万オーストラリアドルをかけて移設。

で,ウィキペディアには,一時期東京ディズニーランドに移設される予定があったという記述があるのですが…,どなたかご存じですか?

まわりの住人らしき人たちも全く気にしていないようで,今はあまり象徴的な機能を維持していないような気がするんですけれど…。

やはり,トマソン?

超芸術トマソン
超芸術トマソン
posted with amazlet on 06.08.20
赤瀬川 原平
筑摩書房 (1987/12)
売り上げランキング: 23,325
ケアンズとグレートバリアリーフ
「地球の歩き方」編集室
ダイヤモンドビッグ社 (2006/02)

|

« 撮影マシン | トップページ | 結果報告 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

トマソンですか!なんか懐かしいですね。赤瀬川さんのあの途中で切れた階段とか電柱とかの写真が載っていた本ですね。トマソン、やはり万国共通に存在しましたか。恐るべし。

投稿: yuko | 2006.08.27 20:25

yukoさん,コメントありがとう!

トマソン探し,一時期,流行しましたよね。
夜は,先端部が虹色に輝いていたのが,なんだか健気でした。万博の遺物だけに,トマソン度もユニバーサル?

投稿: HAMACHI! | 2006.08.27 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/11523647

この記事へのトラックバック一覧です: ブリスベンのトマソン:

« 撮影マシン | トップページ | 結果報告 »