« ずっと撮りたかった写真 | トップページ | 薄くなった広角コンデジ「パナソニックDMC-FX30」 »

山なりでゆっくりめのボールは後ろから…

山なりでゆっくりめのボールは後ろから,前に出ながらしっかり打つ。
早いボールは,後ろに下がる余裕もないので,コンパクトに合わせて打つ。

前回のインドア・スクールでのおさらいです。

室内だとボールがしっかり見えるので,やはり早めに対応ができるようです。
が,まだまだ反応が遅いことを指摘されました。

HEADFlexPointRadicalOS ヘッドフレックスポイントラジカルOS

しばらくプリンスのツアーディアブロを使っていましたが,ヘッドのフレックスポイントラジカルOSに,新たに同じBabolatのPRO HURRICANE TOURを張ったので,またラジカルに戻してみたところ,この2本のラケットは,僕的には,シームレスに使いこなせるコンビだなぁと再認識。

BabolaT(バボラ)PRO HURRICANE TOUR(プロハリケーンツアー)

パワーアシストは,やはりパワーインコントロールの,FPラジカルOS。ライジング気味のボールが得意です。(僕が,じゃなくて,ラケットが,ね。)
ただ,インパクト時の振動減衰にやや時間がかかるのが気になるのは,ツアーディアブロのシンプルさに慣れてしまったからかも。

ミクロスーパー130TJで張り上げ! プリンスラケット ツアーディアブロOS

当たり前の話ですが,違うラケットに同じストリングスを同じように張ると,ラケットの違いってよくわかりますね。テンションは,48ポンドで一緒にしてみました。

パターンとしては,最初にディアブロを,ちょっと疲れてきたあたりからFPラジカルOSを使い始めると,ラケットをうまく振り回せるような気がします。どっちもボールのノリがいいので,ストロークがまず気持ちいいですよ。スマッシュなんて決まった日にゃ,もう,インパクトの余韻に酔いしれちゃいます(自己陶酔モード)。

しばらく,使い比べをしてみようっと。

|

« ずっと撮りたかった写真 | トップページ | 薄くなった広角コンデジ「パナソニックDMC-FX30」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/13581209

この記事へのトラックバック一覧です: 山なりでゆっくりめのボールは後ろから…:

« ずっと撮りたかった写真 | トップページ | 薄くなった広角コンデジ「パナソニックDMC-FX30」 »