« 削らないという選択。 | トップページ | オートブラケティングでリスクを減らす。 »

パノラマ写真を作ってみた。

オリンパスのE-510には,シーンモードの中にパノラマ作成モードというのがついているのですが,あえて,photoshop elementsを使って,手動でつくってみました。

で,結果は,

Panoramic View of TIF

拡大

どんな格好で撮影したかはご想像にお任せします。

ええ,腰を痛めそうでした。

え?こういうのは,パノラマっていいませんか?まぁ,許して下さい。

で,せっかくなので,MacintoshにOLYMPUS Master 2という専用ソフトもインストールしてみました。これがないと,カメラのバージョンアップも難しいのと,さすがに,ずっとUSBのストレージモードで使っているのも,モニターとしては,中途半端かな?というのもありました。いつもは,Windowsのデスクトップマシンのハードディスクにセーブしていたのですが,アプリケーションを新たにインストールしたくなかったんですよね。まぁ,Macにインストールするのは,質問に答えていけば良いだけだったので,とても簡単。インストール後に再起動しなくちゃいけないソフトは,OSの中に深く入り込んでいる気がして,Macでもやっぱりちょっとイヤ。

で,ソフトを立ち上げてみると,案の定,OLYMPUS Masterのアップデートが出てました。2.03へ,とりあえずバージョンアップ。アップデートプログラムのダウンロードに,意外と時間がかかりましたが,無事終了。ダウンロード中の表示に%が出ないのが,気になります。輪っかが一周すれば終了というのは,わかりますけどね。

ファームウェアのアップデートは,カメラを接続して「アップデートを実行」すれば,自動的に全部やってくれます。アップデート実行中は,カメラに特殊な表示が出ることも,コンピューター上でアシストしてくれるのは,親切ですね。E-510の背面の液晶モニターに大きく「OK」が表示されて,無事アップデートも終了。

Macの場合も,カメラを接続すると,自動的にiPhotoが立ち上がってしまうのが,ちょっと面倒。ビギナーには親切なのでしょうけれど,やっぱり,ストレージモードにちょっとプラスするくらいのアプリケーションが,いいな。

で,上の写真の場合,縦長のパノラマ写真なので,一旦取り込んだ画像を90度回転させます。
逆に回すと,認識してくれません。ご注意を。で,できあがった写真を再度OLYMPUS master2で,縦に直します。

で,できあがった写真。

TIF-automatic panorama picture maker

拡大

さすが,つながり具合は,専用ソフト。手動と比べると歴然とした差があります。つなげたところがちょっぴり歪んでいるのは,まぁご愛敬でしょう。つなぎ目はまったくわかりませんが,歪んだところもトリミングしてしまえば,あまり目立たなくなるはず。思ったよりも両端がトリミングされてしまうので,それを意識してパノラマを撮影する必要がありそうですが,また,やってみることにします。

B-Promotion(ビープロモーション)モニタープロモーション参加記事

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« 削らないという選択。 | トップページ | オートブラケティングでリスクを減らす。 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

今回、こちらのページを興味深く見させていただきました。
現在、デジタルカメラにもパノラマ写真用の機能が搭載されたり、各社レタッチソフトでもパノラマ作成機能が強化されたりと、パノラマが盛り上がりつつあるようです。

そんな折、弊社では11月15日まで「パノラマ写真コンテスト」を実施しておりますので、お時間がありましたら、下記のページをご覧いただき、応募などしていただければ幸いです。

投稿: デジキャパ! | 2007.10.12 14:28

デジキャパ! さん,わざわざコメントを残していただき,ありがとうございます。
さっそく,この写真を応募させていただきました。
楽しい企画をありがとうございます。

投稿: HAMACHI! | 2007.10.13 09:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/16467125

この記事へのトラックバック一覧です: パノラマ写真を作ってみた。:

« 削らないという選択。 | トップページ | オートブラケティングでリスクを減らす。 »