« 種明かし | トップページ | ふと思い立って… »

RICOH(リコー)R8の<夜景>撮影性能とISO感度,画質

デジタル家電のレビューが集まるソーシャルブックマークサービス「みんぽす」を運営するWillViiさんから,モノフェローズ向けに,「リコー・R8」を無償で貸し出していただいています。

第2回目の評価記事は,こちら。

今回は,夜景撮影でのRICOH R8のインプレッションです。

まずは,京都の夜景から。
Kyoto night street
祇園・石塀小路 ISO 200 1秒(シーン:夜景モード)
拡大

祇園閣(銅閣寺)Kyoto night
祇園閣 ISO 64 1/4秒
拡大

京都・無料宿泊券プレゼント

京都は,ライトアップ花盛りでした。ちょうど,東山で「京都・花灯路(はなとうろ)」というイベントをやっていたので,京都の夜景を「R8」で撮影するには,被写体がたくさんあって,いろいろ試せるはずでした。

でも,ちょっと落とし穴があったんです。

しっかりライトアップされているところは,露出補正をマイナスにしてシャッター時間を短くするというテクニックが,ある程度使えます。Caplior R7も同様なのですが,R8も手ブレ補正の効き方はマイルドなので,夜景をちゃんと撮るには,やはり三脚は必須。ただ,これ以上,荷物は増やせなかったんですよね。
R8にも,シーンモードの中に「夜景モード」があるので,迷ったらこれで撮ればいいのですが,ISOが若干高めで,露光時間もやや長めになる傾向があるので,しっかりカメラをおける場所がないと,思ったような写真は撮れません。

さらに京都から帰って気がついたのが,「スローシャッター速度制限」の設定。
何にも考えずに,「1/4」に設定していたのですが,1/4秒以上露光が必要なシーンでは,暗くなっちゃうんです。

当たり前ですよね。光の量が足りないわけですから。

でも,なんで暗い写真ばかり量産されちゃうのかが,ちゃんと理解できてませんでした。R7では,それほど困らなかったような気がするのですが,手ブレがしっかりおさえられるような状態で撮影できるときは,この「スローシャッター速度制限」を「OFF」にしておくことを,おすすめします。意外とここでつまずいている人っているんじゃないかなぁと思うんですが,いかがでしょう?

そうそう,光量が足りないなぁというときに,被写体までの距離があるときに,フラッシュをたくとかえって,画像が暗くなることもあるので,ご注意を。

Ebisu garden place
恵比寿ガーデンプレイス ISO 800 1/4秒 拡大

Chateau Restaurant
ISO 400 1/4秒 拡大

Ebisu center place
ISO 400 1/5秒 拡大

夜景の画質も,ノイズは抑えられているし,描写は繊細だし,コンデジとしてはこれで十分きれいではないかと思います。

<感度別の作例>
Nippon-maru ISO-AUTO
ISO AUTO (ISO 200) 1/5秒 (1024 x 768)

Nippon-maru ISO-HI
ISO-HI (ISO 400) 1/11秒 (1024 x 768)

Nippon-maru ISO 64
ISO 64 1/2秒 (1024 x 768)

Nippon-maru ISO 100
ISO 100 1/3秒 (1024 x 768)

Nippon-maru ISO 200
ISO 200 1/5秒 (1024 x 768)

Nippon-maru ISO 400
ISO 400 1/11秒 (1024 x 768)

Nippon-maru ISO 800
ISO 800 1/20秒 (1024 x 768)

Nippon-maru ISO 1600
ISO 1600 1/48秒 (1024 x 768)

このくらいのサイズだと,ほとんど差がわからないと思いますが,横500(写真クリックでFlickrサイトにて表示),あるいは横1024(リンクをクリックで表示)で表示させると,ISO1600の時に,ぐんっ!とノイズが増えるのがわかります。ISOをオートに設定すると,このシーンでは,ISO200に設定されました。

R7と比較して,感度は,ISO400や800でも比較的,ブログで使う分には,ノイズもあまり気にならず十分かなと思います。感度を高くすれば,その分,シャッター時間も短くなるし,手ブレ,被写体ブレも防げるので,このあたり,R7よりもグレードアップしている気がします。一昔前なんて,ISO800なんて,どこのメーカーのコンデジでも緊急避難的にしか使えなかったのに,すごい進化ですよね。なので,AUTO-HIの上限は ISO 800にしておいても良さそうです。

R8は,撮影後に明るさを補正する「レベル補正」や「ホワイトバランス補正」もできます。後編集は,かなり細かくできるようになったので,撮ったあとでも,クリエイティブな作業がR8上でできるようになっています。これもR7より進化している部分ですね。

最後に,R8だけでは,ちょっとできないのですが,銀座の桜通りのサクラを,「HDR(High Dynamic Range)」という方法でフォトショップで加工した写真を。

GINZA sakura another color

この方法では,オートブラケットで,露出補正を-0.5,0,+0.5で撮影した3枚を使います。
Sakura street
↑オリジナルデータの1枚は,こちら。

次回は,Caplio R7との比較です。

<参考>
みんぽす:[リコー] R8 レビュー集ディレクトリ

RICOH デジタルカメラ R8 R8BK  RICOH デジタルカメラ R8 R8SL
「RICOH R8」オフィシャルサイト

RICOH R8の価格と購入可能なショップを「楽天」で検索
RICOH デジタルカメラ R8 R8BK(ブラック)「amazon」の価格
RICOH デジタルカメラ R8 R8SL(シルバー)「amazon」の価格

購入時のリスクがない「プラボ」で,RICOH R8(シルバー)に入札する。
「プラボ」で,RICOH R8(ブラック)の価格推移を確認する。
「プラボ」について

このレビューを「みんぽす」で評価してください。(「みんぽす」の使い方

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録




- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« 種明かし | トップページ | ふと思い立って… »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

恵比寿ガーデンプレイスは、
時刻が早いと街灯や街路樹のイルミネーションがあるんですね。
23時半になると街灯もイルミネーションも消えて、
かなり薄暗かったです。

投稿: sasablog | 2008.04.04 00:26

sasablogさん,コメントありがとうございます。
たしかに,sasablogさんの写真では,イルミネーション,消えちゃってましたね。
すみません,先に失礼しちゃいました(笑)。
でも,写真は,とても明るくて,いいなぁと思いました。ほぼ同じ場所で撮影しているのも,ちょっと面白かったです。

投稿: HAMACHI! | 2008.04.05 07:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/40719865

この記事へのトラックバック一覧です: RICOH(リコー)R8の<夜景>撮影性能とISO感度,画質:

« 種明かし | トップページ | ふと思い立って… »