« Sony α350搭載「Dレンジオプティマイザー」の検証・実写レポート<その2> | トップページ | 大学のメンツのためにCBTの問題作らされてるの? »

淡々と…。「死神の精度」

死神の精度
死神の精度
posted with amazlet at 08.05.06
伊坂 幸太郎
文藝春秋
売り上げランキング: 25309

ちょっぴりハードボイルドな死に神が主人公。大きな鎌を持ったおどろおどろしい「死に神」のイメージはありません。

「死」を予定された人間に会いに行き「可」または「見送り」の報告をするために,担当する人間の死を見届けるまでの1週間,淡々と仕事をこなしていく。

殴られても痛みを感じない,食事をしても味を感じない,人間の人生にも興味がない。
雨男で,渋滞が嫌いで,でも「ミュージック」には目がない。
時の流れとともに,死神の「千葉」もゆっくり学習をしていく。

その先を読みたいと思うのだけれど,すぱっと切ってしまうのは,余韻ととるヒトもいるだろうし,説明不足ととるヒトもいるだろうな。「カラオケ」も「CD」も「ストーカー」も割と新しい言葉なので,多少違和感を感じるかも。でも,最終章は,未来のお話なのでしょう。

止まない雨はありません。

自分のゲームセットの瞬間,人生を振り返って,ちょっとは満足してみたいなと思った。

多少つながり(伏線)のある短編集。個人的にはもう一ひねり欲しいところでしたが,全編を通して軽く読めます。

映画」の評価はどうだったかわかりませんが,CDショップに行ったら,視聴している人のうち誰が死に神なのか,人間観察したくなりますよ。

死神の精度 (文春文庫 (い70-1))
伊坂 幸太郎
文芸春秋
売り上げランキング: 72

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« Sony α350搭載「Dレンジオプティマイザー」の検証・実写レポート<その2> | トップページ | 大学のメンツのためにCBTの問題作らされてるの? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/41111314

この記事へのトラックバック一覧です: 淡々と…。「死神の精度」:

« Sony α350搭載「Dレンジオプティマイザー」の検証・実写レポート<その2> | トップページ | 大学のメンツのためにCBTの問題作らされてるの? »