« ザよこはまパレード(はまっパレ)The Yokohama Parade 2008 | トップページ | ミハエル・クルムが,日本語流暢なんで,驚いた。 »

ソニエリ au「Cyber-shot™ケータイ W61S」購入しました。

というわけで,Sony Ericssonの auケータイ「サイバーショット W61S」を発売日に機種変で「シャドー・ブラック(Shadow Black)」を購入しました。2日ほど使ったところで,ファーストインプレッションのレポートを。

Cyber-shot cellphone 02
拡大


W61S ソニエリオフィシャルサイト
W61S auオフィシャルページ

auのポイントが7000ポイントほどあったので,価格調査などすることもなく有楽町のビックカメラで,W32Sから機種変。まぁ,ケータイだと思うと高いけど,ケータイとデジタルカメラを別々に買ったと思えば,それなりかな(←ええ,かなりやせ我慢です)。

横浜に行った日なので,電車の中でまだ残高があるEZ FeliCa(おサイフケータイ)のnanacoとEdyを,「機種変更」メニューで一時待避して,ケータイ売り場へ。

僕の場合,初めて,WからWへの機種変更だったのですが,最近の機種変は,便利なんですね。基本的にはSIMカードを入れ換えるだけ。事務手続き料金などもとられません。アドレス,写真などのデータ移行をしてもらって,約1時間ほどの待ち時間で,手に入りました。隣でもW61Sのピンクを買っている女性のお客さんが座っていました。お客さん:「ずっと待ってたんですよ」,店員さん:「朝からこの機種ばっかりです。」
「フルサポート」にしました。だって,シンプルサポートだったら,6万円コースですよ。「フルサポート」は,2年の緩いシバリですが,1年後にはバッテリーを貰えるそうです。

4万円前後のケータイですが,売れているみたいですね。

DONYA microSD 2GB
前日に,秋葉原に4月末オープンした上海問屋で,2GBのmicroSDカードを購入していたので,今度は悔しい思いをせずにすみます。うちの奥さんのW53CAを買ったときには,「一緒にmicroSDカードはいかがですか?」という誘いについ,「はい」って言っちゃったんですよね。


オリジナル microSDカード 2GB :上海問屋オリジナル マイクロSD 2GB (DNF-TSD2048)

あとは,


↑こちらも,人気があるようですね。

Cyber-shot cellphone 01
拡大

さて,W61Sは,スライド式のケータイです。デザインは,まずまずじゃないかと思います。一枚目の写真だけみると,普通にコンデジですよね。で,「サイバーショット」としての質感もいいですね。前のW32S(約48 (W) ×98 (H) ×23 (D) mm 重量 (電池装着時) 約118g )より,見た目は縦方向がかなり大きく(約50×114×23ミリ(最厚部24ミリ約149g)なりました。でも,これにワンセグと光学3倍のデジタルカメラが内蔵されていると思えば,驚異的な大きさなのでしょうね。いや,機種変するたびに僕のケータイ,大きくなるなぁ…と,ちょっと時代に逆行している感もあるんですけどね。ドコモ版Cyber-Shotケータイ「SO905iCS」のサイズは,高さ 113mm x 幅 50mm x 厚さ 24mmで約 145gで,ほぼ,W61Sと同じ大きさと重さですね。SO905iCSにはない機能として,ワンセグとBluetoothに対応(GSMには非対応)しているので,中身の基板的には,さらにギュッと圧縮されているのでしょうか。

W32SとW61Sの厚みはほとんど変わらないからか,持ち歩いていても,あまり違和感は感じません。一瞬モックよりも軽いかな?と思いましたが,それは気のせいでしょうね。スライド式なので,文字を打ち込むときに,数字キーが見当たらなくて一瞬「アレ?」って思うことがまだあります。

液晶保護フィルムは,出荷の時に付いているこのままじゃダメなの?ってくらい,綺麗に見えます。フォントもかなり読みやすくなったかな。全体的な反応は,W32Sよりもやはり早くなっています。

キーの感触は,特に固かったりすることもなく,予測変換もW32よりだいぶバージョンアップしているようで,ストレスなくメールを打つことができます。予測変換の候補が,左右だけじゃなく上下にもカーソルが移動・選択できるので,かえってとまどいます。「1」,「2」,「3」キーの上がちょっと狭く感じるかも。他に気になるところは,【戻る】動作が,ドコでも同じキーでできないのと,マナーモードボタンがどの画面からも使えるわけでもないのは,ちょっと統一感がないなぁと思います。

けっこうソコココにボタンが付いているので,どれがどれなのか,慣れるのに時間がかかりそうです。とりあえず,マニュアルも読まずに帰り道に写真を撮ってみました。
night shots
が,真っ暗で何が写っているのかよくわかりません(爆!)。

これじゃあんまりなので,日を改めて,根津に写真を撮りに行きました。
W61Sの作例をどうぞ。

発表時には,レンズのスペックとかは,伝えられなかったのですが,レンズまわりに記載がありました。それによるとレンズのF値は,2.8-5.4。35mmフィルム換算での焦点距離はわかりませんが,一応,4.5mmから13.5mmとのこと。docomoのサイバーショットケータイSO905iCS(FOMA)と同じレンズのようですね。

azalea
いきなり,3cmのスーパーマクロ。拡大

根津神社では,明日5月6日まで,「文京つつじまつり」が開かれています。

azalea
拡大

azalea garden
レンズカバーは,スイッチを入れると同時に「カタッ」という小さな音を立てて開きます。カメラ機能はすんなりと立ち上がってくれます。が,シャッタータイムラグがけっこう大きいですね。いや,ケータイは,みんなこんなもののような気がしますが,どうして,単体のデジタルカメラと比べて,こんなに時間がかかるのかは,まだ理解できていません。タイミングに慣れるまで,もうしばらくかかりそうです。

azalea garden
拡大
ちょうど,デジタル一眼レフカメラのα350も持ってきていたので,W61Sには,ちょっと酷ですが,画質を比較。

Azalea garden
α350の写真を拡大

W61Sの方が,露出が明るめ,カラーも派手めになる傾向がありそうです。色合い,露出具合は,まだ調整できそうです。

Toriis
三脚用の穴は,W61Sには,さすがに付いていませんでした。手ぶれ補正機能も付いていますが,まぁ,過信は禁物ですね。

NEZU shrine

bronze guardian dog
焦点がどこにあっているのかが,わかりづらいときがあります。

でも,ぴたっと合うと,
bronze dragon
ほら,ボケも綺麗で,「サイバーショット」って感じじゃないですか?(←ちゃんと説明しろっ)
拡大しても,かなりの質感が写し取られていますよね。

flower back street
光学3倍ズームも,けっこう便利ですね。撮像素子は512万画素のソニー製CMOSセンサー。縦横検出のセンサーもついているので,ケータイの画面で見るときは,タテイチで撮った写真は,縦に表示されます。

風景や動かないものを撮影するなら,W61Sでも十分だと思います。ブログアップ機能もあるので,この程度のサイズで表示したり,サービス版でプリントするなら,全く問題ないでしょう。ただ,暗いところでどのくらい写ってくれるのかが,やや不安。なので,使い慣れてきた頃に,お料理のマクロ,人物撮影(スマイルシャッターも)なども撮ってみましょう。

買ってからかなり連続して触り続けているので,若干,電池の減りが早い気もしますが,現在のところまでは,十分満足しています。あ,2.8インチワイドVGA液晶のワンセグ,感動的。HAMACHI!家で初めてのデジタルテレビです(笑)。

体験版として付いてきた「パワースマッシュEZ」は,テニスゲームとしてはダメですね。こんなもんつけてどうするんだろう?ってくらい,反応悪すぎです。もうちょっとまともなゲームをつけて欲しいな。KCP+プラットフォームならではの,ビックリさせるようなアプリケーションやゲームを,ぜひね。アプリのたち上がりは,W32Sよりだいぶ早くなったけど,音楽もビデオも,壁紙も,なんとかお金取ってやろうという魂胆がメニューからミエミエで,ちょっと残念。

今ちょうど,au GEAR-UPキャンペーンということで,ソニエリのサイトで,対象のオプション製品を購入するとEdyを最大4,000円分プレゼントしてくれます。

W61Sの場合,現在のところ,

W61Sに直接つなげるノイズキャンセリングステレオイヤーセットSONY (平型端子) DR-NC23SF


自分のお気に入りヘッドホンと使えるワイヤレスオーディオレシーバーSONY/ソニー DRC-BT15P-BI(ベルベッドブラック) リモコン操作も可能,音楽も通話もワンセグもワイヤレスで。


デジタルフォトフレーム DPF-V900DPF-V700DPF-D70


SONY DPP-FP95デジタルフォトプリンター ピクチャーステーションDPP-FP75


ソニーエリクソン ワイヤレスヘッドセット HBH-IV840HBH-PV708HBH-PV703

以上が,対象商品になっています。

さて,もう少し使いこなせたところで,またレビューをしてみますが,<続き>が気になる方は,ブックマークしてまた来て下さいね。

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

続く

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

ブローク W61S ブログネットワーク

|

« ザよこはまパレード(はまっパレ)The Yokohama Parade 2008 | トップページ | ミハエル・クルムが,日本語流暢なんで,驚いた。 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

アップ見た時はオッと思ったものの…つつじ苑の遠景の写りは私の使ってるW44Sとほぼ同じ感じ、特有のフレアっぽさというか、晴天下ではちょっと厳しいところもあるかなーという印象ですね。ケータイとはいえもうちょっと頑張ってくれればコンデジクラスの写りに持っていけるとは思うんですが…。

カメラ機能はムービーくらいしか最近は使ってませんが、ワンセグはいいですよね(^^; まぁどちらも専用のコンパクト機なみになったらそれこそ携帯だけで充分ということになっちゃうんですけど…。

投稿: みけ | 2008.05.07 22:56

みけさん,コメントありがとうございます。

W44Sは,大きな液晶とダブルヒンジがかっこいいですよね。PCドキュメントビューワーは,W61Sには入っていなかったり,フロントステレオスピーカーもちょっとうらやましかったりと,今でも先進的なケータイだと思っています。

デジタルカメラとしての傾向も似ているんですね。ケータイで撮った写真だと,わざわざphotoshopなどで画像補正しなくても…なんて思っちゃいますから,やっぱりそこそこな写りを期待したいですよね。

もうちょっと使って,W61Sのサイバーショットとして得意なジャンルを探してみようと思います。

投稿: HAMACHI! | 2008.05.09 03:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/41094352

この記事へのトラックバック一覧です: ソニエリ au「Cyber-shot™ケータイ W61S」購入しました。:

« ザよこはまパレード(はまっパレ)The Yokohama Parade 2008 | トップページ | ミハエル・クルムが,日本語流暢なんで,驚いた。 »