« RICOH Caplio R7アップデート | トップページ | 顔面で受けました。 »

救いようがないよ…「ミスト(THE MIST )」

スティーヴン キング 原作の映画「ミスト」を観てきました。

良くできた映画ですが,ストーリーは,救いようがありません。

ホラー映画というよりは,SFサイコ&モンスターサスペンスかな。
ビクビクしながら,痛みを感じながら,耐えながら最後まで,もしかしたら,救いがあるのではと思いながら,エンドロールが終わるまで画面を見続けました。

「本当にコワイのは人間」とか,人間が犯してきた罪,神への冒涜,映画からの深いメッセージを素直に受け入れられるならいいけど,救いようのない結末(原作とは違うんだそうです)に,想像の範囲内のクリーチャー達(スティーブン・キングの映画はみんなそうだよね)と,主人公の決断に,薄っぺらさも感じつつ,どんよりとした気持ちに肩を落としながら,映画館を後にしました。

デートで選んではいけない映画だと思います。後味の悪さで盛り上がれればいいですけれど…。
まわりのカップルも,みんな押し黙って席を立ちました。

こんなに心をいたぶられた映画は久しぶりです。
よくよく考えれば,やはりこれも「スティーヴン キング 」だからか…。
でも,インパクトありすぎで,僕にはきつい映画でした。
20点。

ポジティブになれる映画を観たかった…。

スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)
スティーヴン キング
扶桑社
売り上げランキング: 2370

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« RICOH Caplio R7アップデート | トップページ | 顔面で受けました。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです
これ見ました、この映画とクローバーフィールド
この二つは、今のアメリカが抱えてる恐怖感とか終末感を良く現してると思いました
ある日突然、自分たちの日常を犯される恐怖
何も信じられなくなって、無力になる恐怖

なにを怖がってるかを見ればその時代の価値観が見えると思ってるけど
久々に、アメリカの闇の深さを見ました

投稿: zin | 2008.06.13 05:59

zinさん,コメントありがとうございます。
クローバーフィールドも見たんですね。ちょっと気になるなぁと思いながらも,まだ,僕は見てませんでした。同じモンスター系のパニック映画ですよね。ミストは,確かに,現代アメリカからのメッセージとも,とれますね。

ただ,クローバーフィールドの終わり方は知りませんが,「解決」しない映画って,どうも僕としては,すわりが悪くて,エンターテイメントであるとは,思えないんですよね,たぶん。

なので,口直しに(なるかどうかはわかりませんが),明日は,19年ぶりのアレを見てきます。

投稿: HAMACHI! | 2008.06.13 07:25

「エンターテイメント」としてこの映画を見るとかなりキツイと思います。同じく映画見終わった場内は「シーン」としてました。帰りのエレベータの中で女性泣いてたし。
登場人物たちの行動や選択は時に浅はかではあるけど、それの救いのないエンディングと合わせて、見る人にグッと突きつけてくるものはあると思ってます。
ただ友人にこの映画を勧めても誰も見てくれません(笑)

投稿: kaizuka | 2008.06.18 12:00

kaizukaさん,コメントありがとうございます。

そうですよね。「エンターテイメント」というよりは,「問題作」でしょうか。

観てから1週間以上経ってますが,未だにシーンが頭の中をよぎることがある,かなりインパクトのある映画でした。丁寧に作られているだけに,結末がつらかったです。それを狙っているんですから,僕は,術中に見事にはまっているんですよね。

投稿: HAMACHI! | 2008.06.18 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/41475729

この記事へのトラックバック一覧です: 救いようがないよ…「ミスト(THE MIST )」:

« RICOH Caplio R7アップデート | トップページ | 顔面で受けました。 »