« ディズニーハロウィーン2008<その2> 園内と全身仮装のみなさん | トップページ | キヤノン,複合機のフラッグシップMP980 »

実写化で伝わってくるもの。「20世紀少年」

映画「20世紀少年」オリジナル・サウンドトラック

浦沢直樹の人気コミック「20世紀少年」の実写映画版です。

連休の中日,ユナイテッド・シネマ豊洲のレイトショーで観てきました。22時15分からの回だったのですが,けっこう人が入ってて,ビックリ。

で,感想ですが,

たぶん,原作読んでないとつらい映画かも。
しかも,原作マンガと同じく,僕と同年代の人でないと,共感が難しいところもあるのでは。

原作の感想

原作を読んでいる,読んでいないで,評価が大きく分かれそうな映画。
だって,のっけから,海ほたる収容所の話だからね。

「20世紀少年」あらすじ(by goo映画)

マンガの原作を,「総集編」として映像にしてまとめたって感じかな。
タイムラインは,原作の通りじゃなくて,わかりやすく再編集してます。
原作も,ちょっと冗長なところはあるんだけど,映画も,ややテンポが悪いところはあります。
ただ,ほんとに,原作に忠実。インパクトのあるシーンは,すべて網羅しているんじゃないかと。


↑あのマークの「20世紀少年」てぬぐいで,ハロウィンの仮装パレードに参加ってのも,アリだと思います。人数が揃えば,さらにインパクトが。

2次元のストーリーに,音と動きが加わることで,原作を読んだ時にできたイメージを補足してくれるので,けっこう新鮮に観ることができました。


【9月下旬入荷予定】「20世紀少年」 Tシャツ

唐沢寿明,豊川悦司,常盤貴子が出ているのは知っていたのですが,黒木瞳がねぇ…,ケンヂの姉・キリコですよ。その他にも豪華キャストがちょい役でってのも,あとでDVDで見直すときの楽しみになりそう。指パッチンは,絶対, ポール牧だと思ったんだけどね。亡くなった人を出すわけにもいかないから,アレなんだろうけれど。

総製作費60億円の全3部作。たぶん,全部観ちゃうんだろうなぁと思います。
でも,原作とストーリーそのままだと,飽きられちゃう気がするなぁ。多少伏線はあったような気もしますが,「ともだち」の解釈は原作とは違うらしいですよ。

というわけで,まだ3作全部観きっていないので,ちょっとモヤモヤしている部分もあるのと,今後に期待しての,62点。

第2章は2009年新春。


映画「20世紀少年」第1章オフィシャル・ガイドブック

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« ディズニーハロウィーン2008<その2> 園内と全身仮装のみなさん | トップページ | キヤノン,複合機のフラッグシップMP980 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/42479196

この記事へのトラックバック一覧です: 実写化で伝わってくるもの。「20世紀少年」:

» なんだかホロッとくる。「20世紀少年〈第2章〉最後の希望」 [まわりぶろぐ]
というわけで,第1章に引き続き,第2章も見てきました,浦沢直樹原作の実写版映画「 [続きを読む]

受信: 2009.02.16 06:45

« ディズニーハロウィーン2008<その2> 園内と全身仮装のみなさん | トップページ | キヤノン,複合機のフラッグシップMP980 »