« リコー(RICOH) R10の望遠・広角性能 サードインプレッション・実写レビュー | トップページ | 「かぼちゃフェスタ2008」 in みさき »

ヒーローの日常と弱点。「ハンコック」

というわけで,ソニーが誇るCineAlta4K デジタルシネマ・システムで上映をしているというので,丸の内ピカデリー1で,「ハンコック」を見てきました。

フルHDの4倍を超える超高精細映像ということなのですが,最初のオープニングのロゴが出てくるあたりは,す,すごいな!って思いましたが,慣れちゃうもんですね。しっかり画面を見ようと思って前の方に座ったのですが,まぁ,シャーリーズ・セロンが,外人さんにしちゃ,ずいぶんお肌が綺麗なこと!それはわかったのですが,やっぱり4Kじゃないのと比べてみないとダメですね。見る目がないというか,映画に集中しちゃったというか…。

でも,これって,フルハイビジョンの後は,やはりこういう規格が待っているということなんでしょうね。きりがないなぁ,ホントに。

で,「ハンコック」です。
ATOKで変換すると「半コック」になっちゃうんだな,これが。

嫌われ者のスーパーヒーロー,「ジョン・ハンコック(ウィル・スミス)」,自分が何ものであるかも知らず,悪人退治は続けるモノの,ハンコックの態度の悪さとやり過ぎで,ロサンゼルスの市民からは,総スカン。ちょっとかわいそうなヒーローですが,まぁ飲んだくれて,イビキかいてたりするので,スーパーヒーローにしては,なんか人間っぽいヤツです。

ひょんな事から命を助けたのが,広報戦略の仕事をしているレイ・エンブリー(ジェイソン・ベイトマン)。レイが,ハンコックのプレゼンを手がけることになって,さぁ,大変!

というお話。

ストーリー詳細(by goo映画)

まぁ,まだ映画を見てない人は,これ以上,読んで予習しないままの方が,いいと思います。

レイの奥さんのメアリー・エンブリー(シャーリーズ・セロン)の態度が伏線にはなっているのだけれど,あんな展開になるとは…。いや,だとしたら,シャーリーズ・セロンの演技力って,すごいかも。

いわゆるヒーローモノとは,一線を画する作品だと思います。

「グッド・ジョブ」が言えたときは,ちょっとホロッと来ますよ。ホロッと来たところで終わらないのが,この映画の醍醐味かも。

ヒーローは,なんとなく不死身なのが普通と思ってましたが,まさか,さらに不老不死の身体だったとは思いませんでした。でも,そんな彼にも彼自身も知らなかった弱点が…。

そうそう,「John Hancock」は,200年以上前のアメリカの政治家で,マサチューセッツ州の知事さんだった人の名前。アメリカの独立宣言に最初に署名した人です。

評価してあげることって,重要なんだなぁとしみじみ。

迫力はありますが,軽く観られる映画です。4K上映じゃなくても大丈夫だと思います。
同じくヒーローモノのバットマン「ダークナイト」の重さがズーンと来た方は,バランスをとるために,どうぞ。

○田奈○子さんの字幕訳は,あいかわらず,不親切で安定していないなぁ。
もっと他の人使おうよ。

というわけで,65点。
パンフレットは購入せず。

DVDは,買わないと思います。

続編,あるのかなぁ?


オリジナル・サウンドトラック ハンコック

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« リコー(RICOH) R10の望遠・広角性能 サードインプレッション・実写レビュー | トップページ | 「かぼちゃフェスタ2008」 in みさき »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

戸○○津子さんっすか(--;)
「幸せの1ページ」も彼女でした(--;;

投稿: Neko | 2008.09.19 11:48

Nekoさん,コメントありがとう!
そうそう,彼女。
なんかね,映画と,リズム感,ニュアンスが合ってない気がするんですよ。KYみたいな。

投稿: HAMACHI! | 2008.09.20 15:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/42486080

この記事へのトラックバック一覧です: ヒーローの日常と弱点。「ハンコック」:

« リコー(RICOH) R10の望遠・広角性能 サードインプレッション・実写レビュー | トップページ | 「かぼちゃフェスタ2008」 in みさき »