« 3割8分の打率なら,かなりいいのでは?「ザ・セキガエ」 | トップページ | 横浜・山手西洋館のハロウィンウォーク2008 »

プラザのハロウィンに,エド・エンバリーが帰ってきた!

Ed Emberley's Halloween 2008
RICOH R10 拡大

今シーズンも,JR東京駅南口近くのウィンドウを見て,ハロウィンの加速装置,スイッチが入りました。

残念ながら,丸ビルの地下にあるミニプラは,現在改装中で,東京ハロウィンセンター(←勝手に呼んでいるだけ)も,あの大きなウィンドウディスプレイが見られないために,ちょっぴり寂しそうですが,これ幸いと,明治屋のハロウィン度が高くなっていて,ちょっとうれしかったり…。で,相変わらず,アメリカンファーマシーは独走中で,ますます本気ですし,今年もハロウィンのグッズやお菓子が気になる方は,丸ビルの地下に行ってみて下さい。かなり楽しめますよ。

そうそう,丸ビルといえば,丸の内中通りから有楽町周辺で,今年もハロウィンイベントが行われるようですね。東京国際フォーラムの広場には,今年は顔パーツ付きでカボチャがおかれています。

加速スイッチが入ったことで,かなり忙しくなってきました。さらに,今年も,いろいろと取材の申込を頂いていて,いくつかは終了しましたが,もう少ししたら,詳細をお話できるかと思います。

で,ハロウィンのイラストといえば…,

Ed Emberley(エド・エンバリー)さんです。

「ソニープラザ」だった頃,エド・エンバリーのキャラクター=ソニプラというイメージがあったのですが,ここしばらく疎遠になってしまって,なんとなくつまらなかったのですが,2008年のハロウィンから,また復活!

 

なんだか,嬉しいですね。

Ed Emberley's Drawing Book of Halloween (Ed Emberley Drawing Books)
Ed Emberley
Little Brown & Co (Juv Pap)
売り上げランキング: 6578
おすすめ度の平均: 4.5
4 本当に誰でも描ける!
4 Halloweenを楽しもう!
5 Great book for fans
5 飾るだけでも楽しい
5 かわいいハロウィン

ハロウィンのイラストを△○□-Λなどの簡単な線や図形パーツで描いて楽しめる,アクティビティー・ブックです。ジャックオランタンやガイコツ,コウモリ,魔女,黒猫などハロウィンキャラクターの描き方をステップ毎に紹介(全32ページ)。

たとえば,こんな↓絵が。
Ed Emberleyさんの図解に従って,クモを描くの図

すっごく簡単に,エド・エンバリー風なハロウィンのシンボルが画けちゃいます。

- 「ハロウィン・ジャパン・インフォ」へ -
- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« 3割8分の打率なら,かなりいいのでは?「ザ・セキガエ」 | トップページ | 横浜・山手西洋館のハロウィンウォーク2008 »

ハロウィン」カテゴリの記事

ハロウィン2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/42758052

この記事へのトラックバック一覧です: プラザのハロウィンに,エド・エンバリーが帰ってきた!:

« 3割8分の打率なら,かなりいいのでは?「ザ・セキガエ」 | トップページ | 横浜・山手西洋館のハロウィンウォーク2008 »