« 「他人の不幸喜ぶ」「ねたむ」脳の場所特定 | トップページ | 「箱」は,殻じゃなくて,「自己欺瞞」。「自分の小さな「箱」から脱出する方法」 »

CMOS撮像センサーを搭載して高速度撮影が可能な「RICOH CX1」

RICOH R10の後継機種,CX1発表されました。

  

RICOH CX1の価格,在庫情報を「楽天」で検索

発売日は,3月13日。

ちょうど,昨年も同じ日に「R8」が発表されたんですよね。なので,予定通りのモデルチェンジともいえるかも。RICOH R8では,ファミリーネーム「Caplio」を取り外し,こんどは,「R」がなくなって,「CX」です。「R11」ってのは,なかったですね(笑)。

外観のデザインは,「R10」より「R8」に近いような気がします。オーソドックスなカメラスタイル。重量は,12g重くなって約180g。サイズは,厚みが1.8mm薄くなっている他は,ほぼ同等。でも,中身は,大幅なモデルチェンジです。ボディのカラバリは,ブラック/シルバー/シャンパンロゼの3色。

CX1の特長は,2つ。
ひとつめは,高速度撮影。
もうひとつは,ダイナミックレンジの拡大。

スペック的には,撮像素子が,R10では1/2.3型有効1,000万画素CCDであったのを,1/2.3型有効929万画素のCMOSセンサーに変更したのが一番大きな変更点。個人的な意見ですが,コンデジは,1000万画素程度あれば,十分だと思うんですよね。で,これにより,フル解像度・画質モード「Fine」で4コマ/秒の連写が可能というのは,そのへんの一眼レフカメラよりも高性能で,さらに画質モードを「Normal」にすれば,約1秒間に120コマ/秒,あるいは約2秒間を60コマ/秒を連続撮影することも可能となれば,これは,カシオの「HIGH SPEED EXILIM」シリーズの強力なライバル機となりそうです。ちなみにR10の連写は,約 1.6コマ/秒,あるいはM・S連写で16コマ/2秒でした。

カメラが自動検出した7つの合焦距離それぞれを連続撮影できる「マルチターゲットAF」や前後方向にフォーカス位置を変えながら5コマ撮影できる「フォーカスブラケット」撮影など,多彩な高速撮影方法が用意されています。

連写時の画像フォーマットの一部は,策定されたばかりのCIPA DC-X007-2009 マルチピクチャフォーマット(MP)DRAFTに準拠しています。このファイルには複数枚画像が収納できるようになっているので,JPEG画像のようにPCで直接見ることはできません。閲覧には付属のソフトが必要になります。ただし,CX1で撮影したMPファイル画像は,カメラ内で特定のコマを抜き出して,個別のJPEG画像として保存することは可能です。

↓もう少し詳しくスペックを比較してみましょう。

CX1のレンズのF値は,F3.3(広角)〜 F5.2(望遠)で,焦点距離も35mm換算値で28〜200mmなのは,R10と変わらず。1cmからのマクロも健在。画素数が若干減っている分,オートリサイズズームの倍率が低くなっていますが,まぁ,最大のズーム域なんて,あまり使わないですからね。

背面の液晶モニターも一新。
R8からR10で23万ピクセルから46万ピクセルにグレードアップして,相当キレイになったなぁと思っていたのに,CX1では,なんと96万ドットとさらに高精細化。一眼レフタイプの背面液晶でもこのスペックに足りないのはいくらでもあります。画像の閲覧スピードも向上していればいいなぁ。そうそう,背面のジョイスティックの位置が右にずれていますね。で,R7にあったラバーの指置きが復活。この位置関係,使いやすいのかなぁ?逆な気がするんだけど。

で,もう一つの特長が,
ダイナミックレンジの「積極的な」拡大機能。

で,CX1では,同時2枚撮りの「ダイナミックダブルショットモード」で,「HDR」画像が作れちゃいます。

デジタルカメラは,一般的に「黒つぶれ」「白飛び」しやすいと言われています。見た目ではちゃんと見えていても,デジカメで撮影した画像は,肝心な部分の階調が飛んでしまうことがよくあるのですが,最近,これをしっかり記録できるカメラが増えてきました。R10でも,そこそこ「自動レベル」調整で,ダイナミックレンジの拡大を実感することはできたのですが,CX1では,「ダイナミックレンジ」を通常撮影で,1EV分(って,何%くらいなんだろ?),HDR画像で12EV分,拡大できます。どんな絵が出てくるんでしょうね。撮像素子もCCDからCMOSに変わったことですし,早くサンプルや作例写真を見たいなぁ。

その他,オートホワイトバランスに,画面を32×27に分割したエリアごとに判断するマルチパターンAUTOが加わっています。画像処理エンジンは,Smooth Imaging Engine III(3)がIV(4)に。
見た目とレンズユニットは同じようですが,中身は全く違うカメラになっていそうですね。

触るのが楽しみです。

RICOH CX1の最安値を「楽天」で検索

デザインがあまり変わっていないのは,所帯持ちにとってはありがたい点だったりして,だって,ほら,増えてもわから…「(+_+)\パキッ!」


<参考>
リコー CX1 オフィシャルページ
リコー、4コマ/秒連写のCMOS搭載モデル「CX1」〜Rシリーズをリニューアル。画像エンジンも刷新(インプレス・デジカメWatch)
高画素否定で美を追求──RICOH「CX1」登場(ASCII.jp)
リコー、CMOS搭載のR10後継機種「CX1」(ITmedia+D)

よくあるご質問(デジタルカメラQ&A)・CX1の仕様と特長について
CX1のメニューや操作画面等の紹介(GR BLOG)

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« 「他人の不幸喜ぶ」「ねたむ」脳の場所特定 | トップページ | 「箱」は,殻じゃなくて,「自己欺瞞」。「自分の小さな「箱」から脱出する方法」 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

先週からR10の価格が気になって、眠れない日々を過ごしています(^^;
新機種が出るのは分っていましたが、すごい方向で驚きました。使い勝手や仕上がりが想像できません。階調が…連写が…?CMOSってSONYの?
今回は「破格のR10を購入して、皆さんのCX1レビューを楽しませて頂く」方向に気持ちが傾きました。手元の Caplio R7 は従兄弟の子供の卒業祝いってことで。
3週間後を楽しみにしています(^^)

投稿: すがちゃん | 2009.02.20 03:21

すがちゃんさん,コメントありがとうございます。

CX1,出ちゃいましたね。CMOSの長所がうまく生かされているといいなと思います。

R10は,最後の「R」なので,それなりに完成度の高い製品だと思います。

R10の作例,参考になれば幸いです。

投稿: HAMACHI! | 2009.02.20 07:42

初めまして。

>R10は,最後の「R」なので,それなりに完成度の高い製品

R10は本当にいいカメラですよね。そして価格もずいぶん安くなりました。僕はGX200やGRD2の後継情報などを加味してからCX1購入を検討したいなと思います。

半年後は手ごろな値段になってそうですし(CX2の発表があるでしょうから)。

投稿: いきゅう | 2009.02.24 16:25

いきゅうさん,初めまして!丁寧に読んでいただき,ありがとうございます!ブログの記事でのご紹介も,ありがとうございました。PhotoStyleVoicesでも,お世話になっています。

GRD2もお持ちなんですね。R10の次って,もうこれ以上なにかできるのかなぁ?って思ったら,CMOSですもんね。はやく絵が見てみたいですよね。

GX300,GRD3の動向も気になります。

今後とも,どうぞよろしくお願いいたします!

投稿: HAMACHI! | 2009.02.25 02:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/44111042

この記事へのトラックバック一覧です: CMOS撮像センサーを搭載して高速度撮影が可能な「RICOH CX1」:

« 「他人の不幸喜ぶ」「ねたむ」脳の場所特定 | トップページ | 「箱」は,殻じゃなくて,「自己欺瞞」。「自分の小さな「箱」から脱出する方法」 »