« 時計の会? | トップページ | CASIO EXILIM EX-400の「ベストレビュー賞」,いただきました。 »

海外研究留学へ行こう!

若手研究者の海外武者修行を支援、政府が渡航費や滞在費(Yahoo!ニュース) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090418-00000650-yom-sci

政府は、5年間で1万5000人~3万人の若手研究者や大学院生に渡航費と滞在費を支給し、海外の大学や研究機関へ数か月から1年程度、派遣する構想。300億円の基金創設を、2009年度補正予算案に盛り込む。

海外に1か月以上滞在して研究する研究者は、2000年度の7674人をピークに減少。海外で学ぶ留学生も04年度の8万2945人から減り続けている。

これ,いいですね。

少しでも物事の仕組みを知ることが楽しいと思うヒトは,研究者として海外留学する機会,ぜひ作って下さい。

日本を外から眺めることができるというのは,そうそうできない経験ですが,援助をもらえるなら,それも若い人対象なら,ちょっと頑張ってみてはいかが?

実際に行くと,日本のクオリティの高さを実感できたり,海外の大学の教育システムに感銘を受けたりと,生活しないと見えてこないところがいろいろ体感できます。

帰国後に安定した職を得られる保証はないかもしれませんが,海外留学したことがあるだけで,他の人と違う視点がもてているはず。そのあとだって,なんとかなりますよ。

留学生活をしっかり楽しんで,ま,肌に合うようならそのまま現地に残るもよし(制度上や経済的には難しいところもあるかもしれませんが),日本で留学の経験を生かしつつ活躍するもよし。

支援してくれる制度があるなら,デメリットよりメリットの方が大きいと思います。

ぜひ。

僕の研究留学の記録(更新停止中)は,こちらからどうぞ。→「まわりのアメリカ


バイオサイエンス研究留学を成功させるとっさに使える英会話


研究留学術

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« 時計の会? | トップページ | CASIO EXILIM EX-400の「ベストレビュー賞」,いただきました。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/44715825

この記事へのトラックバック一覧です: 海外研究留学へ行こう!:

« 時計の会? | トップページ | CASIO EXILIM EX-400の「ベストレビュー賞」,いただきました。 »