« 「椅子がないオフィス」 | トップページ | 50歳代以降はかかりにくい?新型インフルエンザ »

コンパクトでファインダー視野率100%のPENTAX K-7発表に!

日本のティザーサイトがPENTAXの新しいデジタル一眼レフカメラ「new K」をお披露目する前に,アメリカのサイトで,詳細が明らかになりました。

やはり,ネーミングは,「K-7」。

ペンタックス渾身のスペックは,以下の通りです。

マグネシウム合金ボディとステンレスシャシー。コンパクトな 5.1インチ(130.5mm)(幅) x 3.8(96.5mm)(高)x 2.9インチ(72.5mm)(厚) (W x H x D)で,防塵防滴。目指したのは,「もう一度*ist Dサイズまで小さく」。うれしいじゃないですか!
ちなみに,ist Dは,129(幅)×94.5(高)×60(厚)mm,550g。厚みを除いては,ほぼ同等。ちなみに,ペンタックスブランドで一番小さいK-mは,約122.5(幅)×91.5(高)×67.5(厚)mm。僕が持っているK10Dは,141.5mm(幅)×101mm(高)×70mm(厚)。幅で1cm近くコンパクトになっています。
厚みがほとんど変わっていないのは,僕にとってはハンドリングが変わらないと思われるので,特に問題にはならないはず。大型の3インチ液晶,動画機能,100%の光学ファインダーを搭載して,このサイズに収めたというのは,並大抵の努力ではなかったのでは。
もう,サイズだけでも,大拍手です。

撮像素子は,1460万画素CMOSセンサー。ボディ内の手振れ補正機能は,回転系のブレにも対応。

背面液晶は,3インチ92万1千画素。コントラストAF,顔認識ができるライブビュー対応。11点ワイドAFセンサー「SAFOX VIII+」(中央9点はクロスタイプ)を搭載して,オートフォーカスは,より早くなっているようです。

5.2枚/秒連写可能。新しい PRIME IIイメージプロセッサ搭載。シャッタースピードは最高1/8000。

ペンタプリズムの光学ファインダーは,視野率がなんと100%と最高級モデルに匹敵。倍率は,0.92倍。バーグラフを参考に構図の調整と水平出しが同時に可能な電子水準器搭載。

ハイダイナミックレンジ対応。さらに3枚ブラケティング自動連写でHDRイメージを生成することも可能。

デジタルフィルターには,待望の「ミニチュア」をはじめ,16種類。重ねがけも可能。

画像から白くしたいポイントを選んで適切なホワイトバランスを得るマニュアルホワイトバランスと,従来のオートホワイトバランスに加え,環境光を強調する「CTE」モードを搭載。

カスタムイメージには,「鮮やか/ ナチュラル/ 人物/ 風景 / モノトーン」とK20Dからの特徴ある鮮やかさの「雅」に加えて,色の芯を残して彩度を抑える「ほのか」が加わりました。

著作権者名挿入機能。

記録メディアは,SD/SDHC。

専用バッテリーグリップD-BG4は,980枚撮影可能な大容量バッテリーD-LI90の他に,単3形電池にも対応。

高感度でHDムービーにも対応。最大1,536×1,024ドット(1080i 3:2)のMotion JPEG(AVI)動画撮影ができます。他に1,280×720ドット(720p 16:9)/640×416(3:2)ドットも。動画撮影時も手振れ補正とスタート時のみですがオートフォーカスが有効。HDMI端子搭載。外部マイク端子は,ステレオ対応。

K10Dユーザーの僕にとっては,欲しいものがすべて入った新しいNew K-7。
コレが買わずにいられますか?!>財務省
撮影した画像を早く見たいなぁ!!「NEW K 体感&トークライブ」は,日曜日に行ってきます。

日本では,本日発表予定。ってやっぱり,今回のティーザー,実に綿密に情報リークをコントロールしている気がします。特に日本のユーザーにとって。

英語ですが,動画も公開。

5月21日現在,「楽天」最安値→ペンタックス K-7 ボディ【送料無料】


PENTAX K-7 ボディ+SDHCカード4GB+液晶保護フィルム+バッグセット送料無料,サービスを考えると,このショップ。

「楽天」で,ペンタックスK-7の価格を検索。

<追記>
PENTAX K-7の「体感&トークライブ」に行ってきました。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« 「椅子がないオフィス」 | トップページ | 50歳代以降はかかりにくい?新型インフルエンザ »

K-7」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

K-7発表で、早速HAMACHI!さんの見方を。。。と思って読ませて頂きに来ました~!

このサイズでこのスペックで、更にこの価格設定で。。。という事に驚くのと共に、個人的にはまっているのがあのストラップ金具を採用した事です^^;
あれは良さそう。。。
革ストラップをリング金具で付けたら、最近のデジタルには無いスタイリングになりそうですね!

K-mでも、PENTAX頑張ってるなぁ。。。と思っていましたが、K-7は更に頑張りが見えてきますね!
開発陣のスタッフさん、お疲れ様。。。と言いたい一台ですね~^^

投稿: かもねぎ | 2009.05.22 11:04

こんばんは!
K-7発表されましたねー!
スペック見ただけでうっかり残高確認してしまいました(爆
このスペックでこの軽さ・小ささを両立できたというのは
ニコンやキヤノンではマネできないだろうなと、ほくそ笑んでしまいます(^^)
僕は体験トークライブin仙台は都合により行けないので、
HAMACHI!さんのレポを楽しみにしています♪

投稿: anomalocaris | 2009.05.22 23:30

かもねぎさん,コメントありがとうございます。
情報リークは,ふんだんにありましたが,他社に真似できないコストパフォーマンスとサイズ,期待を超えるスペックで出てきましたね。デザインも目新しくて,持ち出したくなるカメラだと思います。
後は,操作性,画質が,やはり気になりますよね。

anomalocarisさん,コメントありがとうございます。
スペックだけでも十分魅力的なデジイチですよね。今まで,他のメーカーで,ちょっとうらやましかったいたところも,例えば,連写スピード,シャッタースピード,HDムービーなど,現在考えられる機能はほとんど入っているんじゃないでしょうか。過不足無いスペックに支えられた画質と操作性をトークライブで体感したいと思います。

投稿: HAMACHI! | 2009.05.23 01:17

発表当日の勢いに任せて予約しちゃったんで今更ですが(笑)
明日のHAMACHI!さんのレポート楽しみにしていまーす。
じっくり(…なんて余裕はないかな?)楽しんで来て下さいね。

予想を遥かに超えた造り込みですよね、ホント。

投稿: ふたまパパ | 2009.05.23 20:58

ふたまパパさん,コメントありがとうございます。遅ればせながら,お誕生日おめでとうございます。で,K-7も!!
K10Dの時も,かなりわくわくしましたが,K-7,やっぱりすごいです。あの価格で,あそこまで,よくやってくれましたよね。

K20Dの時と比べて,派手さはありませんでしたが,熱気の伝わってくる楽しい発表会でした。
また,後ほど。

投稿: HAMACHI! | 2009.05.24 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/45079874

この記事へのトラックバック一覧です: コンパクトでファインダー視野率100%のPENTAX K-7発表に!:

« 「椅子がないオフィス」 | トップページ | 50歳代以降はかかりにくい?新型インフルエンザ »