« しっくりくる。PENTAX K-7 | トップページ | ミニチュアで撮ってみた。PENTAX K-7実写レビュー »

まずはデフォルトで撮ってみた。PENTAX K-7

PENTAX K-7のファーストショットは,こちら。

tuna (by HAMACHI!)
拡大すると,さらにうまそうでしょ。
京橋にある「司」のお寿司です(紹介記事は,こちら)。35mm マクロを装着。グリーンモードで,何も設定はさわらず。


35ミリ判換算で 53.5mm相当の画角を持つLimited 初のマクロレンズ(DA35MMF2.8Macro Limited )
PENTAX/ペンタックス smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited  【送料代引き手数料無料!】

IMGP0007 (by HAMACHI!)
赤貝だって,みずみずしくて,美味しかったなぁ。拡大

fatty bonito (by HAMACHI!)
こちらは,カツオのトロ。珍しいモノをいただきました。おいしいっ!拡大すると「サシ」の部分が,さらにうまそう。写真を見て思い出してまた,つばが…(笑)。

K-7のホワイトバランスは,K10Dと比べるとかなり良くなってますね。電灯光に苦労していたのですが,AWB(オートホワイトバランス)のまま,多少クセはあるみたいだけれど,さくさく撮れます。K10Dだと,電灯光に設定しないと色かぶりがかなり出てしまったケースです。AWBとは逆に色を強調する方向にホワイトバランスを調整するCTEモードも気になりますが,今回は,設定デフォルトです。

あとは,やはりファインダーの100%視野表示。

anago (sea eel) (by HAMACHI!)
とろける穴子を拡大。口の中でふわっと溶けて,香ばしさが鼻腔にまで広がります。至福の時。

ファインダーで見たままが,K-7の背面液晶モニターに再生表示される。
これって,いままでになかった感覚です。構図にこだわるヒトには,もう,欠かせない性能です。

K10Dだと,「このあたりまで写っているはずだから…」と周囲の写り込みもちょっぴり意識して撮らなくてはいけないか,あるいは,気がつかなかったモノが入ってしまって撮った画像をトリミングしていたところなのですが,この辺,あっさりとそのまま表示されるのが,新鮮。というか,当たり前すぎて,正直,頭が慣れるのにしばらく時間がかかりそうです(苦笑)。

Japanese teacup (by HAMACHI!)
ごちそうさまでした。

鮨処 司  -TSUKASA-
住所:東京都中央区八丁堀3-3-2
電話:03-3552-8207

K-7,持ち出すのが楽しいカメラです。
作例サンプル,もうちょっと続きます。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -


「楽天」で,PENTAX K-7の価格,在庫情報を検索

|

« しっくりくる。PENTAX K-7 | トップページ | ミニチュアで撮ってみた。PENTAX K-7実写レビュー »

K-7」カテゴリの記事

コメント

くぅ〜鮨も旨そうだけど.......

あ、K-7ご購入おめでとうございます!

そして妬み〜〜〜〜(^_^;)いいなぁK-7!

35mmLtd.をつけるとメッチャカッコいいでしょうね!

くぅ〜〜〜〜欲しい〜〜〜〜!!

投稿: 丁稚 | 2009.07.03 17:48

K-7ご購入おめでとうございます!
CTEモードがとても気になるのですが、これから続々とレビューがアップされると思うので、期待してます(^^)

投稿: mah | 2009.07.03 21:34

丁稚さん,コメントありがとうございます。
K-7,いいですよ。
ほんとK10Dでできることは,もちろんですが,k-mの遊びエッセンスも入っていたり,かなりいろいろと長く使えそうです。
K20Dは,我慢して良かったと思ってます。ぜひ。

mahさん,コメントありがとうございます。
K-7,いかがでしょう(笑)?
CTEをはじめとして,設定できることも多くて,迷っちゃいそうです。
刺激できるような写真,頑張って撮りますね。

投稿: HAMACHI! | 2009.07.07 13:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/45522808

この記事へのトラックバック一覧です: まずはデフォルトで撮ってみた。PENTAX K-7:

« しっくりくる。PENTAX K-7 | トップページ | ミニチュアで撮ってみた。PENTAX K-7実写レビュー »