« K-7持って,熱海へ行こうよと君は言った。 僕は,竹輪が食べたかった。 | トップページ | iPod・iPhoneに最適なステレオ角度とは?「ロジテック・LIC-iREC03P」 »

光学10.7倍ズームレンズのリコー・CX2発表!

RICOH CX1の後継機CX2が発表になりました。

9月11日に発売。

今回は,ネーミングに謎は特になし。
で,正常進化と思いきや,このシリーズ今までずっと焦点距離が35mm換算値で28〜200mmだったところ,CX2では,広角28mm・望遠300mmと,10倍以上のズームレンズを搭載してきました。ズームレバーを回し続けると高速ズームに移行します。光学ズームとデジタルズームを併用するオートリサイズズームは,なんと最大57.8倍で,1620mm相当になります。
CX1のカタログスペックレビュー
たしかに,ここのところ,10倍以上のレンズを搭載したデジカメが出てきてますから,光学的なスペックアップもしておかないと,店頭で見劣りしちゃいますからね。このサイズのコンパクトデジタルカメラでは,大きなアドバンテージになります。

目を惹くのは,グレーとピンクのツートンモデル。かなりチャレンジングな色づかいのような気がしますが,実際に見ると違うのかな。これは,ひとつ,季節柄,ブラックとオレンジのハロウィンモデルも出して欲しかったところ。ええ,単に個人的な趣味ですけど。

10.7倍のズームレンズを搭載したことで,若干厚みのみが増えて,サイズは,101.5(W)×58.3(H)×29.6(D)mm(CX1は,101.5mmx58.3mm x27.9mm)。重さは,5g重くなって約185g。

CX2のズームレンズの開放F値はF3.5(広角)〜F5.6(望遠)。CX1のF値がF3.3〜 F5.2。望遠になっている分,若干暗くなっているのは,しかたのないところです。レンズ構成は7群10枚で変わらず。CX1でCMOSに変わった撮像素子も,1/2.3型CMOS(総画素数 約1029万画素)で,変わらず。1cmからの便利なマクロ,センサーシフト式の手ブレ補正機構,液晶モニターも約92万ドットの3型で変わらず。

ズーム倍率以外の目玉は,オートフォーカス方式に「コンティニュアスAF」と「プレAF」が追加されたこと。「プレAF」は,面白いですね。コンティニュアスモードだと半押ししたまま被写体をカメラで追いかけるのですが,プレAFでは,シャッターボタンを半押ししなくても被写体の動きに応じてフォーカスを調節し続けるというもの。よく動くお子さんや,水族館の魚,ペットのワンちゃんなど撮るときには,便利かも。ただ,照明が暗いときにどうなるか,ちょっと気になります。連写速度は最高で約5コマ/秒。焦点位置を変えて撮影できる「マルチターゲットAF」も健在なのですが,これ,どういうときに使うのかちょっと不明だったのです。できれば,FinePixF70EXRのような「ボケ」を作り出すようなソリューションを見せて欲しかったな。

シーンモードに,ミニチュア写真風に加工する「ミニチュアライズ」や,最近ちょっと流行りかもしれないコントラストを強調し増感現像風で粒状感のある「ハイコントラスト白黒」,フラッシュ,AF補助光,操作音がオフになる「マナー」が追加されています。デフォルトを「マナーモード」にしておいてくれると,無駄で迷惑なフラッシュ撮影が減ると思うんだけどね。でも,CX2の価格とスペックを考えると,初めてコンデジを買うユーザーがターゲットではなさそうだから,いいのかな。シーンモードからは,CX1にあった顔認識の「フェイス」モードがなくなった代わりに,イージーモードに設定したときに8人までの顔を同時に認識して,露出合わせと合焦をしてくれるようになりました。

CX1で大きく進化したCXシリーズですが,個人的には自分が持っているR10を買い換えるほどの大きなインパクトは残念ながら,まだありません。ここのところ,コンデジスペックは,高倍率が主流になりつつあります。でも,やっぱりレンズの明るさじゃないかな…と思いつつも,そういうヒトには,明るいレンズは,GR-D IIIのようなプレミアムコンパクト用に別途用意してあるから,そっちを選んでね,ということなのかな。となると,GX200の後継モデルが俄然,気になるところ。

RICOH リコー CX2の在庫・価格情報を検索(楽天)

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« K-7持って,熱海へ行こうよと君は言った。 僕は,竹輪が食べたかった。 | トップページ | iPod・iPhoneに最適なステレオ角度とは?「ロジテック・LIC-iREC03P」 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

きましたね CX2 。

個人的にはコンティニュアス AF の搭載は嬉しいかも。
こういう使い方できるのか分かりませんが、テニスとかで選手を合焦しておけば、動かれても AF が追従するんなら、高速合焦がなくてもラリー中の写真も撮れるのかな? だと嬉しいっす。

でもまぁ、 GX200&FC-100 があるんで購入はしないですが(^^;)

投稿: Neko | 2009.08.21 10:37

ツートンモデル限定&期間限定で、パネル交換サービスが提供されるようですね。

この資料みると、変更後のツートンモデルはボディが銀x黒になってますね。天板だけ交換らしいんで、実際とは違うのかな?

リコー、「CX2」のカラートップパネル交換サービス
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090821_309732.html

投稿: Neko | 2009.08.21 16:16

Nekoさん,コメントありがとうございます。
スポーツ系の写真にも強いといいですよね,CX2。
最近のコンデジは,かなり高機能になってきたので,バージョンアップする側も,いろいろと仕掛けないといけなくなってきましたね。
カラートップパネル交換サービスも,カスタムメイドまで,もっていってくれると嬉しいな。黒とオレンジだったら,ほんと,年がら年中,持ち歩きますよ。

投稿: HAMACHI! | 2009.08.25 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/45985308

この記事へのトラックバック一覧です: 光学10.7倍ズームレンズのリコー・CX2発表!:

« K-7持って,熱海へ行こうよと君は言った。 僕は,竹輪が食べたかった。 | トップページ | iPod・iPhoneに最適なステレオ角度とは?「ロジテック・LIC-iREC03P」 »