« iPhone/iPodがリニアPCMレコーダーに「ロジテック・LIC-iREC03P」 | トップページ | PENTAX K-7をプラズマテレビにつなげてみた。 »

作りものの世界を逆手にとって。「ボルト 3D」

ジョン・ラセター製作総指揮による初のディズニー3D映画「ボルト」を観てきました。そういえば,世界新記録を出したのも,ボルトですね。

Boltmovie

お楽しみの前座短編は,お久しぶりの「カーズ」のメーターが主人公。
なんと舞台は,東京。これは,日本向けなバージョンってわけじゃないよね?
東京タワーがちょっと短くデザインされていたり,あんならせんの道があったら,たしかに面白いよなぁ。

というわけで,本編へ。

あー,こんなに一途でかわいくて勇気のある犬,欲しいなぁ。

あらすじ解説 ボルト3Dby goo映画

ネタバレありで,続きます。

ハリウッドなら代わりはいくらでもいそうだけど,代わりにならないものの大切さとかが,ぐっとくる映画です。ヒロインがいなくなっても,スタッフって意外と薄情なんだなってのは,なるほど,その手がね,って感じ。

スーパーボイスの威力,すごいですよ。でも,犬に撮影しているところを気がつかせるなという設定,CGでやればいいじゃんってわけじゃないので,スタッフのヒトの苦労や,タイミングとか,めっちゃ大変そうなんだけど,まぁ,そういうことは気にせず観る映画です。

うっかり聞きそびれたかもしれないのだけれど,ボルトがいなくなって,「撮影が中止になりました。」というニュース,予告編にはあったんだけど,本編ではなかったような気がします。これがないと,なんだかちょっと気になって,先に進めないんだよね。

鳩の会話のニモのくだりは,ちょっと笑いました。でもよく考えてみると,この映画,陸上版ニモかもね。
ハリウッドが「つくりもの」の世界だからこそ,こういう映画を作ることができたのかな。

Bolt3dmovie
3D用の偏光メガネを劇場に入る前に渡されます。意外としっかりした作りで,すぐに壊れちゃったナイトメア3Dのメガネに比べると,かなり安心感があります。

3Dじゃなきゃって映画じゃないけど,どちらか選べっていわれたら,3D版を選ぶかな。そんなにすごく飛び出したりはしなかったかな。あまりやり過ぎると目が疲れちゃいそうだからかな。最後の方,ちょっとウルっときた時に,メガネが曇っちゃったのは,しかたないですね。

70点。

パンフレットは購入しませんでした。
3D版は,日本語吹き替え版なので,ジョントラボルタがボルトの声をやっているらしいので,DVDは買うかも。
BD版で,3Dにして出さないかな?メガネ持ってるし(笑)。

BOLT

エンディングに流れていた歌,ちょっと耳に心地よく残りました。
「同じ空を見上げてる」by 甲斐名都icon


- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« iPhone/iPodがリニアPCMレコーダーに「ロジテック・LIC-iREC03P」 | トップページ | PENTAX K-7をプラズマテレビにつなげてみた。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/45959792

この記事へのトラックバック一覧です: 作りものの世界を逆手にとって。「ボルト 3D」:

« iPhone/iPodがリニアPCMレコーダーに「ロジテック・LIC-iREC03P」 | トップページ | PENTAX K-7をプラズマテレビにつなげてみた。 »