« Life-X「2009年の思い出を振り返ろう!キャンペーン」 | トップページ | 元祖ブロガーズオフミ »

一石を投じた(つもり)。

3月まで働いていた自分の大学の現状に憂慮していることを,同窓会誌に書かせてもらった。

お話を下さったI先生に,感謝している。

Twitterにはちょっと前に投稿したことを書いたのだけれど,うちの奥さんの反応は,「こんなこと書いちゃっていいの?」だった。

昔いた職場の悪口を言う人は損をしているという話もあるが,僕の文章を読んで悪口だと思うヒトは,たぶん何も見えていないヒトだろう。ダメな大学や教授には,ダメって言わ(え)ないから,どんどんダメになるんだ。建設的な批判を受け入れる度量がない組織や学会も同じ。自分を育ててくれたところだから,悪くなんか言いたくないよ。だけど,育ててくれた立派な人たちは,もう,ほとんど大学にはいなくなってしまったんだ。

大学にいると言えないこと,書けないことが増えてくる。それは,他の組織でも同じだと思う。
風通しが悪いことの証なのだけれど,「死に体」状態が続けば,それにトップが気がつかなければ,やがて来るのは,「お取り潰し」ではないかと危惧している。私立よりも潰しやすい独立行政法人でもあるわけで。

現場にいる者はみなわかっている危機感を,どうにもできない焦燥感を,柔軟性のある若い人たちのアイデアや成功している開業医の意見を,上が積極的に取り入れるような仕組みを作らなければ,ふんぞり返っていても患者さんが来るような病院では,100年経っても何も変わらないような気がする。

そんな思いを900字程度にまとめた。握りつぶされることなく,よくそのまま発行してくれたと思う。
同窓会誌の関係者の皆さんに感謝を申し上げる。

静まりかえった大きな湖に,一石を投じたつもりだ。
波紋がどこまで広がるかはわからない。
でも,昨日会った,現場で頑張っている友人に,「溜飲が下がりました。」と言ってもらえた。

書いてよかったと思う。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« Life-X「2009年の思い出を振り返ろう!キャンペーン」 | トップページ | 元祖ブロガーズオフミ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

読んでいるのに「読まなかった」ことにしてしまうであろう人達に、
少しでも波紋が到達すれば良いのでしょうが…。

歯科と言う閉鎖空間の中で、さらに閉鎖的なコミュニティになりつつある気がします@大学。

個人的には、同窓会誌もなかなか骨があるな、とも思っていました。
滞納している同窓会費を少し払っても良いかなと多少心が揺れ動くほど^^;)
(まだ不満が多いので実行するかは微妙ですが)

是非、周囲の反応を含めた「続編」も期待しています。

投稿: 司会の歯科医 | 2009.12.16 09:52

マザーテレサの言葉に
こんなものがあります。

目的を達成しようとするとき
邪魔立てする人に出会うでしょう
気にすることなく、やり遂げなさい

あなたの正直さと誠実さとが
あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく正直で
誠実であり続けなさい

あなたの中の最良の物を世に与えなさい
蹴り返されるかもしれません
でも、気にすることなく
最良の物を与え続けなさい

あなたの中の最良の物を
BYマザーテレサ(原文ケント・M・キース)

人は良いと思っていても
今を手放すのが怖くて
駄目だと分かっていたり、良くないと分かっていても
今の痛みを続けている方が楽なのが常です。
変わってしまえば
なぜ、手放せなかったのか???と
簡単に忘れてしまうのに・・・

まるで、虫歯があるのに我慢していて
治療した子供と同じですね。

投稿: すー | 2009.12.16 20:15

司会の歯科医さん,すーさん,
心に染み入る温かいコメント,ありがとうございます!
声の大きいヒトが幅をきかせる世の中に,ちょっと嫌気がさしていたりするのですが,自分たちの業界を良くするためには,声を大きくしないといけない部分もあるのかなぁと,ちょっとジレンマ。
今後とも,どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: HAMACHI! | 2009.12.27 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/47027196

この記事へのトラックバック一覧です: 一石を投じた(つもり)。:

« Life-X「2009年の思い出を振り返ろう!キャンペーン」 | トップページ | 元祖ブロガーズオフミ »