« 「まわりぶろぐ」6周年です。 | トップページ | 「安さ爆発」だったのに…。 »

地球と太陽系の命運をかけて!「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」第1部

2010年最初の映画は,「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」を観てきました。

Yamato

もう,最初に断言しちゃいます。

テレビ版「宇宙戦艦ヤマト」をリアルタイム,再放送でみていたヒトは,必見です。

僕自身は,監督やプロデューサーが前面に出てくる作品って,あんまり好きじゃないんですよ。コンテンツのみで楽しみたいタイプなのかな。なんだかいろいろとゴタゴタはあったり,『宇宙戦艦ヤマト 完結編』の続編で,関連映画も何本か作られているようですが,間があいていたって平気です。キャラクターの顔が違っても大丈夫。すんなり入り込めます。製作発表は,1994年ですから,難産でしたね。

以下,ネタバレありで続きます。

移動性ブラックホールの脅威と地球人類の移住計画を阻止しようとする謎の星間国家連合。二重の危機に立ち向かうヤマトの艦長となった古代進。
詳細なあらすじと解説 by goo映画

凍りついたアクエリアスの海から雄々しく浮上するヤマトのシーンとテーマソング。
泣きそうになりましたよ。アルフィーだけど。歌詞の「イスカンダル」は,突っ込むところ?

Space Battleship Yamato

今度の波動砲は,6連発。
これが,あとのストーリーにいろいろと活きてくるわけで,でも単調なストーリーではなくて,最後の最後まで,息を呑む展開。これは,アニメーションとCGによる視覚効果なのでしょうね。効果音や,波動砲を打つときの台詞なんて,テレビシリーズのままです。よく真似したっけなぁ。ヤマトの絵なんて,どんだけ描いたかわかりませんよ,教科書に。

SUSって,何の略なんでしょうね。
相変わらず,すべての登場人物が日本語をしゃべってくれるのが,ちょっぴり気になりますが,全編を通して,ああ,これが「ヤマト」の「お約束」のストーリー展開だ。と納得できるのが,また嬉しいじゃありませんか。

しっかしまぁ,ヤマトの装甲の固いこと,固いこと。観ている方も,ココで負けるわけがないと思っているのですが,手に汗握りました。なんだよ,あの噴水のような戦艦の出現の仕方。BGMが,また煽ります。

新しい乗組員が増えて,ヤマトも新しくなり,まだ解決できていない点もあるので,第2部に続きそうですね。
あ,ここまで書いて気がついたけど「復活」したのは,N氏?

レイトショーで観たので,販売店が閉まっていてパンフレットは購入できず。
80点

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

この愛を捧げて
この愛を捧げて・THE ALFEE


バンダイ 1/350 宇宙戦艦ヤマト

|

« 「まわりぶろぐ」6周年です。 | トップページ | 「安さ爆発」だったのに…。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/47269740

この記事へのトラックバック一覧です: 地球と太陽系の命運をかけて!「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」第1部:

« 「まわりぶろぐ」6周年です。 | トップページ | 「安さ爆発」だったのに…。 »