« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

au初のandroid携帯は,シャープ製スマートブック「IS01」

auから,やっとのこと,google製のOS「android」を搭載したスマートフォン「IS01」が発表されました。発売日で考えると,docomoから遅れること,約1年。

「IS01」は,シャープ製のフルキーボードとタッチパネルディスプレイを搭載したスマートフォン。「ネットブック」と「スマートフォン」の間を行く「スマートブック」と呼んで欲しいようです。
そのため,ディスプレイは通常の携帯よりやや大きいサイズで約5インチ,解像度は960×480ドットと,現行のiPhoneよりも広くなっています。

形状もヒンジでノートパソコンのように液晶画面とキーボード画面が開くタイプで,通常の通話の他に,IEEE802.11b/gの無線LANやBluetooth 2.1+EDR,赤外線通信にも対応しています。

さて,auのケータイW61Sを持っている僕が,ちょうど5月に2年シバリがあけるのですが,この「IS01」が買いかというと…

続きを読む "au初のandroid携帯は,シャープ製スマートブック「IS01」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Canon EOS Kiss X4でマクロ。

EOS Kiss X4

Kiss X4でマクロというよりは,Kiss X4をマクロ,って感じの,真っ黒(スルーしてね)な写真ですが,まぁ,どのカメラで撮ったかはクリック先で見て頂くとして,職場のカメラをKiss X4に新調したわけです。

たぶん,「とうとうキヤノンへ?!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが,僕が買ったのではありません。まぁ,僕もレンズとボディは持っているので,買ったとしても不思議ではないのですが…。

で,

続きを読む "Canon EOS Kiss X4でマクロ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GXRのメニューボタン長押しで,フォーカス拡大!

Gxrfocus

RICOHのRING CUBEで開催されたワークショップ「GXRな魅力にフォーカス」に,参加してきました。

講師は,GRistの塩澤一洋(shio)先生。

参加された方の半分は,GXRユーザー,という構成でしたが,その他の方もGR Digitalユーザーだったりと,リコーのカメラの経験があるようでした。

セミナーが始まる前から,僕を含め,数人の参加者とカメラ談義。カメラをしっかり固定するためのストラップの思いがけない使い方も教えて頂きました。

セミナーの内容は,大別すると,GXRの10の魅力,撮影の3ステップ,GR DigitalとGXRについての3つ。
予定の1時間半を越えて,熱くGXRやGR Digitalの使いこなし方,写真の撮り方を,たくさんの作例をApertureを使いつつ,お話しくださいました。

続きを読む "GXRのメニューボタン長押しで,フォーカス拡大!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

六義園の枝垂れ桜ライトアップ2010

3月20日に開花した六義園の枝垂れ桜が,日没から21時までライトアップされているというので,見てきました。

秋の紅葉ライトアップは,こちら

駒込の駅に近い方の染井門から入ると,しばらく一人で歩くのは怖いくらいの暗い道が続きます。

そして,内庭大門をくぐると右側に,高さ約15m,幅は約20mという,見事なシダレザクラが現れます。

weeping cherry
RICOH GXR S10 24-72mm

土曜日の夜で,相当混雑しているかと思ったのですが,順番をちょっと待てば,かなり近づいて写真が撮れる程度の混み具合でした。

しだれ桜と大名庭園のライトアップ』は,今年で10年目なのだそうです。

pond and pinetrees
RICOH GXR A12 50mm

園内はかなり広く,シダレザクラ以外の所もライトアップされて見られるようになっています。

続きを読む "六義園の枝垂れ桜ライトアップ2010"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

なんだか健気なんだよなぁ。

Spirea white ユキヤナギ
RICOH GXR A12 50mm 拡大 オリジナルファイル

桜の季節が近づくと,しだれる枝に一斉に咲き始める真っ白な「ユキヤナギ」。

誰が考えたか知りませんが,ぴったりの名前ですよね。

わざわざ桜の季節に咲かなくてもいいのにと思いますが,健気に自己主張してます。集合の美というか…。

なんだか惹かれるんですよね。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

| | コメント (2) | トラックバック (0)

RICOH GXR 自動開閉式レンズキャップ(LC-2)の盲点。

RICOH GXR LC-2 dust-03

最近は,どこへ行くにも,RICOH GXRを左のポケットに入れて,持ち歩いています。

カメラユニットは,手ぶれ補正機能付きの「RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC」に,自動開閉式レンズキャップのLC-2をつけっぱなしに。A12 50mmのユニットは付属の巾着の中に入れてやはりポケットに。これが一番かさばりません。

LC-2は,沈胴レンズの鏡筒の繰り出しとともに,自動的に開閉する,バネのついたヒンジタイプのレンズキャップです。

自動開閉式ということで,初めて見た人が「おぉっ!」っとなるのは楽しいし,キャップを付けたり外したりしなくていいので,とても便利。

ただ,盲点がひとつだけ,ありました。

続きを読む "RICOH GXR 自動開閉式レンズキャップ(LC-2)の盲点。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

桜の季節がやって参りました。

sakura starts
RICOH GXR A12 50mm 拡大

2010年,桜の開花宣言が出てから,ちょっと肌寒い日が続いていますが,この時期,花粉症で頭もやられているせいか,カメラを持って出かけたくなる気持ちで,自分が浮き足立っているのがわかります。

上の写真は,京橋にほど近い,銀座桜通りの桜。まだまだ満開には時間がかかりそうです。

[東京都内で夜桜を楽しみたいスポットランキング] というのがgooで出ていました。

続きを読む "桜の季節がやって参りました。"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

そんなに武闘派だったっけ?映画「シャーロック・ホームズ」

Sherlockholmes

特に下調べもせず,コマーシャルの印象だけで,映画「シャーロック・ホームズ」を観てきました。

シャーロック・ホームズの詳細のあらすじ(by goo映画)

僕と誕生日が同じ探偵ホームズですが,この映画では,今までのシャーロック・ホームズ観とは,だいぶ違うホームズがみられます。
ヴァイオリンの演奏はできるようですが,それよりも,頭脳と「腕っ節」で,事件をアグレッシブに解決していきます。

続きを読む "そんなに武闘派だったっけ?映画「シャーロック・ホームズ」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「連絡ぐらいしてよね」に対する,一つの考え方

妻の「帰宅不満」爆発 「電話の1本くらい入れてよ」

「夫が何時に帰ってくるのかわからなくて困る」「遅くなるなら前もって電話の1本くらい入れてよ」――こんな風にネット上で不満を漏らす妻は意外と多い。一つ屋根の下で暮らす上で相手の予定や行動がわからないと、多かれ少なかれ悩みの種になるようだ。

これ,ありますよね。
男の側からすれば,連絡できないタイミングだってあるんだし…と言い訳の一つもでてくること。

で,ここまでは,よくあるトピックの記事なのですが,特筆すべきは,女性のカウンセラーからの考え方が紹介されているところ。

以下,引用します。

続きを読む "「連絡ぐらいしてよね」に対する,一つの考え方"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

写真展『MATKA』に行ってきました。

uphill street

駒込駅から歩いて5分ほどの所にあるギャラリー「la grotte」で,本日3月22日まで開催されている,仲良し3人組による写真展『MATKA』に行ってきました。

壁一杯に,彼女たちがスナップしたヨーロッパの写真がちりばめられていて,見た瞬間「うわぁー!」ってなります。

3人のうちの,誰が,どこで,どのカメラで撮ったかなんてわかりませんが,旅先で,人にも風景にも物怖じせず,何かを感じた瞬間に,カメラに収められた写真は,見ている僕にダイレクトに響いてきます。

MATKA

ギャラリーに来てくれたヒトたちを歓迎するホスピタリティも,ほんわかと伝わってきて,なんだか温かい気持ちになりました。

今日,どこにも行く予定がないなんて方は,お散歩がてら,写真展などいかがでしょう。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「御自由にお持ちください。」

Sobatsu

こんなの閉店の挨拶じゃないよね。

最近,気に入って通っていたお店のシャッターが,前触れもなく,突然閉まったままになり,2,3日後に貼られていたのがこれ。
この下に,お店で使っていたと思われるプラスティックのボックスがいくつか置かれていました。
形見分けですか。

ちょっと前までは普通に営業していたのに,閉まりきっていないシャッターの下からは,お店の内装を取り壊したとみられる瓦礫も。

コストパフォーマンスの良いお店だっただけに,こんな終わり方が,残念でなりません。

何があったのかは,わかりませんが,お客の思いとお店側の思いが,一緒でなかったのかと,いや,そんなこと当たり前なんでしょうけれど,突き放されたようで,しばし,この張り紙を見ながら,立ちつくしてしまいました。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ずっと好きでした」のマクロ

hydrangea
RICOH GXR A12 50mm

「先生,ずっと好きでした。」
過去形が,ちょっと気になりますが,謝恩会でこのお花をいただいたときに,渡してくれた学生さんから言われた言葉です。

うれしいですね。
ええ,単なる自慢話です(笑)。

ただ,真面目な話,自分の授業を一生懸命理解してもらっただけじゃなくて,自分という人間を認めてもらっているというのが,とてもありがたかったんです。

message

いただいた手書きのメッセージには,「ずっと好きでした」とは書いてありませんでしたが(笑),感謝の気持ちが綴られていて,読んでいて,ちょっとウルっときてしまいました。

育てたつもりが,こちらが育てられていた。
この時期,いつも感じることです。

僕の学生時代から育てて頂いたこの学校の校長先生も,今年度で卒業されるとのこと。この先生がいらっしゃったから,この学校で教えることができた。なにかと褒めていただけるので,よし次も頑張ろうって思うことができた。
だから,このお話を聞いたときにとてもショックで,モチベーションが保てるか,ちょっと心配になりましたが,「今後もよろしく頼むよ」なんて言って頂いたら,もう,一生,この先生にも満足してもらえるよう,もっと頑張らなくちゃと思った次第。

10年後,20年後の目標も,ここにはまだ書くことができないけれど,ちょっと見えてきました。
人を育てるっていうのは,それぞれの「夢」を与えてあげたり,気づかせることなんだろうなぁ…なんて思った,卒業の日でした。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

| | コメント (4) | トラックバック (0)

RICOH GXRの新カメラユニットをCP+で見てきました。

僕的には,今自分が使っているカメラシステムの将来がちょっとわかるんじゃないかと期待していたのが,リコーのブース。

RICOH GXR hasselblad
なんと,ハッセルブラッドのボディがGXRにガチャコンと接続されているコンセプトモデルも。
これ,中村文夫さんが予想した次期GXR対応ユニットということなんですが,想像力豊か。これがたとえ妄想だとしても,リコーのブースに展示されちゃっているのが,スゴイですね。

続きを読む "RICOH GXRの新カメラユニットをCP+で見てきました。"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

CP+2010で,教えてもらったこと。

まぁ,最近は,カメラのスペックやら価格やらは,事前にインターネットでだいたい伝わっちゃうし,ちょっと待てば,店頭でも,ショールームでも触れるようになるので,あまりカメラそのものを触りに行くというよりは,各メーカーのブースで開催されるミニセミナーやトークショーが,CP+の(僕的には)目玉だったりします。

tropical fish

ニコンのブースでは,2つのステージが用意されていて,ニコンユーザーでなくても楽しめる内容のセミナーが,例えば,中井精也氏の「鉄道写真を撮る楽しみ」とか,「ウィンタースポーツ報道写真展」とか,いくつも開かれていました。その中の一つ,Twitterでフォローしている石川美和さんの「小さな君と、カメラと一日」,良いお話を聞けました。

その時にTwitterでメモをとっていたので,ちょっと再現。

続きを読む "CP+2010で,教えてもらったこと。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ソニーのミラーレスコンパクト機に思うこと。

Sony Compact Alpha 01

CP+2010で,ソニーのブースで見てみたかったのは,これ。

αシリーズの「Ultra-Compact(ウルトラ・コンパクト)」です。

レンズ交換式のデジタルカメラです。ミラー・ボックスと光学ファインダーがありません。

透明な箱にしまわれてたりはしてなかったけど,手の届かないところで,くるくる回ってました。
まぁ,コンセプトモデルだから,触れなくても仕方はないのだけれど。

続きを読む "ソニーのミラーレスコンパクト機に思うこと。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PENTAX Optio W90に触ってきました。

PENTAX Optio W90 -01

いったい,どこのG-Shockかよ!ってくらい,ヘビーデューティっぽいデザインですが,屋外でガシガシ使えそうな面構え。ウェブで見たときにもこれいいなぁと思いましたが,実物を見て,やはり,もう,一目惚れです。

CP+2010のペンタックスブースに置いてあったので,そうとう触りまくりましたよ。
水中撮影が可能な防水タイプのコンパクトデジタルカメラPENTAX Optio W90です。
自分は,5年前に発売されたOptio WPを持っているのですが,このカメラじゃないと撮れない写真が,たくさんあるんですよ。

例えば,こんなのとか,
water spout!

こんなの。
tap-water proof

カメラもレンズも,防水加工してなければ,怖くて水辺には持って行けませんよね。
でも,このOptio Wシリーズなら,ダメな場所はなくなるというのが,ほんとにありがたいところ。

一眼レフタイプだとどうしてもデザインは,いわゆるカメラ風になってしまいますが,屈曲系のレンズが,しかも,内側でズームしてくれるタイプなので,レンズが出っ張ることもなく,カメラっぽくないデザインもまた,グッときます。
片手でぐっと握ったときの妙な安心感。

で,このW90の目玉が,これ

続きを読む "PENTAX Optio W90に触ってきました。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CP+2010で,ペンタックス645Dを見てきました。

パシフィコ横浜で開催されたカメラと写真のイベントCP+(シーピープラス)に行って,ペンタックスの新しいカメラ「645D」を見て,お話を聞いてきました。

PENTAX-645D 03

CP+は,昨年までPhoto Imaging Expo(PIE)と呼ばれていたイベントから,大部分の企業が離脱して開催されたイベントです。

PIE 2009で展示されていたのは,こんな感じの開発機,
PENTAX 645 digital
上の写真と比べると,だいぶデザインにも手が入っていますね。

CP+のトークショーで,丹地敏明さん,田中希美男さんのぶっちゃけ対談が面白かったので,ちょっと以下に記載。

続きを読む "CP+2010で,ペンタックス645Dを見てきました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!アメリカ制覇!

というわけで,まんまと罠にかかって(笑),アメリカを制覇しました。

Texas

スパイシーなバーベキューソースと粒マスタードレリッシュの2種類のソースとフライドオニオンに3段バンズというワイルドかつテクスメクス(Tex-Mex)なテキサスからはじまり…,

続きを読む "祝!アメリカ制覇!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

沓子として観るか,ミポリンとして観るか「サヨナライツカ」

Sayonaraitsuka

中山美穂のPV的映画かなと思って観たのですが,タイの風景が美しい映画でした。

「サヨナライツカ」のあらすじby goo映画

そろそろ公開終了も近そうなので,以下,ネタバレありで続きます。

続きを読む "沓子として観るか,ミポリンとして観るか「サヨナライツカ」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ハロウィン2010」今シーズンのトレンドは?

balloon lantern
RICOH GXR S10

ルービーズジャパン主催のハロウィングッズ内見会にご招待いただき,行って参りました。

「もうハロウィン?」という方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが,ショップでハロウィングッズが動き始めるのは,7月から8月。逆算して仕入れ,生産を考えると,製造元のルービーズとしては,この時期に内覧会をしておかないと,ギリギリになるというわけ。

Halloween costume 2010

今年も,展示にかなり力が入ってました。
ハロウィンイベントマップやハロウィンのトレンドを調査したアンケートなど,とっても力が入った貴重な資料も見せて頂き,半年先のハロウィンに,もうワクワクしてきました。

続きを読む "「ハロウィン2010」今シーズンのトレンドは?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦節5年!「PENTAX 645D」出たよ!

ティーザー広告なのに,ペンタックスユーザーなら,何が出るかみんな知っていたという645digital 改め「645D」が発表されました。発売は5月。

スペックは,
撮像素子:コダック製有効4,000万画素CCD
面積比で35mmフルサイズの約1.7倍のサイズとなる44×33mm。

最大記録解像度:7,264×5,440ピクセル
ファイルサイズは,言われていたとおりTIFFで100MBを越える120MB程度。RAW+JPEGで50〜60MB程度。

背面の液晶モニター:約92.1万ドット3型TFT。

記録メディア:SDHC/SDメモリーカード(デュアルスロット)

ゴミ除去機能「DR II」,画像処理エンジンは「PRIME II」,HDR(ハイダイナミックレンジ)機能

645Dの本体色はブラックのみ。

中判デジタルカメラ「645 デジタル(仮称)」の開発発表は2005年。紆余曲折の5年をかけて,やっと発売にこぎ着けました。
対象となる被写体は,カメラボディの大きさからしても,風景写真がメインになりますが,防塵・防滴仕様,-10度までの耐寒性能もあるので,どんなところにでも持ち出せそうです。カスタムイメージを始め,メニュー体系はK-7ユーザーでも使いこなせるというので,発売価格が80万円からと,ちょっと手軽に買えるものではありませんが,次元が違うという圧倒的な画質,やはり気になりますよね。

本日からパシフィコ横浜で開幕するカメラ関連イベント「CP+2010」で,お披露目です。
→見てきました!聞いてきました!

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自分色の未来@荻窪アルカフェ

alcafe
RICOH GXR A12 50mm

お友達のシンガー&ギタリストの村上 眞奈美さんのライブに行ってきました。

前回,彼女のライブにお邪魔したのは,昨年7月。

Manami Murakami -05

今回は,荻窪にあるアコースティック専用のこぢんまりとしたライブカフェ「アルカフェ」で,45分間のソロライブ。
前回は,デジイチのシャッター音が僕的にはとても気になってしまったので,撮影時の音がほとんど気づかれることのないRICOHのGXRのA12 50mmユニットとS10ユニットを持って行きました。

続きを読む "自分色の未来@荻窪アルカフェ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“ペット検出”搭載の「FinePix F80EXR」

コンパクトで望遠ズームレンズも楽しめる富士フイルムのFinePix F70EXR(→レビュー記事)の後継機種,FinePix F80EXRが発売されます。

   

富士フイルム・「FinePix F80EXR」価格検索・在庫状況(楽天)

今度のカラーバリエーションは,シルバー,ピンク,レッド,ブラックの4色。
焦点距離27〜270mm相当の10倍ズームレンズは,F70EXRと同じ。レンズの開放F値は,F3.3(W)~F5.6(T)と同等ですが,1/2型 スーパーCCDハニカムEXRが,1200万画素へと高画素化されています。最大1280×720ピクセルでのいわゆるハイビジョン動画撮影が可能になりました。

F70EXRで話題となった「ぼかしコントロール」もついていますが,今回の目玉は,先日発売になったコンパクト機のZシリーズ「FinePix Z700EXR」にも搭載されたペットモードが,このF80EXRにも搭載されて,最大10匹までの犬もしくは猫の顔を検出,ペットが正面を向いた瞬間にシャッターが切れる「ペットオートシャッター」もついているところ。

背面の液晶モニターが2.7型から3.0型に大きくなっていますが,本体サイズは(幅)99.3mm×(高さ)58.9mm×(奥行き)28.4mm,重量は約183g(バッテリー、メモリーカード含まず)で,重量が約3g増えただけで,F70EXRとほぼ変わらず。

発売日は,2010年4月17日。

メニュー体系が使いやすく,わかりやすくなっているといいのですが,ペットモードが要らないヒトは,スペック的にほとんど変わらないF70EXRを選択するという手も。


- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

送別会

continuation

医局の送別会に,初めてOBとして,行ってきました。

ついこの間,自分の送別会をやってもらったような気がしてますが,あっという間に1年が過ぎてしまったことに吃驚。

その間,大学の衰退具合は,ますます明らかに。

大学を動かしているのは,任期を保証された年寄り教授が大多数。業界や大学の未来のために本当に必要な,教育,臨床を放棄することを決めてしまって,どうするのだろう。これからますます離れていく人が増えて,人材がいなくなったときには,その方向性を決めた人たちはすでにいないという無責任な状態に。

もう,現場の臨床家たちが頑張るしかないんだろうな。

若い人たちにとって,今の大学が魅力ある場所でなくなりつつあるのは,とても残念なことなのだけれど,見切りをつけることも重要だし,その決意は大いに応援したいと思います。

自分がのびのびと働ける新しい世界で,ますますの活躍を期待しているよ。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「今どこにいる?」にご褒美。"foursquare"

Twitterを見ていると,「I'm at ...(場所の名前)http://4sq.com/...」という書き込みをときどき見るようになってきました。

Foursquare

これは,foursquareというサービスで,ユーザーがどこにいるのかを宣言するというもの。GPSによる位置情報を使ったSNSです。アカウントをとれば,誰でも無料で使えます。も最近始めて,はまっているところ。

続きを読む "「今どこにいる?」にご褒美。"foursquare""

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光陰矢のごとし

big old clock
RICOH GXR A12 50mm

今日は,僕が教えていた学生さんたちの国家試験の日でした。
激励しに行ったつもりが,なんだか元気をもらったのは,こっちの方。

月日の経つのは早いですが,成長過程にいる人たちの伸びっぷりも,かなり早いですね。

久しぶりに,先生方ともたっぷりお話ができて,また,来年度も頑張ろうって思ったところ。

おかげさまで評判もいいらしいのですが,慢心せず,一方通行ではない対話のような授業,学習効果が高くなるような工夫を心がけていきます。

試験もそろそろ終わった頃。
全ての力を出し切れたことを確信しています。
おつかれさま。

また,ニコニコしながら,みんなに会える日を楽しみにしているよ。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米国・電子渡航認証システムが有料化に。

ビザなし渡航に手数料890円=米で「旅行促進法」成立

査証(ビザ)なしで米国に渡航する旅行者に義務付けられている電子渡航認証システム(ESTA)申請で、10ドル(約890円)の手数料が新たに課されることになった。6カ月以内に導入される見込み。

9・11テロ後,どんどん米国への渡航が面倒になってきています。が,こんなところで,小銭を稼がなくても…。とは,思いますが,これって,事実上のビザ発行手続きが発生するということなのでは。

2009年から始まったESTA申請が,いよいよ有料に。
ビザなしとは名ばかりなところになりつつあるのが,引っかかるなぁ。

日本も対抗して,始めちゃいますか。

「査証なし」じゃなくて,「詐称あり」。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近頃美味しい肉団子に出会えていないとお嘆きの諸兄へ。

meat ball
RICOH GXR A12 50mm

美味しい肉団子,ありました!

散歩中に,テニス仲間のおじさんが,お肉屋さん(正式には,お惣菜屋さん)をやっているのを思い出して,行ってみたら,ここの肉団子のうまいこと!

甘さとちょっぴり酸っぱさの絶妙なバランス。思い出すだけで,唾液が出てきちゃうくらい。

ごちそうさまでした。

え?どこにあるのかって?

続きを読む "近頃美味しい肉団子に出会えていないとお嘆きの諸兄へ。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PENTAX Optio I-10とアナゴの親密な関係(デジタルガジェット日記か?)

有楽町のビックカメラで,Optio I-10を触ってきました。

第一印象は,おー,小さい!軽い!

ちゃんと写らなくてもいいやって思わせるくらい魅力的な,デザイン重視のカメラだと思ったら,左側の肩にはちゃんとコンデジの構えをするときに便利な滑り止めはついてるし,誤って電源が入ることのないような位置にスイッチが付いているし,いや,これ,最近コンデジ買ったんじゃなければ,買ってもいいんじゃない?ってくらい,良くできてる。
→スペックレビュー

一眼のように見えるけど,一眼じゃない。レンズ交換はできないけど,一眼を持っているような気持ちにさせる,そんな不思議なカメラ。カメラ,難しいことわかんないけど,お散歩に持って行くときに,カメラを持っている気持ちも楽しみたいってヒトには,かなり心動かされるカメラではないかと思います。

で,女の子に嬉しいのは,このカメラ「小顔フィルターを搭載」しているところ。
そうですよ,肌が綺麗に写る機能よりも,小顔フィルターのニーズの方が高いかも。
うまいところついてるなぁ,ペンタックス。

白と黒があるんだけど,白の方が,見た目高級感あるかな。いや,黒がダメってコトじゃなくて,白の方が,僕は好き。

なんてことを思いながら,foursquareで足跡を残しつつ,散歩がてら,かいけんさんのブログで,教えてもらった「播磨屋」のフリーカフェへ。
ここ,不思議な雰囲気。
来てるヒトが。銀座で見かけるヒトもいれば,銀座ではまず見かけることのないヒトも。

播磨屋なので,おせんべいは美味しいし,コーヒーも香りがいい。ただ,おせんべいはおかわり不可なので,終始,それを周知するためのアナウンスが流れ続けているし,ときどき社長さんの講話も入るし,ちょっとざわついているので,ゆったりとくつろぐというのには,不向きかな。

でも,銀座で思い出したら,不思議な空気を味わいに,是非一度行ってみて下さい。

で,定番の寄り道スポット「アップルストア銀座」に。
ここで,僕の散歩は,終わるはずでした。

やっぱ,17インチも15インチもでかいなぁ。パームレストでかすぎだよ。やっぱ,MacBook proのえ?いま13インチなてのもあるの?…でも,13インチだと,CPUは,2.53GHzまでだからなぁ…。

なんて思っていたら,捕獲されちゃったんです。
toocheapさんだいせいさんに。
ここで,店員さん以外の人に声をかけられたことはなかったので,ほんとビックリ。
いや,foursquareで,僕の行動がバレバレだったわけで…。

聞けば,噂のPPオフOptio祭りが,銀座でこれから開かれるとのこと,Optio持ってきてないけど,喜んで拉致されましたよ。

お店は,東銀座にほど近い「はかりめ
アナゴ専門店だそうです。

続きを読む "PENTAX Optio I-10とアナゴの親密な関係(デジタルガジェット日記か?)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桃の花

peach blossom
RICOH GXR A12 50mm

八流の所能 久れ奈ゐ 耳保ふ 桃農「花」 し多照る 美遅二 い轉多つ をと免

(春の苑に,紅色に照り輝く桃の花。
その花下の紅く輝く道にたたずむ乙女)

銀座のミキモトのウィンドウディスプレイです。


続きを読む "桃の花"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「撮リプルキレイ」のしくみ(その2)。キヤノン・フルHDデジタルビデオカメラ「iVIS(アイビス) HF M31」

iVIS HF M31-07 front logo

「みんぽす」のWillViiとキヤノンに招待していただき,発売されたばかりのビデオカメラ「iVIS HF M31」のセミナーに参加してきました。

その1は,こちら

Canon iVIS HF M31 Monofellows review

11170-275-158103


続きを読む "「撮リプルキレイ」のしくみ(その2)。キヤノン・フルHDデジタルビデオカメラ「iVIS(アイビス) HF M31」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「撮リプルキレイ」のしくみ(その1)。キヤノン・フルHDデジタルビデオカメラ「iVIS(アイビス) HF M31」

iVIS HF M31-01

「みんぽす」のWillViiとキヤノンに招待していただき,発売されたばかりのビデオカメラ「iVIS HF M31」のセミナーに参加してきました。

Canon iVIS HF M31 Monofellows review

11170-275-157925

続きを読む "「撮リプルキレイ」のしくみ(その1)。キヤノン・フルHDデジタルビデオカメラ「iVIS(アイビス) HF M31」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »