« Mac miniをDVI-HDMI変換ケーブルでプラズマハイビジョンテレビにつなげてみた。 | トップページ | デザイン一新!「つつむ,たたむ」VAIO P »

「RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC」に触ってきました。

銀座のRING CUBEで,5月23日まで開催中のAlex Prager(アレックス・プレガー)さんの写真展を見に行きました。

たぶん,好き嫌いが分かれる写真です。最近撮られた写真なはずなのにちょっとオールディーズ。ポップなんだけど目は笑っていない。苦悩や恐怖すら伝わってくるものも。楽しい写真というよりは,被写体の心理や状況を考えさせられる写真かな。

ま,それはさておき,発売がアナウンスされたばかりのGXRの新しいユニット「RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC」が置いてあったので,触ってきました。


パターンとしては,リコーからオフィシャルにアナウンスがあると,デモ機をRING CUBEに置くみたいな気がします。覚えておこうっと。

中身のスペック的には,CX3相当な「P10 28-300mm」ユニットです。
天気の良い昼間に,ちょっと暗めのRING CUBEから三越側を撮ると,相当な明暗差がありますが,何も考えずに撮っても,ダイナミックレンジが広いのか,部屋の中もつぶれず,外も白飛びすることなく写し取ってくれます。
で,「P10 28-300mm」には,人の目で見た印象と近い画像の記録が可能な「ダイナミックレンジダブルショットモード」が搭載されている(これは「シーンモード」で設定する)ので,色も明るさも見た目に近く再現してくれるようです。

望遠端は300mm相当なので,ユニットのレンズ鏡筒がしまってあるときも相当せり出すのかなとか,重くなるんじゃ?とか思ったのですが,カメラユニットのみの重さは約160gで,「S10 24-72mm」の161gとほぼ変わらず,5mmほど,「S10 24-72mm」よりも出っ張るようですが,300mmまでズームしても音は静かで軽快に動きます。

Ricohgxrp1028300mmunit

レンズ構成やF値,焦点距離はCX3と全く同じな「P10 28-300mm」ですが,10.7倍光学ズーム(焦点距離の35mm換算値で28〜300mm)も同等,でも,望遠でマクロ撮影をする際に,1cmだけCX3よりも寄れるようです。デジタルズームの倍率がちょっと違うようですね。シャッタースピードは,CX3よりも長めの30秒が設定できます。残念ながら,オートフォーカスモードの人とペットの「顔認識」機能,「ミニチュアライズ」機能などは,「P10 28-300mm」にはついていません。

画質的には,実際に使ってみないことには何とも言えませんが,スペック的にセンサーの大きな「A12 50mm」や「S10 24-72mm」よりも不利ですが,28-300mmという光学10.7倍と高感度の便利さは,持っていたくなるユニットです。

で,あまり宣伝されていないようですが,CX3にも搭載されている高速度撮影機能が,「P10 28-300mm」にも搭載されています。VGAサイズ(640×480)にはなりますが,1秒間で120枚(120コマ/秒),あるいは2秒間で120枚(60コマ/秒)の撮影ができます。ゴルフやテニスのスイングや,ミルククラウンの撮影をしてみたい人には,かなり魅力的な機能なのでは。

P10 28-300mmの画像サンプルもオフィシャルページに出ていますね。

というわけで,「RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC」ユニット,予約しました。発売日は,まだアナウンスされていませんが,6月上旬とのこと。価格も,CX3の現行価格よりも安く設定してあるようで,このあたりも,リコーの良心だなぁと思いました。

というわけで,
GXR用 RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VCのファーストショットは,こちら

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -


リコー GXR用LENSユニット P10 28-300mm /3.5-5.6VCの価格・在庫検索(楽天)(楽天)
RICOH カメラユニット LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC P10 28-300MM F3.5-5.6 VC(amazon)



「GXR+P10 KIT」の価格・在庫検索(楽天)
RICOH デジタルカメラ GXR P10 28-300mm F3.5-5.6VC KIT GXR+P10KIT(amazon)

|

« Mac miniをDVI-HDMI変換ケーブルでプラズマハイビジョンテレビにつなげてみた。 | トップページ | デザイン一新!「つつむ,たたむ」VAIO P »

GXR」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

パナ、キャノ、ソニーなどある程度の大きさのショールームを持っているメーカーは大体プレス発表 > ショールーム実機展示のパターンですね。

リコーも大体同じパターンでやっているますが、あまり公には発表してなかったりするので、意外と見に来る人は少ないみたいです(GXRの時もまばらでした)

CX3を借りた事はありますが、RAWが使えるようになっているのが興味アリです。あまり小型の撮像素子ではメリット少ないんですが、ないよりはあった方がずっといいので。

投稿: しなしな | 2010.05.10 09:25

しなしなさん,コメントありがとうございます。先日は,お疲れさまでした。
デジカメWatchで昨日あたりにRINGCUBEに置かれていることが書かれていましたので,触りにくるお客さんが増えそうですね。

本当は,レンズ部はCX3相当で,撮像センサーがAPS-Cってのを期待しているんですけれど。まだまだかな。

投稿: HAMACHI! | 2010.05.13 05:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/48321066

この記事へのトラックバック一覧です: 「RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC」に触ってきました。:

« Mac miniをDVI-HDMI変換ケーブルでプラズマハイビジョンテレビにつなげてみた。 | トップページ | デザイン一新!「つつむ,たたむ」VAIO P »