« Apple iPadは,電気アナゴの夢を見るか。 | トップページ | 望遠は便利。「RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC」ファーストショット »

少し難しくしちゃったかな。「アリス・イン・ワンダーランド」

Aliceinwonderland

3D字幕版の「アリス・イン・ワンダーランド」を,丸の内ルーブルで観てきました。

「不思議の国のアリス」のその後のお話。
19歳になったアリスが,忘れていたワンダーランドを,うっかり再び訪れることになり,独裁者・赤の女王の恐怖的支配から,ワンダーランドを救う伝説のヒロインになっていて,さぁ,大変!って物語。(ストーリー詳細)by goo映画

アリスを演じた新星ミア・ワシコウスカは,ジョニー・デップ演じる奇天烈な格好の帽子屋マッド・ハンター,赤の女王を演じたヘレナ・ボナム=カーターの怪演に埋もれることなく,新しいアリス像を作り上げています。

まぁ,言うなれば,この映画「アリスの成長記」ですね。最初は,青白くて弱々しい感じなのですが,映画の後半は,肌の色も明るくたくましくジャンヌダルクのような活躍をみせてくれます。

映画として万人向けか…というと,やはり,ティムバートンの世界観,ジョニーデップのキャラクターが好きなヒトでないと,入り込めない気がします。もちろん,原作の「不思議の国のアリス」もある程度知っていないと,ウサギ,帽子屋,チェシャ猫,言葉遊びなど,特徴的なキャラクターとストーリーを楽しめないかも。

期待しすぎたかも。

え?3D?日本初のMASTER IMAGE 3Dシステム導入館だったんですけれど,どうなんだろ?別に3Dじゃなくても…という感じ。「アバター」がすごすぎましたね。

58点

難解(そのまま受け入れればいいのだけれど)なので,本当はパンフレットも手に入れたほうがより理解できたような気もするのですが,購入しませんでした。

エンドロールに流れるアヴリル・ラヴィーンの新曲「アリス」が秀逸。あれだけは何度も聞きたいな。

アリス・イン・ワンダーランド (竹書房文庫)
アリス・イン・ワンダーランド (竹書房文庫)

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« Apple iPadは,電気アナゴの夢を見るか。 | トップページ | 望遠は便利。「RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC」ファーストショット »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/48545746

この記事へのトラックバック一覧です: 少し難しくしちゃったかな。「アリス・イン・ワンダーランド」:

« Apple iPadは,電気アナゴの夢を見るか。 | トップページ | 望遠は便利。「RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC」ファーストショット »