« 外部電源アダプタが不要な新型デザインMac mini (Mid 2010) | トップページ | 合コンで使えるiPhoneアプリランキング »

メガネ無しで3Dが楽しめる「ニンテンドー3DS」

任天堂、「ニンテンドー3DS」のスペックを公開上画面で裸眼立体視を実現、2つの外側カメラを搭載(インプレス・GAME Watch)

任天堂株式会社は、現時点でのニンテンドー3DSのスペックを公開した。立体視が可能な上画面は、ニンテンドーDSiの3.25インチから3.53 インチへ大型化しているが、本体の大きさを見てみると、横幅はDSiの137mmから134mmに小型化。縦幅もDSiの74.9mmから0.9mm小さくなっていることがわかる。外側のカメラが2つになったせいか、上画面の立体視対応のせいか、厚さだけはDSiの18.9mmから2.1mm増して 21mmとなっている。

 ほかには、外側カメラが2個に増え、立体視対応の写真が撮影可能になった(撮影解像度は640×480ピクセルで、DSi同等)ほか、 360度のアナログ入力が可能となったスライドパッドが追加。モーションセンサーやジャイロセンサーを内蔵し、そしてDSi同様カメラによる画像認識などの入力にも対応する。

裸眼立体視ができるデバイスの商品化は,テレビではなくて,ゲーム機が最初になりました。「バーチャルボーイ」という任天堂がOEMで出していたゲーム機もありましたが,あれは,機械を覗く形で,没入感はありましたが,あまりエキサイティングでもなく,ソフトもそれほど出なかったので,あまり話題にもならず消えていきました。

あれから15年。携帯用ゲーム機で,いよいよ本格的な3D対応が始まります。3D効果はスライダで調整可能,DSiよりグラフィックス性能も向上,3D以外にも,アナログスティック,モーションセンサー,ジャイロセンサーなど多様な機能が搭載されています。

カメラ機能も,外向けに設置された2つのカメラで3D写真を撮影することも可能です。解像度はいずれも640×480(0.3メガピクセル)ですが,3DS以外のPCやケータイでも3Dで見られるような工夫があるといいですね。

発売は2010年度内とのこと。任天堂以外の3DS対応ソフトを開発するサードパーティーの数は,現時点で,KONAMIの「メタルギア ソリッド」シリーズ,カプコンの「バイオハザード」シリーズ,バンダイナムコゲームスの「リッジレーサー」など20社も。

楽しみですね。

<オススメ記事>
実際E3で触ってみて、3DSは売れると思った理由。「見た瞬間に驚きと興奮で声が出る」,「一度触った人が他の人に触った方がいいと自慢したくなる」,「見て楽しい、触って楽しい」

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« 外部電源アダプタが不要な新型デザインMac mini (Mid 2010) | トップページ | 合コンで使えるiPhoneアプリランキング »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/48650817

この記事へのトラックバック一覧です: メガネ無しで3Dが楽しめる「ニンテンドー3DS」:

« 外部電源アダプタが不要な新型デザインMac mini (Mid 2010) | トップページ | 合コンで使えるiPhoneアプリランキング »