« 中毒性あり。スピッツ・「とげまる」 | トップページ | 「Till Death Do Us Part(死が二人を分かつまで)」 »

高感度が使いたくなるPENTAX K-5 実写レビュー<その1>

未だに,K-7ユーザーで,K-5への切り替えに悩んでいらっしゃる方も多いかと思います。僕もその一人です。

K-10からK-20の時と同様,K-7からK-5も,見た目があまり変わっていないので(金型は新たにおこしてますけれど),どうやら,ファームアップでどうこうできるようなレベルのバージョンアップではなさそうです。

必要なのは,「口実」ですよね?

昨日,みんぽす/WillViiの「ペンタックス K-5」モノフェローズ向けセミナーが開催されました。残念ながら,僕は行けなかったのですが(3週続けて,土曜日休むわけにはいかなかったので…),PENTAXとWillViiのご厚意で,K-5を1週間ほどお借りすることができましたので,口実を探しつつ,いろいろと撮り比べてみようと思います。

12697-275-187199

「トークライブ」の時のファーストインプレッションは,こちら

まずは,K-5をお借りしてすぐの,ファーストショット。
レンズは,簡易防水機能付きのレンズ「smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6AL WR」がついてました。

IMGP0926 ISO3200
とくに何も設定せずに,撮ってみました。 ISO感度は,3200ですって!

K-7の時なんて,こんな高感度,使ったことありませんでしたよ。拡大
ドットバイドットでみることなんて,あんまりやらないのですが,オリジナルファイルをみても,細部までつぶれることなく,カラーノイズもあまり感じさせることなく,エッジもきちんと再現されているので,立体感もきちんと伝わってきます。だから,触りたくなかったんだよね(笑)。

K-5は,常用ISO100-12800,オプションの拡張設定によりISO80-51200をカバーできます。

IMGP0934 ISO3200
さっと構えて,さっと撮れる。画質の劣化を気にして低感度で設定しちゃうと,夜とかは,さっと構えることはできても,手ぶれ補正のお世話になりつつ,けっかブレた写真なんてこともK-7ではあったわけで,ノイズを気にせず,写真を撮れるのは,やはりありがたいですね。拡大

標準/アンダー/オーバーの3枚を連続撮影して,それぞれ標準露出に近い部分を抽出し,1枚の画像に合成するHDR撮影「HDR AUTO」が,K-5には新しい機能として追加されました。

IMGP0933 no HDR ISO 800
普通に撮ると,↑こんな感じですが,

K-5では,コマ間の微妙な構図のズレをカメラが補正する自動位置調整機能が新たに装備されて,手持ちによるHDR撮影が可能になりました。
IMGP0932 932 HDR AUTO without Tripod ISO1600
拡大),
自動位置調整機能は,最初は「オフ」になってました。
三脚を持っていないなら,迷わず(ちょっと調整に時間がかかるようになるみたいですが),「オン」にしときましょ。

IMGP0936 ISO3200
夜景でも,抜けの良さを感じることができます。ISO 3200拡大

IMGP0948 ISO800
拡大 やはり,キットレンズだと,ちょっと描写が甘いかな。

と思いつつも,高速連写も,この暗い中,試してみました。あ,「ファインシャープネス」をより鮮烈にした「エクストラシャープネス」が,K-5にはパラメーターとして追加されてますね。これは,あとで試してみます。

IMGP0964 ISO6400
AF.C(コンティニュアス)モードで連続撮影

IMGP0965 ISO6400
AFのピント合わせも高速化されています。

IMGP0966 ISO6400
AFモジュールには,光学系を進化させた新開発のSAFOX IX+(光源識別機能付き)が採用されています。やはり,ここが一番大きなK-7との差ですね,たぶん。

この3枚の写真のISOは,6400。最後の一枚は流し撮りになっちゃってますが,高感度との組み合わせにより,ピントを外すことなく,高速で撮影することができます。K-7では,やらなかったようなことが,K-5ではできるようになってます。カタチが似ているので,このあたり,頭を切り換えないといけませんね。

せっかくなので,自宅から持ってきたコンパクトなリミテッドレンズの43mmをK-5に装着してみました。
IMGP0985 ISO800
PENTAX K-5 + smc PENTAX-FA 43mm F1.9Limited ISO800
明るいレンズな分,撮影条件も有利になりますが,さすがは「リミテッド」。絵が,ググッと引き締まりますね。

次は,K-5の「カスタムイメージ」をみていきます

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

というわけで,
ぜひ,このレビューを「みんぽす」で評価してください。
「みんぽす」の使い方

12697-275-187199

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -


●有効約1628万画素(高速タイプ)・PRIMEII
●最新高速AF(フォーカス・レリーズ・コマ速優先切替)
●7コマ/秒高速連続撮影
●フルHD動画
●大型高精細3型約92.1万ドット液晶
●防塵防滴/-10℃動作保証
●高感度ISO80-51200
●カスタムイメージ「リバーサルフィルム」「銀残し」搭載
●構図微調整
●自動水平補正
●電子水準器(あおり追加
●自動位置ずれ補正HDR
デジタル一眼レフカメラ PENTAX K-5の現在の価格とショップ検索(楽天)
ペンタックス K-5ボディ(amazon)


PENTAX DA 18-135mm F3.5-5.6ED AL[IF] DC WRの最安値とショップ検索(楽天)

|

« 中毒性あり。スピッツ・「とげまる」 | トップページ | 「Till Death Do Us Part(死が二人を分かつまで)」 »

K-7」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

手持ちHDR補正を有効にすると、NEXなどと同じく画面周辺が若干トリミングされるようです。感覚的には28mmが35mm位な感じ?
でもかなり合成結果は優秀です。

投稿: shinashina | 2010.11.08 07:28

shinashinaさん,補足コメントありがとうございます!
手持ちHDR,便利ですね。でも,最初はHDRの3枚目まで待てずに,カメラを動かしてしまって,訳のわからない画像を増産してしまったのは,ヒミツです(笑。

投稿: HAMACHI! | 2010.11.10 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/49961163

この記事へのトラックバック一覧です: 高感度が使いたくなるPENTAX K-5 実写レビュー<その1>:

« 中毒性あり。スピッツ・「とげまる」 | トップページ | 「Till Death Do Us Part(死が二人を分かつまで)」 »