« 「まわりぶろぐ」2010年で最も良く読まれた記事は, | トップページ | 「まわりぶろぐ」的映画パーソナルランキング2010 »

思いは父から息子へ「トロン:レガシー」

Tron2010

1982年の映画「トロン」の28年ぶりの続編「トロン:レガシー」の3D版を見てきました。

前作を見ているハズなんですが,すっかりストーリーは,忘れていました(笑)。
トロン [DVD]

前作「トロン」あらすじ
ケヴィン・フリンは将来を嘱望された天才エンジニアだったが,その有能さを恐れたデリンジャーに首にされENCOMを追い出され,ゲームセンターを経営している。デリンジャーの不正をあばくため,監視プログラム・トロンを開発中のENCOMの社員アランが,恋人のローラと共にフリンの元を訪ねて来る。フリンが端末からコンピューターを作動させようとした時,コンピュータの世界に飛ばされてしまって,さぁ大変!
by goo映画

ENCOM社CEOのフリンが謎の失踪を遂げてから20年。27歳に成長した息子のサムに,ある日,父のケヴィンからのメッセージが届いたと,アランが告げる。
ケヴィンのゲームセンターに地下の秘密の研究室を発見したサムは,端末を扱ううちに突然閃光に包みこまれ,ゲームセンターから足を踏み出すと,そこはコンピューター・システムの中の世界だった。訳もわからぬうちに,ライトサイクルやディスク・バトル,グリッド・ゲームで生き残ることを強いられ,若いときの父ケヴィンそっくりなこの世界の独裁者クルーに命を狙われるサムを救ったのは,謎に満ちた女性クオラだった。
「トロン:レガシー 3D」解説とあらすじの詳細(by goo映画)

前作「トロン」のケヴィン・フリン役のジェフ・ブリッジスがサムの父親役で再度ケヴィン・フリンに。アラン・ブラッドリー役のブルース・ボックスライトナーがそのまま演じています。敵役クルーは,若い頃のジェフ・ブリッジスの顔ですが,これ,CGです。すごいね。

最初の20分間ほどは,3Dメガネをかけていても2D。そこから,バーチャルワールドに入って3Dに切り替わります。
ぐーんと入り込んでしまうので,かなり効果的な手法だと思いました。

たぶん,この映画を見た人の多くは,「クオラ」って,誰?なんで,ここにいるの?ってところに,とらわれちゃうと思います。後でちゃんと種明かしもあるのですが,なるほどねーって感じ。クオラ役のおかっぱオリヴィア・ワイルド,エキゾチックでいいですね。

最初と最後に出てくる,サイバーなディズニーランドのシンデレラ城は,必見です。

Tron Legacy
Tron Legacyのサウンドトラックは,Daft Punkが担当。
映画のシーンに合わせて,すべて書き下ろしています。なので,ちょっと曲は短めだったり。二人はクラブのDJ役でカメオ出演しています。ジュークボックスからガンガン流れるジャーニーの"Separate Ways"は,1983年に全米8位になった曲です。懐かしいっ!

バトン(棍棒じゃないよ)が,ライトサイクルに変わる瞬間は,かっこいいですね。
久しぶりに見たグリッドゲームとライトリボンにも,グッときました。ただしステージが立体構造になってます。ライトサイクルも跳ねる!

一応,サイバーなSFアクション映画なんだけど,父のケヴィンから息子のサムへの親子愛や父が守ったものを息子が受け継ぐ,前作からの流れもあったりと,いろいろと考えさせられる映画でした。まぁ,もうちょっと短くできたかなとも思わないでもないですが。

パンフレットは欲しかったけど,最終上映だったので購入できず。
65点

前作を見た人は,最新の3DとCG技術でよみがえった「トロン」の世界をぜひ堪能してみてくださいな。

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

|

« 「まわりぶろぐ」2010年で最も良く読まれた記事は, | トップページ | 「まわりぶろぐ」的映画パーソナルランキング2010 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/50427044

この記事へのトラックバック一覧です: 思いは父から息子へ「トロン:レガシー」:

« 「まわりぶろぐ」2010年で最も良く読まれた記事は, | トップページ | 「まわりぶろぐ」的映画パーソナルランキング2010 »