« FinePix F550EXRで「第42回文京つつじまつり」を撮ってみた。実写レビュー・その2 | トップページ | ROCKしすぎだぜ! »

「東北地方太平洋沖地震 被災者支援チャリティー写真展」には,Bの部屋があった。

すでにお知らせの記事は書いていましたが,みんぽす・モノフェローズのみなさんと一緒に,「東北地方太平洋沖地震 被災者支援チャリティー写真展」に行ってきました。

Instance

場所は,新宿西口の,ヨドバシカメラフォトギャラリー「INSTANCE」。
3月16日にオープンしたばかりのギャラリーです。
期間は,2011年4月25日〜5月7日

ヨドバシカメラを目指していくと迷うので(店員さんに聞けば,すぐ教えてくれます),西口本店の前の「高速バス乗り場」の地下を目指して行ってください。

実は,会場に行くのは,これが2回目。
写真を早く見たかったのと,もしかしたら早く行かないと,お気に入りの写真があったら,無くなっちゃうかと思ったんですよね。

そうしたら,そんなことはあまりなくて,確かに写真家ご自身のプリントによるものは,1点モノがあって「SOLD OUT」となっているものもありましたが,基本的には,購入希望者がいる限り(デジタルデータなので),プリントを制作して頂けるとのこと。作品の受け渡しは,振り込みが確認されて,会期終了後に,着払いでの宅配便により,順次発送されます。

で,1回目は,うっかりしていて,展示室が2部屋あることに気づかず帰ってきてしまったんです。
展示点数は100点以上あるはずなのに,ちょっと少ないかな…なんて思いつつ。
ええ,数を数えられないんですね。はやく気付けよ。>自分

で,今回はオフィシャルなモノフェローズのイベントではなかったのですが,今回のチャリティ写真展の発起人である山田久美夫さんと,桃井一至さんによる,写真解説と各写真家のみなさんの作風やプロフィールなどを教えて頂きました。

僕ら,写真の素人に,破格の扱いです。ありがとうございます!

作品出展写真家は,63名。展示点数121点の作品が展示されています。

A室
Charityphotoa
FujiFilm FinePix F550EXR 「ぐるっとパノラマ360」180゜

※会場内は撮影禁止になっています。今回は特別に許可をいただいて写真撮影,ブログへの記事掲載をさせていただいています。

気になる写真があった方は,受付でこっそり聞くと,どの作品がどのカメラで撮られたか,教えてもらえるかもしれませんよ。

B室
Charityphotob

各写真家の作品が,A3プリントを中心に展示されています。
作品は,1点15,000円で,購入(フレーム付き)することができます。
チャリティー写真展での売り上げは,全額,日本赤十字社を通して,義援金として寄付されます。
ってことは,写真家のみなさんも,会場を提供しているヨドバシカメラも,額装やプリントに協賛,サポートしている各カメラやプリンタのメーカーには,一銭も入らないということです。これだけたくさんの素晴らしい写真を見せて頂くだけでも,申し訳ない!

ここに来れば,きっと名前を聞いたことがある,今最も輝いているたくさんの写真家の皆さんの作品を,心ゆくまで堪能できるうえに,その写真を,自分の家に飾っておくこともできる。これって,すごいことですよね。

写真を手に入れるというのは,まだ一般的ではないかもしれませんが,写真雑誌や各カメラのムックなどで活躍されている写真家の方々の生の作品を期間中だけ見るだけでなく,ずっと見ることができる。しかも,自分が購入した写真の金額は,義援金になって,東北地方太平洋沖地震で被災された方へ,何らかの形で届く。

きっとこのイベントの売り上げとしての義援金は,写真家の皆さんの熱い思いが加わって,被災地の方が元気になってもらえる原動力になるだろうし,自分の手元に残る写真は,自分がずっと元気でポジティブでいられる原動力になってくれるはず。

及ばずながら僕も,御縁のある(勝手に思っているだけですが)写真家の方の作品を購入させて頂きました。

大事なことなので,書いておきますが,ここに展示されている写真家の作品が1万5千円で手に入るということは,まずありません。通常,5倍から10倍,大きなサイズのものになると20倍以上の値札がついているのが普通です。

会場では,デジカメが出始めた頃に,デジカメWatchによくレビューを書かれていた山田久美夫さんと直接お話ができる日が来るなんて思ってもいなかったので,もう,テンション上がりっぱなしでした。
また,各方面でアクティブに活躍されている桃井一至さんには,このイベントの解説だけでなく,この後,みんぽすを運営するWillVii本社でも,写真のセミナーを開いて頂き,もう,ほんとにプレミアムな一日でした。
みなさま,ありがとうございます。

5月7日までの開催です。
ゴールデンウィークに特に出かける予定がない方は,ぜひ。
出かける予定がある方も,ぜひ,夜8時までギャラリーが開いていますので(最終日は6時まで),帰り道にちょっと立ち寄ってみませんか。
きっと気になる作品,持っていたくなる写真が見つかるはず。

Facebookページはこちら

作品出展写真家(63名。順不同・敬称略)
赤城耕一、飯塚達央、石川梵、井村淳、岩木登 、魚住誠一、大西みつぐ、大山謙一郎、岡本洋子、金武武、川合麻紀、川北茂貴、川隅功、河田一規、川畑崇、工藤智道、小澤太一、小城崇史、小林幹幸、小林義明、斉藤勝則、斉藤巧一郎、斎藤友覧、佐口正章、鹿野貴司、鹿野宏、清水哲朗、諏訪光二、田中希美男、田中達也、玉内公一、土屋勝義、鶴巻育子、戸塚学、冨田きよむ、中井精也、永嶋サトシ、並木隆、那和秀峻、萩原史郎、萩原俊哉、秦達夫、八二一、早川廣行、林雅之、原田寛、広田泉、広田尚敬、福田幸広、藤井智弘、伏見行介、増田雄彦、松本明彦、水本俊也、宮崎麻衣子、宮沢あきら、茂手木秀行、桃井一至、山岸伸、山田久美夫、山田實、湯浅立志、吉住志穂

会場提供: 株式会社 ヨドバシカメラ

プリント・額装協力・協賛:
キヤノン株式会社 / キヤノンマーケティングジャパン株式会社
セイコーエプソン株式会社 / エプソン販売株式会社
富士フイルム株式会社

協賛 : 
オリンパスイメージング 株式会社
カシオ計算機 株式会社
ジェネラル・イメージング・ジャパン株式会社
株式会社 シグマ
ソニー 株式会社
株式会社 タムロン
株式会社 ニコンイメージングジャパン
パナソニック 株式会社
HOYA 株式会社 PENTAXイメージング・システム事業部
株式会社 リコー

額装協力: 株式会社 フレームマン

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -


|

« FinePix F550EXRで「第42回文京つつじまつり」を撮ってみた。実写レビュー・その2 | トップページ | ROCKしすぎだぜ! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13556/51552547

この記事へのトラックバック一覧です: 「東北地方太平洋沖地震 被災者支援チャリティー写真展」には,Bの部屋があった。:

« FinePix F550EXRで「第42回文京つつじまつり」を撮ってみた。実写レビュー・その2 | トップページ | ROCKしすぎだぜ! »